2019年07月22日

ひまわり

裏は..こうなっているのか?
気になったので撮ってみた。

1.JPG

茎と共に大きな花を支えていた。

4.JPG

たくさんのアマチュアカメラマンが楽しんでおられた “ ひまわりの丘公園のひまわり畑

3.JPG

ハイブリッドサンフラワーという品種で..一面に咲き乱れるその数 なんと38万本!!

5.JPG

欲を言えば真っ青な空があればなぁ〜
雨は降らないものの..梅雨空がそれを遮っていた。
ひまわりと言えば青空!! とのイメージが強くあったからだ。

でも 実際撮りだすと曇天の方が花が優しく写る。
ん? そういや そんなことを何かの本で目にしたような..。

2.JPG

チラッと読んだだけなので あまり詳しくは書けないが(笑)

移動しながらベストアングルを探していると、一角..背の高いひまわり畑にでてきた。

東日本大震災で津波の被害にあった石巻..
そのがれきの中から塩害にも負けずに咲いた ひまわりだという。
うん、名前が力強くていい。
― ど根性ひまわり ―
6.JPG

この花の種はこちらだけではなく..
広島、熊本の被災地をはじめ、全国に受け継がれ 人々に勇気を与えているという。
元気で明るいイメージそのままだ。

7.JPG

へ〜..と ほっこりとした気持ちで風に揺られる大輪を眺めた。

もうしばらくの間 楽しませてくれそうなので皆さんもお近くのひまわり畑に出掛けてみられては。
posted by osuechan at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月16日

元祖 鯖寿し

賀茂川に架かる出町橋の西詰に “ 鯖街道口 ” の石碑がある。

001.JPG

ここから小浜まで続く鯖街道。

“ 出町柳 ” は鴨川西側にあった出町と..対岸の東側にあった柳町を合わせて名付けられたもの。
それは ここに駅ができたことで。

14.png

今回はその出町橋の西側にある出町枡形商店街を訪れた。
そこには90年の歴史を持つ老舗 “ 満寿形屋 ” がある。

あの人だかりの場所がそうである。

002A.jpg

お目当ては..そう、暖簾にもある “ 元祖 鯖寿し ”

007.JPG

こちらの名物だ。
それを肴に一杯引っかけてから祇園へ向かおうと立ち寄った。

003.JPG

『 鯖寿司うどんセット 』 というのが一番人気で、京風出汁のうどんと鯖寿司が2貫ついて1,000円。
ほとんどのお客さんはそれが目当てである。

だがワタシは名物の鯖寿司が2切では物足らない。

しかし..壁のお品書きにある1本 3,000円や6,000円を目にして少し弱気になる。

008.JPG

大衆食堂にしては 結構いいお値段なのだ。

でもここまでやって来たのだからと意を決して3,000円の “ 極上 鯖寿司 ” を頼んだ。
『 お姉ちゃん..それと、京漬物に月桂冠を常温で。 』

お皿に5貫乗っかった鯖寿司が ワタシの前にやって来た。
条件反射のごとく1切れを計算してしまう。
そう、1切れ600円だ!!

009.JPG

1切れにつき..100回は噛んで楽しまないと..。

6,000円の方だったら200回は噛まないといけないので5切れだと1,000回。
あごが悲鳴を上げていたかも?
平静を装いながらも..心の中でそう思うと可笑しかった。

でも確かに旨い!!

京漬物も期待を裏切らなかった。
うん、日本酒と京漬物は最強だ。

011.JPG

京漬物 500円
極上 鯖寿司  3000円
月桂冠2合 1400円

祭り料理でもある鯖寿しを楽しみ祇園の街をほろ酔いで歩く。

032.JPG

さらに..
あっちで一杯。
こっちで一杯。

こういう楽しみ方がいいよなぁ..祇園祭。

029.JPG

さぁ..いよいよ夏がくる。
posted by osuechan at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | お店

2019年07月11日

横文字が苦手..

『 オレはここでもいいでぇ。 』
『 こら..女の子がオレって言わないの!! 』

001.JPG

お店を覗くと空いてる席も見えるが..予約で一杯とのこと。

2.JPG

テラス席でいいなら..と座ってみるが、難波駅への通り道となっているのか 仕事帰りの人たちに ちらりちらりと目を向けられる。

3.JPG

でも平日の夜にテラスで乾杯もいいもんだ。

謎の美女とやって来たのは “ BISTRO OLIVE
さらりと書いてはみたが..ビストロの意味も分かっていない。
調べれば..フランス語で「小さな料理店」という意味のようだが 出てきたのはイタリアのビールだった。
どないやねん?

006.JPG

となると..ビストロとはフレンチでもイタリアンでも使えるの?

008.JPG

久しぶりに登場する謎の美女。
最近..彼女のことをあまりブログに書いてはいけない。

仕事上いろいろと制約等もあったりで..いつもアップしたあと 叱られているのだ(汗)

010.JPG

今回は大丈夫なのだろうか?..と今も言葉を選びながら打ち込んでいる。

さてさて..何のお店か知らぬまま飛び込んだお店ではあるが なかなかどーして 雰囲気もあっていい感じ。

011.JPG

徐々に周りが暗くなっていくにつれ 照明がその存在を増す。
酔いも手伝ってか..もう周りの目は気にならなくなっていた。

015.JPG

どうやらこのお店は何店舗かある姉妹店の1つのようで..ブログを書くに際して調べてみた。
するとこんなサイトにたどり着く➠BISTRO OLIVE

この地域でイタリアンの4店舗を展開されている。
順番に巡ってみるのもいいなぁ。
ワタシの苦手なジャンルだし..新鮮でいいかも。

でもその前に少しぐらいは理解しておかないとなぁ。
パスタを楽しむにしても..

021.JPG

どんなのがアラビアータで..
カチョエペペが何で ボロネーゼ?..ペスカトーレ?..ジェノベーゼ?
散々教えてもらったはずなのだが どこにいってしまったんだろ?

結局 なんとなくわかるオイルソースを頼むのだが..

020.JPG

いつかはかっこよく注文したいもんである。

026.JPG

これを読んで頷いている人がいると嬉しいんだけどなぁ..。
きっとワタシのような人もいますように(笑)

『 なぁなぁ〜..オレもわからんでぇ♡ 』
いいの君は出て来なくても!!
posted by osuechan at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | お店

2019年07月08日

まだハマってます..

少し遅刻か。
『 おお..ゲートが見えてきた!! 』

1A.JPG

料金所では..
『 もう だいぶ行かれましたよ。 』 とお声掛けくださる。

1B.JPG

夜中からの残務に手こずり、慌てて出発するも少し道を間違えたりと どうにかこうにかここまで辿り着く。

所々で野生化した鹿と遭遇するわで無茶な運転もできずだが..
それにしてもなんちゅうカーブの連続だ?
しかも先ほどまでの雨で路面はウェット。

これが生まれて初めて走ることとなる “ 奈良奥山ドライブウェイ

恒例のSMM(サンデーモーニングミーツ)..変わったおじさん達による日曜の朝のミーティング。
いや..最近は女性の方も増えてきたかな。

1C.JPG

雨は上がったものの..雲が湧いたと思えば少し太陽が顔を出したりと不安定気味な空。

1D.JPG

それでも朝8時にはここ..奈良奥山ドライブウェイ 若草山頂駐車場に数十台のアルファロメオ、アバルトのオーナーが集まる。

002.JPG

情報交換の場でもあるのだが..
今回は面白いハンドルを教えていただいた。

ワタシのスポーツシートもそうだが..このオーナーさんはシートを変えられていて乗り降りがしにくい。
そこで膝がハンドルに当たらず乗り降りしやすくするパーツ。

02A.JPG

ハンドルの下の部分にあるボタンを押すと このように水平になる。
もちろん車検もOKだという。
へ〜 なかなかユニークなパーツだな。

感心しながら歩くワタシの足を止めたのは “ ABARTH 124 spider ”

02B.JPG

日本仕様では右ハンドル設定だが、左ハンドルでハードトップがあればワタシも迷ったはず。

02C.JPG

う〜ん.. 自転車が積めないから やっぱり おにぎり号になってたかな?
でも好きな車だけに精悍なフェイスに惹かれてしまう。
ピカチュウとは大違いで魅力的だ(笑)

皆さんとお話するに、それぞれカーライフがあって..目的に合った車を選び楽しんでいる。
車と一心同体だとか..会話をしながらといった言葉も似合うかな。
どのオーナーさんの顔を見てもそれを感じる。

ワタシもスタイルより何も..面白半分で試乗した瞬間にスイッチが入ってしまった。
こんな面白い車があったのかと。

004.JPG

もし購入のお考えや..気になる方が読んでおられたのならお伝えします。

くれぐれも中途半端な気持ちでは試乗なさらぬように。
ここに集まる皆さんが口をそろえておっしゃいます。

unnamed.jpg

サソリの毒が回ったと。

以上..不便で乗りにくい車なのに いまだに熱の下がらない重症オーナーより..。
posted by osuechan at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年07月05日

ダブル効果

そうか..この発想はなかったな。
簡単なことなのに なぜ気付かなかったのか?
仕事では いつもメガネを掛けている。
強度な近視であり..バリバリの老眼だ。

帳面仕事や図面を見る時は眼鏡を鼻先へずらし 対応している。

1.jpg

同年代のメガネの方には理解していただけると思うが。

実は遠近両用のメガネも持ってはいる。
が..実際には あまり役に立っていない。
結局ずらさないと見えないのである。

街へ出たり..飲みに行く時だけはコンタクトレンズを着用。
それも遠近両用タイプのもの。

2.jpg

メガネはその時の服装によって合わないこともあり、気分まで少し沈んでしまう。

ただ..その遠近両用タイプのコンタクトも実際には役に立っていない。
手元がほとんど見えないのである。

仕事じゃないから困ることも少ないが..実は1つだけ困ることがある。
それは お店のメニューが読めないこと。

28_IMG_3574.jpg

誰かと一緒なら何の不便もないが..これが1人だとメニューに穴が空くほど鋭い視線を飛ばしている。
『 お客さん..怒ってはるん? 』

先日も..1人 酒房で苦しんでいた。
遠近両用タイプのコンタクトレンズなのだから 何とか角度を変えて..と苦しんでいると、女将さんがそっと百均の老眼鏡を差し出してくれた。

強度の近視+老眼=遠近両用タイプのコンタクトレンズ
これで十分だと思っていた。

product-banner_pcmf_0 (2).jpg

また..これ以上のことを考えたことがなかった。

しかし差し出された老眼鏡をコンタクトの上から掛けてみると..おいおいバッチリと見えるではないか!!

何でもっと早くに気付かなかったんだろ。

いいことを教えていただいた。
『 おおきに ごっそさん!! 』
その足で百均へ出向いた。

016.JPG

これだ!!

017.JPG

ふふふ..
もう1人飲みでも怖くないぜ。
posted by osuechan at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月01日

あたらんやろか?

雨の休日が一番困る..どこへも行けなくて。
でも実は困っているようで嬉しくもある。

それはミナミの地下から繋がる傘要らずのお店等々で昼間っから飲み歩けるから。
こんな時は何軒かのお店を..ちょこっとずつ食べては移動を繰り返す。

そんな中で、ちょこっと食べて美味しい牡蠣屋さんをご紹介。

1.JPG

ご紹介と言っても あちこちにあるので皆さんご存じだろうが。

生牡蠣を食べる時..美味しいのは分かっているが誰もが一瞬頭をよぎる。
『 あたらんやろか? 』 と。
確立は低いが..ロシアンルーレット的な感じさえする(笑)

何年か前にもUPしたが..
全国から仕入れた生牡蠣を清浄な海洋深層水で60時間以上浄化させる。
そう、あたらない牡蠣..ウィルスフリーの牡蠣を食べれるお店だ。

2.JPG

今回お邪魔したのは なんばパークスにある “ ガンボ&オイスターバー
言ってるように..ここではがっつりとは食べない。

生牡蠣と

5.JPG

焼き牡蠣を

8.JPG

ワインで楽しみ

7.JPG

ささっと移動。

だって おでんや串焼きも食べたいもの(笑)
でも生牡蠣に関しては安心のこちらで。

何度かいただくも..『 あたらんやろか? 』 をここでは考えない。

6.JPG

安心していただいている。

色々とアレンジされた焼き牡蠣も美味しいし この価格だし..ちょい飲みにはちょうどいい。

9.JPG

カウンターでちょこっと牡蠣とワイン。
ああ..次の雨の休日が待ち遠しい。
posted by osuechan at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お店

2019年06月27日

貯蓄?

切るだけ料理人として その名を轟かせる?..ワタシ。
あっ..混ぜるだけ、漬けるだけっていうのも得意かな。

このシーズンといえば梅酒。
これも漬けるだけなので、ここ数年は毎年欠かさず作っている。

色々と情報を得て、試行錯誤の末に辿り着いたのが この完熟南高梅

6.JPG

度数の高い泡盛..それも3年以上貯蔵した古酒で漬けた梅酒である。
今年選んだものは この3本で

007.JPG

それぞれ和歌山と沖縄から取り寄せた。

青梅とホワイトリカーでも十分美味しいのだが、この完熟南高梅と泡盛古酒の梅酒を味わってしまうと..もう後戻りはできない(笑)

毎年数本仕込んでは さらに数年寝かす。
そうすることで角が取れ..ふくよかで まろやかな梅酒に仕上がるのだ。

その完熟南高梅だが..届いたその日から部屋の空気を変えてしまった。

025.JPG

フルーティーな香りを放ち この日を待っていた梅達。

水洗いをして へそを取り除く。

026.JPG

漬け方は色んなサイトに載っているので説明はしないが

027.JPG

でも我流の漬け方があるので..以前にUPしたものを ここに貼り付けておこう。
梅雨の風物詩
そして ここから毎年進化していく。

変わらないのは氷砂糖の量ぐらいか。

028.JPG

甘くべっとりとした梅酒が嫌いなワタシとしては、完熟南高梅1kg / 泡盛古酒 1.8リットルに対して氷砂糖 250g〜280gがベスト。

029.JPG

※氷砂糖が少なすぎると浸透圧のバランスが崩れて 梅のエキスが十分抽出されないのでご注意を。

令和元年バージョンに選ばれた泡盛古酒を

030.JPG

梅と氷砂糖の入った容器に どぼどぼっと注ぐだけ。

032.JPG

ホントにかんちん。
これで1年〜1年半後.. 梅を抜いて楽しむも良し、さらに寝かすも良し。

ワタシは毎年色んな泡盛でこさえるので 何で漬けたものなのか一目でわかるようタグ付けをする。

37.JPG

こうして老後の楽しみを今のうちから貯蓄しているのである。

貯蓄?..この言葉しか浮かばなかったが この文章に使うのはおかしい?
伝わればいいよね(笑)
posted by osuechan at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2019年06月24日

いいとこあるじゃない

先週末のバケツをひっくり返したような夕立。

1.png

20代後半の2トントラック乗務員が びしょ濡れで帰ってきた。

『 なんや〜、雨の中..仕事頑張ってきましたってアピールかぁ? 』 と他の乗務員達の笑い声。
ワタシの耳にも そのやり取りは聞こえていた。


翌日..1人のご老人が杖をついて弊社にやって来られた。

002.JPG

防犯カメラのモニターを撮影したために写真が荒くなってしまっているが..
そのモニターを通してワタシは事務所で見ていた。

応じたのは統括部長で..お礼を言っているのか ご老人はお辞儀をされているように見えた。
そのあと何かのやり取りなのか?..部長が拒んでいる姿も窺えた。

数分後..ご老人は杖をつき弊社を後にされた。

003.JPG

部長に話を聞けば こうである。

週末のどしゃ降りの中..
ご老人が乗っておられた電動車イスのバッテリーが切れ、傘も差さずに道端に止まっておられたところ..その20代後半の乗務員がトラックで通りかかった。

通り過ぎようとしたところ..
さすがにこの雨では..と放っておけず声を掛け、ご老人をトラックの助手席に乗せ電動車イスを荷台に積みこんだ。
ご老人と電動車イスを無事にご自宅までお送りして..帰社したのだという。

それが冒頭のくだりである “ 20代後半の2トントラック乗務員が びしょ濡れで帰ってきた ” である。

002.JPG

おみ足が少しご不自由なのであろう ご老人はわざわざご丁寧にお礼を申されに来たのだった。
その上 お気遣いまでも。

当日、彼はお休みだったので..
今朝 そのことを伝えた。

いつも 『 しっかりしろ!! 』 とワタシに激を飛ばされる彼。

いいとこあるじゃない。
posted by osuechan at 12:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事

2019年06月19日

ひっそりと佇む名店

なぜ彼女はワタシの襟を掴んでいたのか?

1 - コピー.JPG

いいムードで襟を整えてくれていたところにカメラを向けられたのか?

それとも胸ぐらを掴んでパンチをお見舞いされるところでカメラを向けられ瞬時にポーズをとったものなのか?

酔っていて覚えていませんが..(いつも通り)

ワタシの好きなお店 “ 久詩 ”

2.JPG

こう書いて 『 ながうた 』 と読む。

河内山本駅近くの割烹..小料理屋?

005.JPG

何度かいただくワタシからすれば割烹が正しいかと。
食材による季節感と..お料理や盛り付けを見るに。

008.JPG


彼女はこちらの女将さんで..人呼んで “ まーたん ”

その彼女に注がれ日本酒を楽しんでいると..
何か奥歯に物が挟まったような物言いでワタシを見る。

まさか告白されるのかも?

006.JPG

・・と思っていたら、2週間ほど前の ワタシがUPしたfacebook投稿に対して..

『 コメントをしたのに私だけ返信をもらっていない..。』 と。
『 私が何かいけないコメントをしたの? 』 とも。

ほんま..すんません(汗)
完全に見落としておりました。
滅多にないことなのですが..っていうか初めてかも!?

009.JPG

やはり冒頭の絵はパンチをされる前にカメラを向けられたものだったのか。

そんなワタシと彼女の会話を聞きながらマスターは笑っていた。

010.JPG

今回..ワタシの不手際を帳消しにするために この久詩を紹介する訳ではない。
次 お店に伺った時に UPしようと思っていたところ..たまたま事件が重なっただけである。

016.JPG

そんな訳で いつも美味しいお料理とお酒を提供してくださるマスターを紹介しておこう。

日本料理で名を馳せる花外楼や 歴史ある八尾の料亭 山徳を経て..今こうして久詩にてワタシを楽しませてくれる。
(..まーたんには怒られてるけど:汗)

『 マスター..顔も写そうか? 』

013.JPG

それはお店へ来ていただいてのお楽しみ..とのご返答。

美しい盛り付けで繊細な味わい。
このお味をもって納得のお値段。

締めの茶そばにデザートと続くが..

017.JPG

そうそう言い忘れていた。

メニューはござらぬ。
季節に応じた食材を マスターの光る腕を通し..五感で楽しむ。
まぁ座ってお酒を楽しんでいたら タイミングを見計らってお出しくださいますので。

そんな心地良いお店だ “ 久詩(ながうた)
どうぞ皆さまご贔屓に〜
posted by osuechan at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2019年06月14日

フィッシュテラス はし長

お腹が鳴り出したので..馬を救った救馬渓観音を後にする。

お昼前..なかなかこれといった食事処がなく、R42は御坊市を北上していた。

前を走る2台のバイクが道の駅みたいなのに吸い込まれていったので..ワタシも吸い込まれてみた。

001.JPG

『 はしなが? 』

国道に面した側には喫茶店のような造りで..食事ができるところもある。

002.JPG

その喫茶店からは海が眺められるぞ。
うん..いいかも。

003.JPG

どうやら地元の新鮮野菜や海産物などの販売所みたいだ。
読み方も 『 はしなが 』 ではなく 『 はしちょう 』 だった。

見ていると..この地元産の1,000円のミニトマトを皆さん買っていかれる。

004.JPG

確かにお土産でせんべいを買っていくより喜ばれるんじゃない?
普通のサイズのトマト1箱も同金額だし..なかなか嬉しい。
ん? この季節にスイカも出てるのか..これもいいなぁ。

004A.JPG

お店の中に足を踏み入れると干物が並んでいた。

004B.JPG

しかも安い!!

その奥には生簀があり..

005.JPG

そこは魚介類の宝庫だった。

生簀の横では3人ほどの板さんが忙しそうに注文を捌いている。
中にはクーラーBOX持参でお造りを大量買いするお客さんもいた。
これで宴会するのもありかも。

このあと どんどん車が入って来るのを見て..先を越されてはならぬと その喫茶店に入った。

外から見て感じた通り..眺めは最高でる。

009.JPG

メニューを見ると “ いさき姿盛定食 ” や “ あじ刺身定食 ” が1,000円。
先ほどのトマトといい..1,000円が好きなのはわかった(笑)

アワビとサザエのお造りとまぐろのついた一番欲張りな “ おすすめ定食 ” が2,000円か..
よしこれに決めた!!

お姉さんに注文をすると こちらのマイクで板さんに連絡するのだ。

006A.jpg

この厨房の裏が先ほどの生簀になっており、無線で注文を聞いた板さんが活きのいい魚をすくって捌き..運んできてくれるのだ。
どうやら 生簀にいる魚は何だってお料理してくれるようだ。

おっ..きたきた!!

011.JPG

創業以来 150年の歴史を持つ海産物卸商 “ はし長

電子雑誌「 旅色 TABIIRO 」にも紹介されている。

魚の味はワタシが保証する(笑)
サイクリングやドライブでお近くを通られたら 確認を兼ねてお訪ねになられてみては..。
posted by osuechan at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒