2019年12月09日

むかしづくり 味噌・しょうゆ

どなたかが 小声で言った。
『 莫山先生? 』

0.JPG

まさかぁ〜 もうお亡くなりになったはず..と心の中で思うも 書家といえばワタシも その方しか頭に浮かばなかった。

右下に小さく “ もーちゃん ” と書いてある。
誰?

ブログを書くに当たって ちょろっと調べたら 海外出展もされるほどの有名な書家さんだった。
1つ勉強になりました ➠ 書家もーちゃん

35.jpg

今.. “ 談山神社 ” の拝殿内にて展示されている。

醤油を求めに奈良県吉野郡吉野町へ向かう道中であった。
もう見納めかと思いながら その紅葉の名所へ しばし寄り道。

0A.JPG

さすがに人もまばら。

権殿の屋根に積もる落ち葉に哀愁を感じながら 本殿、拝殿にてお詣りを済ませ車に乗り込む。

ここから さらに南へ下ると目的地の吉野町に入る。
その吉野町の宮滝という地に ワタシの好きな醤油蔵 “ 梅谷醸造元 ” がある。

1.JPG

その歴史は100年余りと聞く。

2.JPG

以前..この吉野で こだわり卵を販売する野澤養鶏の奥さまに こちらの醤油を教えていただいた。

3.JPG

その 飲みたくなるほど旨い醤油がこれ。

6.JPG

この濃厚だししょうゆ “ 露とくとく ” を ご飯の上の半熟卵に掛けて いただくことが病みつきとなった。

そんな思いを こちらのご主人に伝えると このぽん酢も味見をしてほしいと小皿に入れてくださった。

7A.jpg

驚くことに..こちらも中毒性のある危険なタイプだった。
頭の中では 早くも鍋の具材が浮かんでは消え..といった幻覚症状が現れた。

聞けば何度も番組にも取り上げられ..ハリウッド女優も魅せられた ぽん酢しょうゆだと言う。
にっぽんマルシェ通信

さらに こちらは醤油だけでない。
お味噌も昔ながらの製法で造っておられる。

これだけの醤油を味わうと お味噌も気になるではないか!!

すると察してか 今度は 米糀をふんだんに使った糀味噌についてお話くださった。

8.JPG

米糀が多く使われるほど 味噌は甘口になるという。
お米のデンプン質が分解されて ブドウ糖ができることによってだが..味見もしていないのに もう味噌汁を食べる幻覚を見る始末だ。

優しく柔らかな言葉で ご説明くださるご主人に伝統製法を受け継ぐ心根を見た。

4.JPG

もう買わずにはいられない。

もちろんネットでも買えるのだが..
宮滝の風土を感じ 生産者の声を聞きながら味見をして買うのとでは思いに差が出る。

034.JPG

寄り道で もーちゃんを知ることができたし
当分の間.. 宮滝の風景を思い出しながら楽しむことにする。
posted by osuechan at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2019年12月05日

実はこの手口に弱い..

昨年..無断で うちの社名を印刷したボールペンを送りつけてきた “ ナショナルペン

17883599_758538950976271_876490765054762868_n.jpg

この送りつけ商法に まんまと乗せられてしまったのだが..一度買うと面白いことになる。
色んなノベルティグッズをバンバン送りつけてくるのだ。

002.JPG

ボールペンやペン付きノート..

003.JPG

005.JPG

ちょっぴり便利な タブレット用のタッチペンを合体させたボールペン

009.JPG

さらに来年のカレンダーまで社名を印刷して送ってきた。

001.JPG

そうそう..電卓までも。

011.JPG

昨年、別々に買ったボールペンとライトなんて 新たに専用小箱が作られ セットでどうだ?..と送ってくる。

008.JPG

この必要以上の一方的な攻撃だが 実のところ嫌な気はしない(笑)
なんせ弊社の名前が入ってるので嬉しく思えてしまうのだ。

ハッ!?

そうか..それが手口か(笑)

でも実際に買うまでには至らぬが 便利なグッズもある。
ペン先が LED ライトになった これなんて

007.JPG

機械類の狭い箇所をピンポイントで照らしてくれ 結構 重宝している。

ライト類と言えば もう1つ。
このポケットサイズの LED ライトバーは 車に積んでおくと便利で

004.JPG

先日の おにぎり号 2シーター化の時にも 暗い所を照らしてくれ 大変役に立ったのだ。
しかも50個注文すれば1つ299円で買うことができ..さらに10個無料でプレゼントしてくれる。

へ〜..詳しく知ってるじゃない?

そ、そう..買ってしまったの(笑)

お年賀の品となればと..これとペン付きノートも大量に。

013.JPG

どうも この手口に弱い..また引っ掛かっちゃった..。

お年賀といえば それまでは ご近所のお店で卓上カレンダーを頼んでたんだけど..
店長..そんな事情で今年もすんません。
posted by osuechan at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月02日

ワタシのゴールは 酒処 蔵

ご自身の口で はっきりと仰っておられました。
 
『 愛人を連れてきました。』 と。

005.JPG

この男性ランナーの奥さまがブログを見られないことを切に願っております..。


竹藪を切り裂く獣道のような難所を抜け..

008.JPG

名阪国道をくぐると目に飛び込んでくる..この季節ならではのコントラスト。

017.JPG

楽しみにしていた恒例のマラニック

今回は天理駅を出発し、春鹿の酒蔵 “ 今西清兵衛商店 ” をゴールと定めた 約20km の山の辺の道(北)コース

好天に恵まれ、絶好のマラソン日和。
落ち葉の絨毯(じゅうたん)が 我らマラニック部を優しく迎えてくれた。

027.JPG

パワースポットが点在し、各自 思い思いの願いを胸に 手を合わせる。

031.JPG

冒頭の彼は どのような思いを胸に..手を合わせたのか?
気になるところだが そっとしておこう..。

こうして歴史に触れながら 所どころで季節の恵みに目を細め
034.JPG


037.JPG

笑顔で走り切った日本最古といわれる歴史ロマンの道。

049.JPG

皆さん お疲れさまでした。
次回もいい汗をかきましょうね。

ワタシのマラニックはと言うと..ゴール後もまだまだ続く。
何が楽しみって そう!! 走ったあとのお酒。

今回はのらりくらりと..3軒目にお邪魔した おでんが有名な こちらのお店をご紹介。

― 酒処 蔵
068.JPG

ならまちに溶け込んだ風情ある酒処で 外国人の姿もちらほら。

071.JPG

正解だな。
日本に来たならこういうお店を味わっていただきたいものである。

069.JPG

ワタシの前の席には カリフォルニアから観光で来られたと言う カップルがよそよそしくビールを頼んでいた。
お節介が大好きなワタシは日本酒をプレゼントした。

073.JPG

笑顔の交流..いい思い出を持って帰ってね。

おでんと日本酒..我が国の食文化に触れて2人は何を語ってるのかなぁ..。

075.JPG

ああ〜それにしても いいお店だった。

そうそう..御曹司、是非お忍びでお使いくださいね〜(笑)
posted by osuechan at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2019年11月26日

ABARTH 595 Biposto 誕生

忙しくって なかなか進まなかった アバルト595の “ 2シーター計画 ” だが..
何とか合間を見つけて完成した。

015.JPG

このブログも Facebook も 制限をかけずに公開しているので たまに全国のアバルトオーナーさんから連絡をいただくこともある。
もし2シーター計画に興味のあるオーナーさんがいらっしゃったのなら..ご参考までに。
今回はそんな思いで作業工程を簡単にUPさせていただきます。

パーツの調達はイギリスにある “ MS-RACING ”
ここに【 Rear Seat Delete Full Conversion Kit 】というキットがある。
商品内容は マットとバー2本とネットのセット。

後部座席を取り外し、マットを敷くだけでも良いのだが

016.JPG

リアシャーシバーとネットを取り付けることで よりレーシーに..
またブレーキング時には そのネットがトランクの荷物を前に落とさずにガード。
さらにシャーシバーは側面衝突に備え 補強の意味もあり必要だと考える。

ただ それらを取り付けるには少々面倒で..両側面にある 後部座席を固定させる この金具を付け替えないといけない。

052.JPG

それには ピラーカバーとリアサイドパネルの一部を外さないとダメで..まずは ピラーカバーから。
ネジは2ヶ所のみで あとはクリップで固定されており..割れない程度に力を加えてバリバリバリと引き外す。

067.JPG

リアサイドパネルは取り外さなくても 六角レンチが入る程度 手前に引けば良い。
そうして隙間に手を入れてレンチを回すのだが..

069.JPG

これが 五十肩なのでスムーズにはいかない..(苦笑)
痛みの出ない角度に体勢をもっていき..簡単な作業なのに苦しみながら交換するのだ(汗)

070.JPG

金具を取り替えたら リアサイドパネルとピラーカバーを元に戻してと..

071.JPG

これで下準備は完了。
あとはバーを2本とネットを取り付けるだけ。
シャーシバーと足元のバーにネットを通し

073.JPG

074.JPG

シャーシバーを先ほど取り替えた金具に取り付ける。

075.JPG

足元のバーは後部座席を固定していたボルト穴(2ヶ所)を使って取り付ける。

076.JPG

これで全て完了。
ABARTH 595 Biposto(ビポスト) の出来上がり。

098.JPG

シートの間から覗くシャーシバーとネットがスポーティーさを演出する。
実際 座席を取り払ったことで 25kg近く軽量化された。
走りや燃費にも若干ではあるが影響を与えることだろう。

099.JPG

このアバルトには 走ることに特化し、徹底的に軽量化を図った “ 695 Biposto ” という 史上最速モデルがある。
Biposto とはイタリア語で 『 2座席 』 の意味で そのままネーミングされている。
その標準装備の写真がこれ。

― ABARTH 695 Biposto ―
104.jpg

どうでしょ..それに 少しは近づいたかな?
― おにぎり号 Biposto ―
103.JPG
posted by osuechan at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月21日

祝 甲子園

10月14日 寺崎のサヨナラ打で秋季高知大会3位決定戦を勝利した明徳義塾。

― Photo by : tsubasa 様 ―
1.jpg

がんばれ〜 同じ名字のキミ!!..などと言って応援をしておりましたが

2.JPG

実は兄貴の次男坊でありまして

― Photo by : tsubasa 様 ―
3.jpg

甲子園を目指し、秋季四国地区大会に挑んでおりました。
そして..順当に駒を進め 11月3日 尽誠学園(香川)との決勝戦。

― Photo by : tsubasa 様 ―
4.jpg

見事 8対1 で勝利!!

高知3位から四国制覇という下克上を果たしてくれました!!
おめでとう〜明徳義塾。

10.jpg

小さい頃から友人達より頭ひとつ飛び出して背が高く、何より野球が大好きだった彼。
甲子園を目指し、明徳へ行くと自分で決断し..親元を離れ 真っ黒になって頑張っていた。

そうして夢を掴んだ 秋季四国地区大会 “ 優勝 ”

― Photo by : tsubasa 様 ―
5.jpg

来年、春の選抜で憧れの聖地 “ 甲子園 ” の土を踏むことが決まりました。

8.jpg

おめでとう 元輝!!

でも全国レベルを侮るなかれ。
先日の明治神宮野球大会では課題も見つかったよな。

6.jpg

それには この冬にどれだけ鍛え上げるかが勝負。
怪我をしないよう..オーバーワークにならぬよう、そして春にパワーアップした姿を見せておくれ。
皆で応援してるよ〜!!

9.jpg
posted by osuechan at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月18日

生産者来日ワイン会

『 北イタリアの希少なワインとワタクシのフルコースを合わせ.. 』
とのお誘い文句におケツが浮いてしまった(笑)

久しぶりに この方のフルコース。

A.JPG

お料理と心遣いは やはり抜群..間違いない。

ひっくり返りそうになるぐらい嬉しかったのは 『 デザートです。』 と彼が自ら運んでくださったこれ。

B.JPG

皆さんの前には甘そうなデザートが置かれていく中..甘いものが超苦手なワタシの前には 心憎い彼の演出が置かれた。
『 Good Job ロベルト!! 』

お誘いを受けたのは肥後橋にある“ ピッツェリア・ラ ポルタ

C.JPG

今回は 陰干しをした葡萄を使う 独特かつ伝統あるワイン造りの真髄を Corte Rugolin社(コルテ・ルゴリン)のELENAさんがイタリア語で熱く語ってくださった。

D.JPG

ワタシは彼女の目を見て何度も何度も頷いたが..当然 皆さんのご想像通りでござる(笑)

説明書きに目を落とし、通訳の方の話を交えながら味わうそれらは 全て素晴らしく大変勉強にもなった。

E.JPG

陰干しをしていない葡萄で造ったベースワインを手元に置きながら 同じ品種で陰干し等の条件を変えたワインが次々と出てきて比較するのだが 熟成の楽しさが口の中に広がった。

しかもお料理は久しぶりのロベルトスペシャル。

F.JPG

ワインに合わせて出てくる料理と 彼の心憎い演出が 厨房とテーブルと離れてはいても 会話をしているかのように繋がった。

G.JPG

『 Good Job だ!! 』

メインメニューをそのまま写すが..
“ 和牛ネック肉の赤ワイン煮込みパートフリック包み焼き ”

H.JPG

口の中で崩れるお肉に 絶妙なソース..これには唸った。

I.JPG

陰干しワインもさることながら これだけでもワタシにとっては 十分価値のあるものだった。

さすがだなぁ。
きっと皆さんもそう感じたはず。

J.JPG

今回は嬉し楽しいお誘いをありがとうございました。
ロベルト並びにスタッフの皆さまに感謝申し上げます。
posted by osuechan at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2019年11月13日

湖の初尽くし

魚卵をからめて出された新鮮なそれは 初めて口にする鮒(フナ)の洗い。(上)
臭みもなくコリコリとした食感にびっくり。

001.JPG

こちらも いくら噛めどもコリッとした食感が残る 身の締まった鯉の洗い。(下)
どちらも本当に湖魚なのか?..と驚きから始まった。

― 笑四季 モンスーン 山田錦 貴醸酒 生原酒 ―
004.JPG

滋賀の郷土料理と日本酒。
創業約130年を誇る 長浜の住茂登さん。

003.JPG

鮒寿司に興味があり..木桶仕込みで臭みのない自家製鮒寿司が売りの こちらに辿り着く。

サラダのドレッシングも初めて口にする芳醇な味わいで

028.JPG

聞けば..鮒寿司の飯(いい)を使った 乳酸菌たっぷりの自家製ドレッシングだそう。
そうか..このような使い方もあるとは..いやいや 奥が深い。

出していただいた順番は異なるが、これを書いたなら自家製鮒寿司を紹介しておこう。

右がその鮒寿司
左が頭の部分を砕いた炙り鮒寿司
手前中央が自家製へしこ

038.JPG

このへしこは特定のお客様だけにとおっしゃっておられ メニューにも載っていないのだが..今回 特別にお出しいただいた。(書いてもよっかたのかな?)
口に入れると燻製のような風味が鼻を抜ける。

特別にと言えば もうひと品 鯉の白子だ。

039.JPG

こちらも当然ながら人生初で、ほ〜..意外にもあっさり味。

このような調子でカウンターに座るワタシは 忙しいご主人に話し掛け..邪魔ばかりしていたような。
この場を借りて 謝っておかなければ(笑)

湖北の恵みを塩焼き、佃煮でも楽しむ。
上が小鮎で..下がホンモロコ。

036.JPG

左の一番大きいのがワカサギ塩焼きで 右上が小鮎佃煮..そして右下がこちらも初体験であるスゴモロコ(佃煮)。

040.JPG

湖魚以外に こちらも初めて見る しば漬ひょうたん。
こんなの食べれるの〜?

041.JPG

..とまぁ 初尽くしのオンパレードと ご主人の丁寧な説明に頷き 手元のおちょこは大回転の大忙しである(笑)

住茂登さんのもう一つの売りは この天然の真鴨。

029.JPG

焼いても良し

030.JPG

鍋でいただくも抜群。

032.JPG

天然の真鴨は草しか食べないらしく..そのためか煮ても灰汁がほとんど出ない。
さっぱり味でありながら しっかりとした歯ごたえ。
最後はこの鴨出汁にうどんを入れて 生卵でずるずるずると飲み込む。

ん〜 大大大満足。

こちらのご主人の人柄と お料理の腕にほれ込んだ長浜の夜。

048.JPG

いつまでも大事に守っていただきたい 湖北の伝統的食文化。

047.JPG

こないだお邪魔をしたのに もう恋しい。
炙り鮒寿司と山廃の熱燗を思うと..ああ喉が鳴る。
posted by osuechan at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2019年11月07日

デゴイチ

『 おおーッ..デゴイチかぁ。 』

005.JPG

子供の頃..プラモデルでよく作ったなぁ..機関車シリーズも。

でも目の前を通り過ぎる実物のそれは..音と石炭の臭い、それに汽笛が胸に響く。

が..感動したのは ホームに入ってくる この一瞬だけだった。
旅客車をけん引する蒸気機関車は 当然ながら先頭車両で..ワタシの指定席はというと

011.JPG

『 げげ..一番後ろかぁ。』

それでも窓から入る臭いやスムーズでないノッキングをしたような走りが 機関車に引っ張られているんだと実感する。

012.JPG

また車窓からの田園風景も ノスタルジックな気分をさらに助長してくれる。

014.JPG

たまに煙で視界が悪くなるが これもまた風情があっていいもんだ。
臭いけど..(笑)

こうして湖北路の22.4kmを走るSL北びわこ号..

停車駅は..米原➠長浜 ➠虎姫➠河毛➠高月➠木ノ本

018.JPG

この乗車時間 43分の間に感じたこと それは..
蒸気機関車は 乗るものではなく見て楽しむものだな(笑)

カメラを構える沿道のギャラリーの皆さんが正解だったのかも(笑)

022.JPG

木ノ本駅に到着するも..最後尾の車両からは距離があり過ぎて 辿り着けども この人だかりでは撮影もままならない。

033.JPG

間近で写真を撮りたいが ふじこめうどんさんが おっしゃるように 米原行きの電車が来るまで遠巻きに眺めることにした。

来た来た(嬉)
ほんとに書いてある通りで 約半数の人が その電車に乗りホームから消え去った。

034.JPG

こうしてデゴイチと会話をするようにカメラに収める。

037.JPG

なぁデゴイチ..
こんな時代になるとは思わんかっただろ?

047.JPG

新幹線は300kmを越える時代に入り、車はもう自動運転だぜ。

そんな現在も やがて過去のものとなるが..

057.JPG

時代の流れを改めて感じさせられる SL 体験だった。
posted by osuechan at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月05日

高ぶる気持ち

JR西日本・北陸本線(滋賀県)
米原駅〜木ノ本駅

関西で SL に乗れるのは唯一ここだけ。

― 長浜・米原を楽しむ 観光情報サイトからお借りしました ―
001.jpg

以前から一度は乗ってみたいと思っていたのだが 運行数が僅かなため 予約が非常に困難だと聞く。

運行の1ヶ月前の午前10時に発売されるのだが、毎年 発売と同時に完売するという大人気の機関車 “ SL北びわこ号

なのだが..

なんと!?

幸運にも その切符を手に入れたのだ。

003.JPG

今回お世話になった こちらのサイト➠ふじこめうどん

お陰で何もかもがスムーズに運び 流れの良い旅を味わうことができました。
この場を借りて お礼を申し上げます..ありがとうございました。

情報によると 木ノ本に到着後..

027.JPG

帰りの新快速(米原方面行)がやって来るそうなのだが それに乗ってはならない..とある。

半数の方が この新快速で米原に戻られるそうで..皆さんが帰られたあとに ゆったりとSL北びわこ号を堪能すべきだと教えてくださった。
到着後は小一時間ほど停車しているらしく、この教えに従って ワタシはこう考えた。
米原からの往路はSL 帰路はサイクリングの旅にしようと。

そこで 先に終点の木ノ本駅へ おにぎり号で向かい..相棒2号(フォールディングバイク)を置くことにした。

065.JPG

ありがたいことに 木ノ本駅では スカスカ状態の無料駐輪場が待ち構えていた。

067.JPG

たぶんこの SL とサイクリングを組み合わせた人は他にいないんじゃない?

01.JPG

我ながら妙案妙案と感心している横では SL 北びわこ号の のぼりが風に揺られている。

066.JPG

急がないと もう言ってる間に発車時刻だな。

米原駅へ戻り おにぎり号を駐車場へ預け ホームにて その時を待つ。

002.JPG

遠くの方で汽笛を鳴らしながら こちらへ向かってくる。
その雄姿を見ようと乗客達は皆 一方向に顔を揃える。

小さな男の子が叫んだ 『 来たーッ!! 』
posted by osuechan at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月31日

タイムスリップ

左に写る 山菜おこわと街道そばが有名な 『 會津屋 』 さんも気になったのだが..

009.JPG

今回は近くの亀八食堂の みそ焼きうどんに軍配が上がったのだった。

関のお地蔵さんこと

010.JPG

関地蔵院の真ん前に その會津屋さんがある。

ここは東海道五十三次 47番目の宿場町 “ 関宿

001.JPG

前々からこの歴史ある町並みを歩きたかった。

011.JPG

どう?
いい感じじゃない? 写真。
ん..暗くしすぎたかな?

023.JPG

江戸時代後期から明治時代にかけて建てられた町屋の雰囲気を出すために 少し加工をしてみた。

017.JPG

東西に続く この映画のセットのような 約1.8kmをぶらぶら歩く。

資料館や古民家ゲストハウス..

013.JPG

老舗の菓子屋に饅頭屋さん、お茶処 食事処..足袋屋さんから呉服店まで江戸の姿を残す この宿場町。

西の追分には休憩施設もあり..自由に出入りができる。
ワタシも運転と歩き疲れで 誰もいないこちらで少し休ませていただいた。

035.JPG

無料の観光駐車場の横には 嬉しいことに小萬の湯(足湯)があり

043.JPG

これもまた無料で 鉄分の多い赤い湯色を楽しむことができる。

ああ〜ええ塩梅。
癒されながら 古き時代に思いを馳せてみる。

045.JPG

この時代に生を受けていたなら..
きっとワタシは駕籠屋として頑張っていたんだろうなぁ。
posted by osuechan at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒