2018年10月29日

初めてのソフトクリームリポート?

001.JPG

当然..お酒が入ってるから こんな顔なのだ。

良い天気に恵まれ、年に一度のお伊勢参り。

008.JPG

なぜお正月ではなく毎年この季節なのか?

002A.JPG

答えは簡単で寒いのが苦手なのだ。
一年を通じて一番気候の良い時季に行こうと..何年か前から定着した。

おはらい町通りを歩くのも この季節が一番。
まずは伊勢神宮の神さんに供えられる白鷹さんに吸い込まれ..

009.JPG

地ビールの伊勢角屋麦酒..

010.JPG

そして造り酒屋の伊勢萬さんにて少し長居をして..毎年ほぼええ塩梅になる。

011.JPG

この間..直線距離にして100mぐらいだろうか?
ワタシは水を得た魚のごとく..あっちにほいほい、こっちにほいほいと駆け巡る。

何度訪れても この食べ飲み歩きは飽きない。

そんな呑み助ではあるが、今回初チャレンジしたものがある。
お店の名前は忘れたが “ お豆腐ソフトクリーム ”

016.JPG

甘いものが苦手なワタシ..
でもこの看板に惹かれて買ってみた。

それにスマホを片手に持つ女の子が..こうして写真を撮っていたので おじさんも真似をしてやってみたかったのだ。

014.JPG

味?
そうだな..少し甘さ控えめといったところだがワタシにとってはまだ甘い。
それに豆腐といえば醤油だ。
お店に置いてあるか聞いてみたかったが..それにはもう少し酔わなければならなかった(笑)

もう一軒紹介するのは..今回の締めご飯に選んだ “ 名産伊勢肉 豚捨 《ぶたすて》

このおかげ横丁にもあるが、混んでいるだろうと外宮前店に行ってみた。

034.JPG

変な名前だと前々から思っていたが..こんな意味が込められていたとはつゆ知らず..
ストレートだなと笑ってしまった ➠ 屋号について

この外宮前店では横丁店には無いハンバーグが有名なんだそう。
皆さんのコメントを見てワタシも食べてみたくなったのだ。

044.JPG

その皆さんが絶賛するこの濃厚なソースだが..どう表現すればお伝えできるのかな?

醤油と黒酢がベースなのか?
とにかく初めて口にするハンバーグソースだった。

ワタシには上手く表すことができないので..気になる方は行かれた方が確かかと..(笑)
posted by osuechan at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月24日

送りつけ商法

に..はめられてみた。

というのも..社名入りのボールペンが送られてきたのだ。
どこかの会社のセールスかと..よく見たら我が社の名前が??

『 なんで!? 』

001.JPG

それもご丁寧に LEDライト付きキーホルダーと一緒に。

いったい誰が何のために?

同封されていたパンフを見ると

002.JPG

ナショナルペン ” という我々 昭和生まれの人間は一瞬反応してしまう名前だ..ナショナル (`ロ´;)ハッ!
読めば 『 お客様だけに特別提供 』 と書かれてある。

003.JPG

『 へ〜..ウチだけにやってぇ。 』 というと..美人秘書は呆れていた..。

社名をレーザー刻印してくれ 今だけの特別価格、1本219円のところを99円で、さらに専用ペンケースを無料で付けてくれるという。

005.JPG

LEDライト付きキーホルダーは 社名をレーザー刻印して219円。

006.JPG

触ればお値段以上ニ〇リだ。
しっかりとした仕上がりで高級感さえ窺える。

しかもライトもバッチリ明るく..ひとつぐらい持っていると便利かも?

007.JPG

へ〜..勝手に社名刻印をして それを送りつけてのセールスかぁ..
不愉快どころか見事な戦略だな。
逆に胡散臭いセールスマンが 『 ボールペンを買ってください。 』 と来られても十中八九は追い返されてしまうだろう。

でも我が社名をレーザー刻印された実物を手にするとどうだろう。
社長としては嬉しく思ってしまうのだ..これが(笑)

そんな訳で..呆れている美人秘書に注文をしてもらうという流れである。

010.JPG

注文をして、後日送られてきたボールペンは輸送部 該AMATSUの刻印を。
住所を入れるとごちゃごちゃしそうなので、シンプルに電話番号だけを入れてもらった。

012.JPG

LEDライト付きキーホルダーの方は物流加工部 潟с}ツーテクノスの名で。

008.JPG

こう見ると何のトラブルもなく商品が届いたように見えるが..これがなかなか大変だったのだ。

注文のファックスを何度流しても無反応で、苦情のメールを何度ぶつけたことか。

『 大変失礼しました!! 』 と掛かってきたのはいいが..電話の向こうとの会話にタイムラグがあって..すごく もどかしい。

それもそのはずで..相手方の電話番号が+353429345△〇☐と国を越え、アイルランドとのやり取りだったのだ。

まぁしかしこの苦情のやり取りのあとが強烈に早かった。
通常..注文確認後4週間ほどで届くところが なんと2日で送られてきたのだ。

009.JPG

しかし今度は頼んでおいたギフトボックスが入っていない..
という連係ミスの多いグローバルカンパニーだと紹介しておこう。

そんな訳で..今からまたアイルランドとの彼とやり取りが始まる。

国をまたごうが..苦情は大阪弁に限る。
彼はすぐにギフトボックスを送ってくれるのだろう(笑)

― お得意先の皆さまへ ―
2019年のお年賀といたしますので よろしくお願いします。
どうぞ値段のことだけはお忘れくださいませ(笑)
posted by osuechan at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月19日

初インド料理

たまに来られるインド人ハーフの営業マン。

なぜか彼と話していると..いつも最後はカレーの話になっている。
あのお店のはスパイシーだとか、どこどこのは日本人好みの味付けだとか。

ところがぎっちょんちょん..
実はワタクシ..インド料理とは無縁なのだ。

先日も彼とそんな話になり..
『 今度来る時までに食べに行ってくるよ。 』 と口にした。
それならと勧めてくれたのが “ ルンビニ

インド料理専門店で “ ミラン ” と “ ルンビニ ” の名で展開をされていて、そのルンビニの若江岩田店が弊社の近くにあるというのだ。

早速..その本場の味と彼の言葉を重ねてみようと アシスタントの姫と訪れてみた。

0001.JPG


ここにお店ができて4年も経つというのに..近くに居ながら知らなかった2人。

0001A.JPG

ランチメニューでもカレーの種類を選べるみたいだが..さすがの初体験。
ちんぷんかんぷんなので..インド人のスタッフや、日本人の女性スタッフにあれやこれやと色々と教えてもらいながら注文をしてみた。

001.JPG

スープを飲んでいると 出てきたのがタンドリーチキン。
(スープも日本人好みで飲みやすい)

002.JPG

ヨーグルトや色々な香辛料に鶏肉を漬け込み、タンドゥールと呼ばれる壷窯で焼いたものだそうだが..旨〜い!!

姫のセットはプレーンナンに2種類のカレーで

003.JPG

チキンカレーと日替わりカレー。
日替わりはオクラとエノキのなんちゃらカレー(笑:おぼえとらん)

焼きたてのナンは大きくワタシの手の3倍ほど。

004.JPG

少し甘い味付け。
これに辛いカレーを合わすと絶妙なのだろうが..
彼女がお願いしたのは『 0:甘口 』
『 ええ〜!! 甘々やん!! 』

要は注文時に辛さを調整できるようで『 0:甘口 』〜『 5:激辛 』までの6段階あるのだ。

ワタシが注文したのはナンバーワンの人気のチーズナンと

006.JPG

これまた姫と同じで『 0:甘口 』のカレー2種類。
すまぬ..ワタシも辛い物が大の苦手なのだ。

005.JPG

緑のカレーはチキンの入ったほうれん草カレー。
右のはキーマカレーと言っておられたが..ワタシはそのキーマの意味もわからず『 ほー!! 』 と言っていた(笑)

まぁ..意味が分からずとも全体的に日本人に合う味付けにしてあり美味しくいただけた。
インド料理初体験だったが好印象を残した。

スタッフの方も お店によっては香辛料がきつすぎて合わないかも..とおっしゃっていたが、きっとそうなんだろう。
インド人ハーフの営業マンの言う通り、初めてのインド料理としてここへ来て正解だった。

ヨシ、次回は壁に貼られていたチキンカレーライスにしよう!!

012.JPG

..と まぁ、和食・寿司専門のおじんが 冒険をして喜んでいる様子をご覧いただけたでしょうか?
お近くでまだインド料理未体験のお方がいらっしゃいましたら..一度はチャレンジを。
posted by osuechan at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2018年10月15日

フェラーリのトランクって?

知らなかった..
ボンネットを開けると..そこがそうだったなんて。

01.JPG

ここに買い物をした白菜や豆腐を詰め込むのか..。
スーパーでこの光景を見られた方の大半は..へ〜と思うだろうな(笑)

どこで知ったかというと、西日本最大級のイタリア車の祭典 “ CiaoItalia ” にて。

会場となるセントラルサーキットまで一緒にと..おにぎり号販売店からお誘いを受け、数十台が赤松パーキングに集合。

012.JPG

青空の下、ランチャ・アルファロメオ・フィアットのオーナーさん達と共にサソリチームも混ぜていただき..仲良く行儀良くツーリング。

会場では自動車評論家の西川淳氏のトークショーがあったり

02.JPG

レーシングカーのデモンストレーションがあったりで少年に戻り楽しんできたのだ。

140.jpg

どう??..なかなかの腕前でしょ?..カメラ。

と言いたいところだが、ワタシのカメラにこの腕ではさっぱりだった(笑 / プロカメラマンのを拝借)
強烈な速さだった..このフェラーリFXX-K

走りを終えてピットに帰って来たところならワタシにだって..カシャ!!(笑)

124.JPG

でも世界に32台しかない このハイパフォーマンス・レーシングカーをメインストレートのピット前で見れたことは嬉しかった。

138.JPG

ワタシはもうこれだけで大満足。

レースやエキサイティングランに参加されたオーナーさん達はもちろんそれ以上だっただろう。

055.JPG

おにぎり号でも参加できるようなのだが..

048.JPG

夜中に仕事を終わらせてから向かうワタシにはそんな時間の余裕もなくって..準備も何も。
でもまた..それを楽しめるタイミングもやがて来るのかも。
いやいや..そういう時間を作らないとなぁ。

そんなこんなで今回は..目と耳の保養のみでサーキットをあとにする。

029.JPG

目と耳のあとは胃が叫ぶ。

オレにも保養させろ..酒だと。
posted by osuechan at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味

2018年10月09日

二度目の玉置神社

神様に呼ばれないとたどり着けないと言われる..熊野三山の奥の宮。

先月、アシスタントの姫にその存在を教えてもらい、興味本位でちょっと行ってみるかと向かうも..受け入れてもらえなかった。
その時は落石・倒木による通行止めだった。

今度は真摯な心を胸に..同じルートで向かった。
そしてそのポイントに差し掛かる。

ヨシッ、通行止めは解除!!
今回は迎えられた気になった。

あとは案内板に従って玉置山を駆け上がる。

001.JPG

しかし落石は所々に散らばりを見せ、時折大きな石がブレーキを踏ませる。

“ 落石で通行止め ” と共に多いのが “ カーナビが壊れる ”

でもこれだけ案内板があればもう間違わない。

2.JPG

『 右方向です。』
まじで?..左やろ??(本当に狂った)
まだ招かれてなかったのかも..と思うも カーナビを無視して左へ曲がり神社へ向かった。

『 700m先 Uターンです。』
え〜..カーナビの声にUターンってあるの? 
初めて聞いた..。(こんな狭い山道でおかしいって!!)

さらに無視をして進むと
『 300m先 Uターンです。』(汗..)

もうカーナビを当てにせず、案内板に従った。

ここが駐車場かな?
着いたのかな?

007.JPG

和歌山、奈良の山々が目の前に広がっていた。
標高1000m付近に鎮座する玉置神社
二度目のアタックで渋々受け入れてくださったのか?

一の鳥居で一礼をし、二つ..三つと鳥居をくぐり御本殿まで少し歩く。


010.JPG

参道の途中で並々ならぬ存在感に足が止まる。

011.JPG

思わずカメラを向けたが、御本殿を参ったあと..御本殿の裏にその大きく複雑な形の神代(じんだい)杉は祀られていた。

012.JPG

樹齢3000年といわれており..ワタシは赤ん坊のように見下ろされた。

御本殿は古社の風格が漂い..歴史の重みを感じる。

015.JPG

一度は追い返されているだけに..下から見上げれば感慨もひとしお。

016.JPG

色んな写真や説明を見るに..霧のイメージが強い玉置神社。
そして邪心があると受け付けないという厳しい神様。

017.JPG

でも時間を掛けて境内を参っていると..どちらのイメージも払拭された。
この日は晴れ渡っており風もなく、木々の隙間から優しい光が差し込み..穏やかな表情で迎えてくださったように感じた。

036.JPG

大峰山系の最南端で標高1000mを越える山奥にあるのだから電波状況も悪くて当然。
お天気の急変もなおさらだ。
急な斜面を切り開かれた道路にも落石は付き物だ。

少しメディアや情報に踊らされた感も否めないなぁ..
普通に考えれば当たり前のことなのに。

これから行ってみようと思われる皆さんはどう感じられるのかな。

018.JPG

もちろん..招かれての話だが。
posted by osuechan at 15:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月05日

女児紅 カメ出し

いけないビデオのタイトルではございません..。

でもこのメニューがお店を離れてからも頭に残ってしまって。
いったい何なんだろ?




それは最後に触れるとして..
どうしてもこちらの餃子を食べていただきたくって。

01.JPG

旨い!!
噛めば小籠包のようなスープが口の中に広がる!!

こちらはJR環状線 玉造駅近くにある中華料理 “ 純華楼 ” さん。

02.JPG

この近くにある散髪屋さんのマスターが、ここの餃子を一押しされていたのだ。
また先日、ワタシのブログのヘビーリ−ダーのべっぴんさんからも、めちゃくちゃ美味の中華屋さんよ..とご紹介いただいた。

普段は余り中華料理を食べないワタシ。
でも全く繋がりのない2人から言われると..すごく気になる。
ってな訳で訪れたのだ。

入って驚いたのは若い女性客の多いこと。
まさかタイトルの “ 女児紅 カメ出し ” が気になってではあるまい!?

各テーブルに目をやると、皆一様に餃子に群がっている!!
餃子かぁ..そんなに旨いの?

今度は壁に目をやる。

04.JPG

この店のランキング10が貼られていた。
もちろん1位は “ 焼き餃子 ”

もう頼むしかない。

03.JPG

衝撃的だった。
あちこちの餃子を食べ歩いた訳ではないので比較はできないが、ワタシにとっては初めての味。
ニンニク臭さも無いっていうか、ニンニクが入っていないのだ。
女性客の多いのが分かった。

優しい味付けでいて小龍包風。
いくつ食べても飽きがこないのだ。
言えば..食べた次の日も また食べたくなるような味。

他にも4位に輝く “ 四川焼きそば ” や

07.JPG

人気メニューの数々をいただいたが、どれもこれも旨い。

06.JPG

05.JPG

それもそのはず..中国の国家資格最高位の「特級厨師」による四川本場の味とある。
ワタシが知らないだけでメディアにも取り上げられる訳だ。

009.JPG

まずは皆さん..焼き餃子(6個420円)とビールをお楽しみください。
そしてほろ酔いになった頃..お姉さんに注文をしてください!!

08.JPG

『 女児紅 カメ出しをください!! 』




それは..
いけない想像をされた一部の殿方が考えるものではなく、お酒の一種。
ワタシも気になって帰ってから調べてみた。

女児紅(じょじこう)カメ出し(甕出し)と言って、浙江省の習慣で..女児が誕生した際に仕込んだ紹興酒をその子が嫁ぐまで寝かし、結婚の際に嫁ぎ先に持参するという縁起の良い酒。
甕で仕込んであるがゆえ..カメ出し。

ひとつ勉強になりました。
― 看板をクリック ―
09.JPG
posted by osuechan at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | お店