2019年01月28日

鼻毛をメルカリで..

まぁ..鼻毛みたいなもんです。
自動車のエンジンルームにあるエアクリーナエレメントって。

2.jpg

空気を吸い込むときにゴミが入らないようにする濾過器である。

人間も激しい運動や大きな力を出す時に呼吸が荒くなって空気が必要となる。
自動車も同じで..空気をたくさん吸うことで力を出すことができる。
..なので おにぎり号もスムーズに空気をエンジン内に導けるようにと こんなのに交換している。

1.JPG

となると、もともと付いてた鼻毛が不要となってくるのだ。

3.JPG

しかも最近はゴミに出すにも分別や何やらで簡単に捨てれず..ずっと事務所に転がしていた。

『 ヤフオクで売れるんじゃないですか? 』
『 えッ? 』

この話を聞いた若い従業員から思わぬ言葉が!!

じぇんじぇん考えもしなかった..。
この鼻毛が売れるのか?

確かに未使用でフィルターもこの通り まっさら。

4.JPG

ただ..LINEもしない人生半世紀越えのおじさんにヤフオクなどできるはずもなく..彼にお願いをするしかなかった。
手数料を考え、半分ずっこということで。

..が結果、ヤフオクでは売れなかったのだ。
たぶん設定料金が高かったのだろう。

その話を聞いた酒飲み友達が..『 私にさせてください。 』 という。
なにやらメルカリとやらに出してみるのだとか。

88.jpg

ワタシには宇宙語は理解できないので..言われるままお願いするしかなかった。

『 初めに値段を出して交渉ありにして、反応がなければ段々値下げをしていくんですよ。』
なるへそ..市場の逆セリみたいなもんだな。




先日、その彼女から連絡が来た。
売れたとのこと。

5B.jpg

すごーい..こんな物までホントに売れるんだ。

7.jpg

そうか..我々の時代で言う、専門雑誌の最後の方にあった “ 売りたし 買いたし ” のコーナーの進化版なのか。

6.jpg

買い手が見つかると..あとはコンビニから発送するだけでおしまいだという。
便利な時代になったもんだ。

ただ..
ホントに売れるとは思ってなかったので、彼女と取り分の取り決めをしていなかった。

そして それ以来..連絡はない..。

『 おーい!! 』
posted by osuechan at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月21日

一魚一会

紀州鉄道線の終着駅..西御坊駅。

1.JPG

昭和6年開業と書かれているが いつまでも頑張ってほしいものだ。

026.JPG

先日の紀伊田辺出張の帰り道。

この西御坊駅の隣にある森仁水産さんに寄り道。
..そう魚屋さん。

3.JPG

こちらの4代目店主が..地元 御坊産の鯖の美味しさを知ってほしいと作った棒寿司が評判で、機会があればと思いながら..それがこの日に実現することになる。

お土産に何本かもらおうとお店に入り..色々とお話を伺った。
鯖の大きさによって値段が違うという “ たかおちゃんの鯖の棒寿司 ”
その たかおちゃんこそ..こちらの4代目店主。

4.JPG

この日の価格は1本800円。
『 ちょっと小さ目なんですわ〜。 』 とたかおちゃん。
もう少し大きめの鯖だと1,000円なんだとか。
いやどちらにしても安いぞ。

安いといえばもうひとつ。

この御坊から有田川沿いのワインディングロードで帰ろうかと おにぎり号を走らせていたら..
無人販売の100円の文字が目に飛び込む。

039.JPG

大きいサイズの有田みかんが8個入って1袋100円。
買わない手はない!!

035.JPG

こうしてニンマリしながら有田川を上っていく。

038.JPG

天空の聖地 高野山では立ち並ぶ寺院を窓越しに楽しみながら やがて紀ノ川に下り..と のんびり寄り道しながらの帰路。

帰ってからの楽しみが “ たかおちゃんの鯖の棒寿司 ”

047.JPG

鮮度入魂や一魚一会など面白い熟語が添えられた包み紙をめくり..

048.JPG

笹の葉を外すと

051.JPG

御坊産の鯖寿司が姿を現す。

053.JPG

適度に切ってそのままでも良し、表面を軽く炙るもよし。
どう?..この分厚い身。

056.JPG

鯖と酢飯の間に生姜が挟んであり絶妙な味わい。

甘い100円有田みかん共々..嬉しいお土産を手に入れることができた今回の出張。
この先もきっと..この楽しみが続くのだろう..(笑)
― ㊟たかおちゃんの鯖の棒寿司は何日か前に要予約 ―
posted by osuechan at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月15日

海のギャングを食す!!

こんな怖い顔をしてるのに食べれるのか?

― 海のギャング ウツボ ―
1A.jpg

それが紀伊田辺ではあちこちのお店で扱われていると聞く。

機会があれば..と思っていたら その日がやって来た。

こちらのネオン街は法善寺横丁のように細い通りにお店がひしめき合っている。

1.JPG

JR紀伊田辺駅の西側..味光路と呼ばれる路地裏飲み屋街。

2.JPG

そのエリア内の とある料理屋さん..
表のお品書きにて うつぼ料理を確認し、引き戸を滑らせた。

― 地魚季節料理 きらく ―
3.JPG

あるある!!..うつぼタタキ。

4.JPG

それより その2つ左にある “ だるま造り ” って何よ?

聞けばメバチマグロの子供というか若魚のことを “ だるま ” と呼ぶらしいが..ワタシは知らなかったのだ。
『 クロマグロの幼魚がヨコワと呼ばれるでしょ。だるまもそんな感じです。 』 とご主人。

教えてもらったからには食べないといけないな..(笑)

5.JPG

クロマグロに比べればあっさりはしてるが、もっちりとした食感がいい。

念願のうつぼのタタキがやってきた。
..が、少し玉ネギの味が強いかな。

6.JPG

それでもうつぼの味は確認できた..なるほど。

せっかくだから唐揚げも頼んでみよう。

7.JPG

釣り人には嫌われ外道と呼ばれる うつぼだが、この辺では昔から食べられていた 。
しかし近年では味の評判が広がり、結構な値段で取引されるようになったとご主人。

8.JPG

夏場のものよりも冬場の方が身が厚く美味しいのだとか。
弾力のある食感で、これといったくせや臭みもなく普通に美味しいプリプリ白身だ。
なるほど..鍋でもOKだし南蛮漬けなどの料理も合いそう。
皮下のゼラチン質にはコラーゲンたっぷりで世のご夫人達にも絶対喜ばれるはず!!

なのになぜ全国的に普及しないのか?
..それは骨の処理が非常に大変なのと、あのおっとろしい顔!!
食卓に並んでいたら夢を見るって..。

そんなこんなを大阪から来た呑み助に丁寧に教えてくださった優しいご主人。
本当にありがとうございました。

018.JPG


締めにいただいた和歌山の郷土料理 “ さんま寿司 ” が特に美味しかったなぁ。

013.JPG

また ふらっと寄らせていただきますね。
素敵な出会いに感謝..。
posted by osuechan at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | お店

2019年01月11日

ケアンズ珍道中

前の座席の後面に貼ってある。

11.JPG

公共交通機関(バス・電車)内では飲食厳禁のオーストラリア。

危ない危ない..そういやそうだった。
ワタシは普段..バス、電車では飲んでいることが多く(趣味なのだ)、これと同じことをこちらでやってしまうと罰金だ。

さらにシートベルトは全席着用が義務となっていて、これに違反するとどえらい罰金が..。
しかも支払うのは座って外の景色を眺める乗客自身だというのだから..ひえ〜!!

それに空港やお店に並ぶミネラルウォーター様には腰を抜かした。
そう、様を付けないといけないぐらいで..だいたい500ml 1本が4.00〜4.50

1.JPG

尿酸値の高いワタシにとっては必需品だが こりゃ高すぎるぞ。
でも聞けば水道水を飲んでもお腹を下すことはないという。
昭和40年代に幼年期を過ごすワタシにとっては水道水は当たり前のへっちゃら。
なのでホテルではがぶがぶと水道水を飲んでいた。

ところが.. “ ガシャン!! ”
やっちゃった..。
安くあげようとがぶがぶ飲んでいたらグラスを落とす!!

あ〜あ..と、割れたグラスを掃除して..調べた英語と日本語でのお詫びを書いたメモと$20.00を置いておいた。
こりゃ高い水道水代になったなぁ..。

しかし夜に戻ると$20.00はそのままで日本語で嬉しい言葉が添えてあった。

1A.JPG

ハウスキーパーと日本人スタッフの連携に大感謝だ。
(でもワタシのこの英語はあってるのか?)
ん?
割て?... その前に日本語を間違えているぞ..オレ(笑)

1B.JPG

あと不便に感じたのがスーパーやコンビニでお酒が買えないこと。

2.JPG

そこらで飲んでホテルに帰ってもう一杯と思うも こちらでは酒屋さんでしか買えないのだ。

7.JPG

しかし..こうしょっちゅう同じ酒屋に買いに行くと、店主のランディ・ジョンソンはワタシを覚えてくれる。

『 20年前にあなたのお父さんには世話になったんだよ。 』
と言いたいが、ワタシは “ WARNING ” も知らないジャパニーズおじさん。
笑うしかできない..。

8.JPG

でもそのジャパニーズおじさんの変な癖をおひとつ披露。

それは..海外で飲んだ後にその国のカップ麺を買うという癖。

6.JPG

普段 日本に居る時は健康のため、カップ麺など食べないのだが..
なぜか旅行だと..飲んだあとに妙な好奇心がワタシを誘う(笑)

そんな理由で連れて帰ってきた彼。

9.JPG

“ Braised Beef ” とあるが蒸し牛肉か煮込み牛肉といったところか?

10.JPG

さて..そのオージーカップ麺のお味は?

IMG_1563.JPG

カップスターだった(笑)

ダイビングやレストランの話よりも..ワタシらしいケアンズ紀行。
何の参考にもなりませんが こんな旅だったということで..

このような幕開けだった2019年ですが、どうぞ皆さま本年もよろしくお願い申し上げます。
posted by osuechan at 11:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 趣味

2019年01月09日

WARNING

恥ずかしい話だが..

1.JPG

『 ワニ..ing? 』

ワニのイラストがあったので..
“ ワニが泳いでいるので遊泳禁止!! ” だと思っていたのです..
帰りの空港で これと同じ文字を見るまでは。

ふと思い出して調べてみたら..吹き出してしまった(すごいぞオレ:笑)

お正月は夏真っ盛りのケアンズで楽しい時間を過ごさせていただいた。

3.JPG

とは言ってもワタシは観光や買い物が大の苦手..
ご存じの通り、動いているか飲んでいないないと病んでしまう。

なので30℃を超える中..ふらふらになるまで 海岸沿いや

5.JPG

市内をジョグ&ウォーク。

065.JPG

足が痛くなって走れなくなった後は..世界最大の珊瑚礁、グレートバリアリーフに浮かぶ島々に渡り

2.JPG

ちゃぷちゃぷと水遊び。

ワタシ自身..ケアンズは2度目。
20年ほど前に記憶を戻してはみるものの..ほとんど覚えていない。

でもやはりこの田舎町の空気、雰囲気..人々が大好き。

地図を広げてキョロキョロすれば どなたかが声を掛けてくださるし..
お店に入れば現地の方々が話しかけて来られる。
WARNING の意味も知らないワタシだと言うのに(笑)

朝ごはんもそんなノリでお店に入った。

6.JPG

気に入ったワタシは毎朝走ったあとに ここで朝食をいただくこととなる。

7.JPG

ただ悲しいかな..こちらでは朝食とアルコール類はダメなのだ。

8.JPG

酔っ払いに厳しいオーストラリア。
法律により午前10時以降でないとお店は出してくれない。
..となるとコーヒーを飲んで食べるしかない、似合わないだろうが。

9.JPG

どう見てもこのモーニングにはビールだろ!!

10.JPG

..と毎朝突っ込みながら朝を乗り切るワタシであった。

そんな日本とは違ったお国事情を次回に もう少しだけお伝えさせてくださいませ。
posted by osuechan at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味