2019年11月26日

ABARTH 595 Biposto 誕生

忙しくって なかなか進まなかった アバルト595の “ 2シーター計画 ” だが..
何とか合間を見つけて完成した。

015.JPG

このブログも Facebook も 制限をかけずに公開しているので たまに全国のアバルトオーナーさんから連絡をいただくこともある。
もし2シーター計画に興味のあるオーナーさんがいらっしゃったのなら..ご参考までに。
今回はそんな思いで作業工程を簡単にUPさせていただきます。

パーツの調達はイギリスにある “ MS-RACING ”
ここに【 Rear Seat Delete Full Conversion Kit 】というキットがある。
商品内容は マットとバー2本とネットのセット。

後部座席を取り外し、マットを敷くだけでも良いのだが

016.JPG

リアシャーシバーとネットを取り付けることで よりレーシーに..
またブレーキング時には そのネットがトランクの荷物を前に落とさずにガード。
さらにシャーシバーは側面衝突に備え 補強の意味もあり必要だと考える。

ただ それらを取り付けるには少々面倒で..両側面にある 後部座席を固定させる この金具を付け替えないといけない。

052.JPG

それには ピラーカバーとリアサイドパネルの一部を外さないとダメで..まずは ピラーカバーから。
ネジは2ヶ所のみで あとはクリップで固定されており..割れない程度に力を加えてバリバリバリと引き外す。

067.JPG

リアサイドパネルは取り外さなくても 六角レンチが入る程度 手前に引けば良い。
そうして隙間に手を入れてレンチを回すのだが..

069.JPG

これが 五十肩なのでスムーズにはいかない..(苦笑)
痛みの出ない角度に体勢をもっていき..簡単な作業なのに苦しみながら交換するのだ(汗)

070.JPG

金具を取り替えたら リアサイドパネルとピラーカバーを元に戻してと..

071.JPG

これで下準備は完了。
あとはバーを2本とネットを取り付けるだけ。
シャーシバーと足元のバーにネットを通し

073.JPG

074.JPG

シャーシバーを先ほど取り替えた金具に取り付ける。

075.JPG

足元のバーは後部座席を固定していたボルト穴(2ヶ所)を使って取り付ける。

076.JPG

これで全て完了。
ABARTH 595 Biposto(ビポスト) の出来上がり。

098.JPG

シートの間から覗くシャーシバーとネットがスポーティーさを演出する。
実際 座席を取り払ったことで 25kg近く軽量化された。
走りや燃費にも若干ではあるが影響を与えることだろう。

099.JPG

このアバルトには 走ることに特化し、徹底的に軽量化を図った “ 695 Biposto ” という 史上最速モデルがある。
Biposto とはイタリア語で 『 2座席 』 の意味で そのままネーミングされている。
その標準装備の写真がこれ。

― ABARTH 695 Biposto ―
104.jpg

どうでしょ..それに 少しは近づいたかな?
― おにぎり号 Biposto ―
103.JPG
posted by osuechan at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記