2020年01月27日

スイセンより そこに関心を寄せた

事務仕事を終え 会社を出る頃には 朝の雨は上がっていた。
久しぶりに予定のない日曜日の午後。

昼飲みでもと思ったが..あっ、エンジンを掛けてやらないと。

当てもなく走るのもつまらないし.. ん〜 1月といえばスイセンか?
調べると 千早赤坂村に スイセンの丘があることが分かり 向かった。

大阪で唯一の村だということ。
その昔、千早村と赤阪村が合併して誕生したということ。

12.png

千早赤坂村については そのぐらいしかワタシの頭の中には入っていなかった。

ここを右折だな?

14.JPG

道の駅 ちはやあかさか ” を利用すると良いと書いてあったので それに従った。

1.JPG

そこで 楠公(なんこう)さんこと 楠木正成の誕生地だということを知る。
そういえば小学生の時に習ったような..。

2.JPG


ふと..落語家の桂南光さんが この千早赤阪村出身だったということを思い出す。

13.jpg

まさか?

..と思い 調べてみると うそのような本当の話だったので驚いた。

桂 南光襲名時に大師匠である米朝が..
『 南光は千早赤阪村の出身でございまして、年配の方はまぁ、よくご存知でございましょうが、ここは楠木正成という、大楠公と言われた人の出生地でございます。そういう縁がありまして.. 』
とのお祝い口上を述べられていたのだ。 

萬に光と書く名跡があり、その桂 萬光に決まりかけていたという。
ところが師匠である枝雀が ちょっと東京では 仕事がしにくいんじゃないかという意見も出ましてと..笑いを誘った。

楠公と南光..落語や噺家好きのワタシは そのことに関心を寄せた..と同時に誰かに言いたくなった(笑)

いかんいかん..本題に戻さねば。

この道の駅から歩くこと2〜3分の場所に 5万本のスイセンが咲き誇る “ スイセンの丘 ” がある..と書いてあったが

6.JPG
    
それは地味に..それは質素に展開されていた。

9.JPG

時期的にも少しばかり早かったようで、まだまだ沢山のつぼみが控えていた。

8A.jpg

スイセン畑横の階段を上ると

10.JPG

楠公没後600年祭記念として昭和15年に建てられた “ 奉建塔 ” がある。

11.JPG

塔の高さは43尺で 楠木正成が湊川で戦死した時の年齢である43才を表わしているという。

そこに刻まれた文字「 非理法権天 」は、正成が旗印に用いたと伝えられる。

「 非は理に勝てず、道理は法に勝てず、法は権力に勝てず、その権力も天命には勝てないという」という意味だそうだが..桂 南光襲名話ほどにはワタシの胸に響かなかった。

楠公さん好きや歴史好きの方、はたまた写真好きの方は足を運ばれるのもいいかと思います。
posted by osuechan at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月23日

牛革のあとは牛肉を

一昨日..散髪に行くと マスターがワタシに言った。

『 ほっと社長、ランドリュックは無いでしょ〜!! 』

前回のブログを見て..
ワタシは “ おとな旅あるき旅リュック ” を買ったと思ったのであろう。

悩んだ末に選んだリュックを けなされるとは..。

もうマスターとは26、7年の付き合いになるが..新しい散髪屋さんを探すことにする..(笑)

そう、香久山鞄店にて 悩みに悩んだ結果..ワタシはこの “ 革のランドリュック(S) ” を選んだのだった。

2.jpg

この歳になって 小さいながらもランドセルのようなリュックは どうかと思ったが..かっちりとした作りが好みと一致した。

3.jpg

暖冬といえども もう少し続くであろう 厚着のシーズンは このキャメルのランドリュックにお世話になることとなった。

リュックを買い終えたのが11時前。
お昼には少し早いが 悩んだせいか.. お腹がぺこぺこだ。

あっ、そうだ!!

この香久山鞄店から車で少し走ったところに 美味しいホルモン屋さんがあったことを思い出す。

前回は夜に行ったのだが 大盛況で 肝にタンにハラミといったホルモンの主役たちは全て売り切れだった。
でもタレがすごくご飯に合ったよなぁ〜..
ここから近くだし この空腹感を満たすには もってこいだ。

調べてみれば11時開店とある。
よ〜し..前回のリベンジ大作戦だ..とおにぎり号を走らせた。

032.JPG

R165は 近鉄桜井駅と大和朝倉駅の間辺り。
お店の名前は “ だるまや ” といって、昭和ながらのホルモン屋さんだ。

031.JPG


悲しいかな..ワタシはタッチパネルのごはん屋さんでは食事ができない。
入ったことがないのでコーヒーすら飲めないのだ。

なので いつもこういったお店になってしまう。

035.JPG


日曜日の11時を少し回ったところ。
一番乗りだった。

033.JPG

前回 食べることができなかった肝やハラミ..そして心臓にてっちゃんをお願いした。


034.JPG

『 あっ、それと サラダと ご飯は大盛で!! 』

ワタシはこちらのタレが好きで

036.JPG

お肉が早く来てくれなければ このタレだけで大盛ご飯を食べきってしまうかもしれない(笑)

038.JPG

いやいや タレもそうだが..それより何より ホルモン系のお肉の旨いこと。

食べログでの評価はそれほどなのだが 肝や てっちゃんは新鮮で抜群に旨い。

039.JPG

夜になると あちらこちらの車が集まり 駐車場は満車になる。
なので早い時間帯から お肉は人気順に売り切れ続出となる。

そのあたりを頭に入れて..ドライブの帰りにでも寄ってみてくだい。
あっ、ワタシのように、香久山鞄店とセットでも もちのロンで ありあり(笑)

昭和から抜けきれないワタシのような方に是非お勧めです。
posted by osuechan at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | お店

2020年01月20日

大人旅 歩き旅

ニュース以外..あまりテレビを見ないワタシが 唯一 楽しみにしている番組 “ 大人旅歩き旅
旅番組というか..飲み歩き番組で、小旅行が好きなワタシにとっては ありがたい番組なのだ。
MCを務められるのは三田村邦彦さんで..

さぁ、ここから本題に突入である。

その三田村さんが番組で使われている “ おとな旅あるき旅リュック ” が欲しくて欲しくて。

1.jpg


13.jpg

普段のワタシはトートバックで出歩くことが多いのだが、コートを着る真冬だけ困ってしまう。
というのも 厚着で肩が丸くなってしまって バッグが ずり落ちてしまうのだ。

落ちては何度も掛け直すのだが このシーズンだけはリュックが良いかも..との思いに至り、この “ おとな旅あるき旅リュック ” に心惹かれる。

そのリュックを扱うお店は 『 おとな旅あるき旅 バッグ 』 で検索すれば すぐに出てきた。
こうして ワタシは..三田村さんが番組で訪れた香久山鞄店 奈良本店に辿り着く。

2.JPG

『 なんで?..香久山鞄店じゃないぞ? 』
ナビが連れて来てくれたのは なぜか鞄工房山本だった。

頭の中では???が飛び回っていたが でもきっと ここなんだろう。
訪ねようとしたが..開店の10時には まだ少し時間があった。

専用駐車場に車を駐め..

3.JPG

案内板の矢印に従って工房へも足を向けた。

『 へ〜 すごい。』

4.JPG

先ほどの門構えといい この離れの工房といい..優雅さや趣があり とても素敵だ。

そろそろ開店時間だなと時計に目をやり..本店の立派な門に戻る。
くぐると これまた素敵なお店がワタシを迎えてくれた。

5.JPG

早速 スタッフの方に尋ねると..
鞄工房山本が本家本元で、香久山鞄店は鞄工房山本が運営する鞄の専門店..いわゆるセレクトショップだったのだ。

6.JPG

ということは おとな旅あるき旅リュックは鞄工房山本の作品ではないのか?
でも鞄工房山本の選りすぐりのバッグだ..ワタシの心に迷いはなかった。

『 お〜 これこれ!! 』

7.JPG

さすがは香久山鞄店 人気 1 商品だ。
入口に近い所に飾られていた。

8.JPG

背負わせてもらったが 軽さにびっくり。

9.JPG

思っていた以上に襠(まち)もあり ペットボトルも難なく すっぽりと納まってしまう。

うん、いいバッグだ..気持ちの中では 8割方こいつで決まりだ!!

念のために よく似たリュックで他には?..との問いに出してくださったのが こちら。

― 革のランドリュック(S) ―
10.JPG

ガーン!!!!

やばいぞ.. これもええじゃないか!!

8割方あった気持ちが音を立てて崩れていった。

ここから20〜30分もの間..ワタシは何度も何度も鏡の前でリュックを付け替えるのであった。
スタッフの方にとってはいい迷惑だろうが ワタシは悩みに悩んだ。

両方買う手もあったのだが 冬だけの出番なのに 贅沢はしたくない。

結果..
45 対 55 の僅差で これに決めたのだった。

さて どっちを買ったのか?

どうでもいいだろう答えだが.. それはお会いした時に..。
いつでもお誘いくださいませ “ 大人旅 飲み歩き旅 ” に(笑)
買ったリュックで向かいます〜
posted by osuechan at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2020年01月14日

青山高原道路

ボサノヴァを聴きながら走っていた。
気持ちのいいワインディングロード。

002.JPG

『 ん? 』
ルームミラーに映る後続車に気付く。

良いペースで走ってたのに 追い付かれてピタリと一定の距離を保つグレーメタリックの車。
まさか?..と思い、もう一度ルームミラーを覗き込んだ。

この展開は予想しなかった。
..というのも 目にしたのはサソリのエンブレム。

左にパーキングが見えたので 早目にウインカーを出して入ると..グレーメタリックの彼もワタシに続く。

003.JPG

この青山高原道路に入る手前でワタシが乗る おにぎり号に気付いたらしく..彼もまた青山高原に向かおうとしていた。

『 はじめまして。』
聞けばディーラーも営業担当者も同じだというので驚いた。
『 へ〜..こんな偶然もあるんやねぇ。』 と しばし立ち話のあと、またSMMで会おうと再会を約束する。

三重県伊賀市東部から三重県津市西部にかけて広がる青山高原。
その市の境目を走る青山高原道路では 立ち並ぶ風車に目を奪われる。

004.JPG

この発電用風車群は日本最大級といわれており 車窓からの眺めは壮観である。

004A.JPG

パーキングも充実しており..
ん〜 どちらかといえば車よりもライダー達の方が多いかな?
ワタシもおにぎり号を駐めて

005.JPG

標高755mの丸山草原から伊勢湾を望む。

006.JPG

視界の良い日は富士山も拝めるというが..この日は残念ながら少し霞がかっていた。

うぅ..しかし 寒い。
風車設置に適しているだけのことはある。
強風が体温を奪っていく。
ニット帽は持って来たのだが 手袋をうっかり忘れて来てしまった。

007.JPG

カメラを持つ手が一瞬にしてかじかむ。

こりゃ限界..と青山高原三角点にある “ CAFE WINDY HILL ” に逃げ込む。

015.JPG

ストーブを抱え込み 凍った手を解凍する。

016.JPG

県道でいえば512号線。
絶景街道のひとつ..青山高原道路。
例年通りだと..脇道に雪が残り、所どころ アイスバーンになっているんだろうなぁ。

035.JPG

暖かくなったら また訪れてみよう。
新緑を求めて。

最後は拙いワタシのではなく..プロの絵でお別れを。
これを見たら きっと行ってみたくなるはず。

60.jpg

どうしたらこんな絵が撮れるんだろ..すごいや(笑)
posted by osuechan at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2020年01月07日

TWO LOVERS POINT

SNSを遮断して..テレビも見ずに のんびりと過ごした お正月。

走って 飲んで 読書 といった いつもと変わらぬスタイルで Guam を楽しんだ。
それも なるべく観光客の少ない場所を求めて。

この時期は朝6:20を過ぎた辺りから白みはじめる。
それに合わせてエレベーターを降りる。

1.JPG

薄暗い中、ホテルロードと呼ばれるメインロードでは ウォーキングやジョギングを楽しまれる姿もちらほら。
でも変わり者のワタシは観光地を走らず..サウス・マリン・コア・ドライブと呼ばれる1号線を1人 黙々と走る。

お日さんが顔を出すと花や緑で景色は一変する。

2.JPG

通勤車やタンクローリー車、それにゴミ収集車を横目に この街の朝を楽しむ。
昨日は15km ほど走ったので 今朝は10km程度にしとこうかな。
30分走ったところで折り返そうとすると 何やら案内板が目に入った。

3.JPG

“ TWO LOVERS POINT ”
『とぅ〜 らばーず ぽいんと?』

150.JPG

英語が苦手なワタシでも..さすがに これは読めた。
それに若いカップルのキスの絵で デートポイントだということが理解できた。

しかし悲しいかな..それがグァム観光の定番 “ 恋人岬 ” だということは この時点では分からずであった。
(分かっていたなら引き返していたかもしれない..)

案内板通りに脇道に逸れるが 車が全く通らず..大丈夫かな?..と少し不安になる。
住居も一軒も見当たらず、人の気配など全く無い。

出発前に、ランニング中に暴漢に襲われてバットで殴られ..という記事を読んだので一応警戒しながら奥へと進んでいく。

4.JPG

襲われても腕時計とデジカメしか身には付けていない。
けど 早朝だしなぁ。
まぁ 大丈夫だろうと思うも草むらで音が鳴るとスピードが上がるワタシであった。

え〜..なかなか次の案内板が出てこないぞ?.. と思っていたら何やら見えて来た。

4A.JPG

これを左だな..

4B.JPG

矢印に従い奥へと奥へと進んでいく。

おおーッ..着いた!! かな?

7.JPG

そこには観光客も誰も居ず、ただ青い空と青い海が広がっていた。

8.JPG

はッ!?
まさか??

永遠の愛をロックする..ハート・ロック・ウォールを見て ようやく気付く。

9.JPG

グァムには何度か来ている..。
けど こんな ちゃらけた場所になんて絶対行くもんか!!..と思っていた。
その “ 恋人岬 ” に知らずに 初めて訪れていた。

正直に言おう。

感動〜 キレイ〜!!

これが昼間で 観光客が わんさかいたら 『 ふん!! こんなもの..』 と声を出して言ってるはずだが、この景色を独り占めだと話は別だ(笑)

ほんと素敵な場所。

こんな感じで へそ曲がりは 旅を楽しむのであった。

日中はゴロンとしながらビールを楽しむ。
本は予定通り2冊読み上げた。

115.JPG

自然を相手に 何するでもない..こんな旅が自分には合っている。

2020年は こうして幕を開けた。

120.JPG

ここから ほとんど休みの無い1年が始まる。
今年もバリバリと行くか〜!!

― 皆さま..本年も変わらぬお付き合いのほど 宜しくお願い申し上げ ます ―
posted by osuechan at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記