2020年02月25日

奈良ニュル(前編)

“ 奈良ニュル ” と呼ばれる道路があるらしい。

でもそれは正式名称でもなく..ナビに打ち込んでも出てこない。

“ ニュル ” とは、ドイツにある世界一 過酷と言われるサーキット “ ニュルブルクリンク ” のこと。
通称 “ ニュル ”

そして そのニュルが奈良県内にもあり、巷で “ 奈良ニュル ” と呼ばれ ライダーや車好きが集まるという。
しかしそれはサーキットではなく一般道路。

そのあたりのことを詳しくお聞きしようと..月ヶ瀬にある車好きの聖地 『 カフェセブン 』 に向かった。
その世界の名車が集まるカフェセブンのことも色々と書きたかったし、奈良ニュルのスタート地点が このカフェの近くだと知ったので。

着いた!!

のだが..

ガーン..

1AA.jpg

なんと..お休みだったのである。

祝日はお休みなのか?
そう思い うろうろしていると..中から人が出てこられて 「Facebook でお知らせしているように 2月は休業してるんです..。」 ですと。

そんなの じぇんじぇん見てなかった..そうだったんだぁ。

24.jpg

あ〜 ほんとだ..

この日に計画していたこと、ブログに書こうと思っていたこと..全てが白紙になったのである。

仕方なく とぼとぼと車を走らせ 近くの 道の駅 “ お茶の京都 みなみやましろ村 ” にてトイレ休憩。

そこに貼ってあるポスターで 静かな森のカフェ “ Garden Café mim(ガーデンカフェミーム)” を知る。

予定もなくなったし..行ってみるかぁ。
と車を走らせること ほんのちょろっと..看板を見つけた。

2.JPG

この上がったところに駐車場があった。

25.JPG

数軒ほど立ち並ぶ 手作りハウスの一軒から 「 こちらです。」 との声が聞こえた。

見るとそれは可愛いカフェ..文字通り 静かな森のカフェだったのだ。

3.JPG

中を覗くと オーナーさんとご友人が珈琲を飲みながらお話をされていた。
厨房には シェフ兼ウェーターである その息子さん。

4.JPG

ドリンクと その裏にはピッツァとパスタの数種類がメニューに書かれていた。

5.JPG

イタリア民謡らしき曲が流れているが本格的なイタリアンといったものではなく、ホントに静かな森のカフェ..といったところ。

傷ついたワタシは この森の中で空腹を満たし

6.JPG

落ち着きを取り戻したのである(笑)

7.JPG

聞けば このお店も

8.JPG

隣にあるシェフの住居に 奥にあるオーナーの住居、さらには鶏舎に至るまで

9.JPG

全て DIY で建てられたのだと 優しい口調でシェフが話される。
それは過去に そういった仕事に従事していた訳でも 他に経験がある訳でもないというが、素人施工でここまで出来るのかと感心させられた。

ここで精気を取り戻したワタシは カフェセブンで聞かずとも “ 奈良ニュル ” を走破しようと..iPadを開けた。
そう、奈良ニュルを走られた方々のブログを通して情報収集に努めた。

先日に取り付けた ディバーターバルブ
の動きも 奈良ニュルで体感してみたかったことだし。

そんなこんなで 次回、奈良ニュルの全貌に迫ります。
大した話にも膨らまないですが(笑)

あっ..カフェセブンは3月以降に再チャレンジということで(汗)

posted by osuechan at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記