2020年08月26日

まさかの伊右衛門茶 CM ロケ地

『 宮沢りえさんと本木雅弘さんが ここに座られまして.. 』
『 えっ、なんですって? 』

1.jpg

これとは違うCMで興味を抱いて訪れた この地で..
意外な展開が待っていた。



大和ハウスグループ 共創共生シリーズの中の「奈良・通り庭」篇を観て、江戸時代の姿が今なお残る この町並みを知ることになります。
※青字・画像・大和ハウスロゴのいずれかをクリックすればCMをご覧いただけます。

1A.jpg
1B.jpg
その大和ハウスのCMをイメージして訪れたのですが、想像していたより遥かに多かった 古民家の数。

2.jpg

今井町には 約500棟の伝統的建造物があり..それは地区内の数としては日本一だと言われているようです。

もちろん住居だけではなく、江戸時代から続くという酒蔵や

3.jpg

ピーナツ入り きぬこし豆腐が有名な とうふ屋さん..

4.jpg

または町家をリノベーションしたレストランやカフェなども多数あります。

ワタシも珈琲が飲みたくなって..早い時間から開けておられるカフェにて しばしの休憩。

9.jpg


11.jpg

この他、飲食店以外にも..何軒か見学のできる町家もあるのですが..

IMG_1215.jpg

その中の旧米谷家住宅にお邪魔した際、冒頭の話を聞いたワタシは目を丸くしたのでした。

『 こちらが伊右衛門シリーズのCMロケ地なんですか? 』

6.jpg

それは 思わず大きな声で聞き直してしまうほど。

大和ハウスグループのCMに魅せられて、何の情報も持たずに ひょいと入らせていただいた この農家風の町家にて..まさか あのCM作りが行われていたなんて。

宮沢りえさんと本木雅弘さんが ここに座って撮影をされたと聞き..そういやそんなシーンのCMが何本かあったよなぁと映像が頭に浮かんだ。

8.jpg

へ〜..あのシリーズ、ここがそうだったのかぁ。

7.jpg

この時点で大和ハウスグループのCMはワタシの頭の中から押し出され、伊右衛門CM 一色になっていたのである(笑)

ブログを書くに当たって調べてみれば、それら以外にも多くの映画やドラマのロケ地としても使われていることが分かりました。
確かに これだけの規模を誇る江戸時代の町並みは そうないものなぁ..当然と言えば当然か。

納得と同時に ご存じない方がいらっしゃったなら お伝えしたいと思い、今回書かせていただきました。
伊右衛門茶を片手に写真を撮りに来るだけでも絵になるかと思いますので。

最後になりましたが..
今井町について 教えてくださった大和ハウスグループさんには まずお礼を言っとかなきゃ.. ありがとうございました(笑)
posted by osuechan at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月21日

居醒の清水(いさめのしみず)

伊吹山山頂に祀られるヤマトタケルノミコト
(古事記や日本書紀などに伝えられる伝説的英雄)

1AA.jpg

日本書紀では日本武尊(やまとたけるのみこと)
古事記では倭建命(やまとたけるのみこと)と表記される。

さて..そのような日本古代史上の英雄が なぜ伊吹山に? というと

今から2千年ほど前、日本武尊は伊吹山の荒神を退治しに伊吹山に登りますが、途中で白い大きな猪と出会います。日本武尊はこの猪を「伊吹の荒神の使いの者」と思い、「今殺さなくても、帰りに殺してやろう」と言われたが、この猪こそ伊吹の荒神自身だったのです。荒神は日本武尊の言葉を聞いて大氷雨(雨と霧)を降らせ日本武尊は命からがら下山します。

..とあります。(伊吹山ドライブウェイHPの伊吹山豆知識より)

そのような伝説があり、山頂にヤマトタケルノミコトが祀られていたのでした。

実は これには まだ続きがありまして..

日本武尊は伊吹山の麓に湧き出る清水のもとで休みようやく正気を取り戻します。 この清水が 居醒の清水と言われており、現在でも手の切れるような清水が湧き出ています。

簡単に言えば.. 伊吹の荒神にフラフラにさせられたヤマトタケルノミコトが伊吹山から下山して醒井に辿りつき、ここの清水を飲んだり体を冷やしたりすることで目が醒めて体の具合がよくなったというお話。

そのような言い伝えから醒井の湧き水のことを「居醒の清水」と呼ばれるようになるのですが..
こりゃ面白そう!!..と 伊吹山の帰り道.. その「居醒の清水」に立ち寄って来ました。

2.jpg

こちらは滋賀県米原市にある JR 醒ヶ井駅のすぐ近く。
(醒ヶ井と醒井は同じ地で同じ読み方 ⇨ さめがい)

3.jpg

醒井は中山道61番目の宿場町。

14.jpg

地名の由来ともなる「居醒の清水」を源流とした地蔵川沿いに

6.jpg

今尚、かつての面影を残す..風情ある街並みです。

15.jpg

ちょうど この季節は 地蔵川の梅花藻(バイカモ)が花を付け、観光客やカメラマン達で賑わっていました。
どちらかの放送局でしょうか..テレビ局のカメラクルーも撮影をされていました。

16.jpg

肝心の居醒の清水ですが..この加茂神社の境内脇の石垣の下から湧き出ています。

27.jpg

平成20年6月には 『 平成の名水百選 』 に選ばれており、この宿場町を訪れた旅人の癒しに..また醒井の人々にとって欠かせない生活の水となっています。

7.jpg

地蔵川の梅花藻は今月末まで楽しめるようなので ご興味のある方は、是非 伊吹山とセットでヤマトタケルノミコト伝説をお楽しみいただきたいです。

17.jpg
posted by osuechan at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月18日

伊吹山に魅せられて

山頂に立つと、ワタシの体を雲がすり抜けていく。

42.jpg

こんなにも早く流れる雲を体感するのは初めてだった。

風が強く、視界が開くと..そこは琵琶湖を望む絶好のロケーション。


伊吹山を登ったことがなかったのですが、伊吹山ドライブウェイのスカイテラス駐車場を利用すると 軽い登山で山頂まで行けることを知り、ドライブと登山の両方を楽しめるのなら行く価値ありと..名神高速を飛ばした 8/16 お盆最終日。

関ケ原ICで降り、伊吹山ドライブウェイ料金所を過ぎたのは午前6:30
(利用者が少ない この時間帯が是非お勧めです。
ハイシーズンでは9時頃から交通量が増えはじめてノロノロ運転となります)

絶景を楽しみながらの 全長17km

3A.jpg

午前7時前の駐車場状況は お盆であっても この通りガラ空きです。

5.jpg

前日に電話で問い合わせたところ..
8/15は10時頃から駐車場待ちの渋滞が始まり、それが お昼前には1km以上つながっていたとのこと。
(ここはかなり重要ですので 季節によって前日に確認することをお勧めします)

伊吹山山頂へは 3つの登山道があり、どれも気軽に楽しめるコース。
ワタシは緩やかな勾配で 1km 40分の西登山道コースで目指します。

7.jpg

標高1377mの山頂は じっとしていると少し肌寒く19℃ほど。

駐車場では さほど感じなかった風は 音を立てて雲を連れてきます。
それは暗黒の世界とスカイブルーの世界が かわるがわるやってくるといった具合に。

8.jpg

しかしまぁ..天然のクーラーは快適でして、パワフル急速冷房の強レベル相当でしょうか..下界の連日の猛暑からは想像できない涼しさです。
そこでは皆さん珈琲を楽しんだり カメラを楽しんだりと 各自さまざま。

17.jpg

ワタシもブログ用に写真を撮ったり動画撮影したりと、大自然を満喫します。

21.jpg

春も秋も花々が美しく素敵でしょうが、清涼感あふれるこの季節の早朝登山も是非お勧めしたいところ。
夏に咲く高山植物たちも可愛く出迎えてくれ 心が和みます。

ドライブ アバルト好きや(笑) ハイキング好き方に 簡単な説明動画を撮ってきましたので 興味がおありでしたら どうぞご覧くださいませ。


posted by osuechan at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2020年08月11日

熊野三山

那智黒の味わいを とろ〜り楽しむ..
― 元祖黒飴ソフトクリーム ―
IMG_1112.jpg

似合わないですね〜..ワタシと甘いもの。

そう、大の苦手だということは 皆さんご存じのところ。
でも この地を訪れたならば ブログのために食べないといけないような気がして..(笑)


熊野古道を時間を掛けて巡ってみたいのですが..お商売をさせていただいている身なので 夢を叶えるのは まだまだ先のこと。

熊野古道とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称。
ならば今は車でもいいんじゃない?..と熊野三山を巡って参りました。

道中では 本州最南端の地、潮岬灯台へも寄り道。

IMG_1074.jpg

青く輝く美しい海を前に、毎年台風中継では お世話になっております..とペコリ。

IMG_1075.jpg

阪和道、湯浅御坊道路経由で来ましたので、熊野那智大社 ⇨ 熊野速玉大社 ⇨ 熊野本宮大社の順に お詣りをさせていただき..帰路はR168を予定。
ただ..このコースを大阪からとんぼ返りとなると 結構な距離を走ることとなり、それなりに気合いが必要であります。
でも時間的に余裕のないワタクシ..日帰りで頑張るしかございません。


実のところ..関西に住んでいながら この歳になるまで 熊野三山どころか那智の滝さえも この目で見たことがありませんでした。

最初に訪れた 朱色が際立つ熊野那智大社。

IMG_1086.jpg

拝殿にてお詣りを済ませ、那智の滝に向かって歩いていると..額縁に収められたような景色が目の前に現れます。

それは三重の塔と その背後の那智の滝。

IMG_1098.jpg

その調和は見事としか言いようがなく..初めて訪れたワタシの胸に響きます。

滝のたもとへ引きつけられるように石段を下っていきますと..
そこは 那智の滝自体を神様の宿る御神体として祀られる飛瀧神社(ひろうじんじゃ)。
(熊野那智大社の別宮)

IMG_1108.jpg

この壮大な滝を見た古代の人々は 自然に神様が宿っていると感じたのではないでしょうか。
その受け継がれてきた歴史に思いを馳せながら、神聖なる気持ちで手を合わせます。

このあと続いて熊野速玉大社..

IMG_1120.jpg

熊野本宮大社の順に お詣りをさせていただきました。

IMG_1125.jpg

印象に残ったのは 熊野本宮大社の狛犬で..

IMG_1124.jpg

しっかりと新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けていました。

さて この日のお昼に選んだのは.. 熊野速玉大社 参拝前に立ち寄った “ 総本家めはりや ” さん。

IMG_1117A.jpg

地方に行けば必ずその地の郷土料理をいただくことにしているのですが..熊野地方の郷土料理といえば めはりずし。
ご存じ 高菜の葉でくるんだ おにぎり。

IMG_1114.jpg

実はこれが大好きでして ワタクシ..
こちらでは注文を聞いてから ぬくぬくを握ってくださいます。
いやいや これはほんとクセになります(笑)

..とまぁ 乗り心地の悪いおにぎり号での熊野三山巡り、このような感じで無事終了。
泊まって翌早朝に帰阪することも考えましたが 仕事も用事も次々と頭に浮かんできまして..アクセルを踏み続けることとなります。
(7:30出発 / 20:00帰宅)

いつかはリュックに めはりずしを詰め込んで、歩いて熊野古道を楽しむことを夢見て..。
posted by osuechan at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月04日

UFOライン

高知県と愛媛県にまたがる “ UFOライン ”

1.jpg

標高 1300m〜1700m に位置するドライブコースで 天空の道とも呼ばれる。

天に近いから UFO と遭遇するかも?
UFO と交信した人がいるのか?
まさか宇宙人が作った道路だったりして?

詳しく調べていないので その名については知らぬところではありますが、前々から気になっておりまして..行ってみたいなぁと。

そんな中..先日、別件で高知へ出向くことがございまして..
この機会を逃してはならぬと 少し寄り道をして走って参りました。

2.jpg

国道194号線の寒風山トンネルの東側辺りから よさこい峠までの区間で、どちらの地面にも このように『 UFO ライン 』 と書かれているので

3.jpg

迷うことは ないかと思われます。

簡単に説明動画も撮ってきましたので、ドライブ好きの方や ハイキングやサイクリング等、興味のある方はご覧くださいませ。


posted by osuechan at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記