2020年02月10日

紀州富士

和歌山県に 富士山に似ていることから紀州富士と呼ばれる山がある。
実際の名前は “ 龍門山

標高は 756m と高くもなく、トレッキングにはもってこいだ。
それに この絵に強く魅かれていた。

9A.JPG

これは龍門山最大の蛇紋岩で “ 明神岩 ” と呼ばれるもの。
ワタシもここに立って 写真に納まりたい!!..と 安易な気持ちで 龍門山に向かった。

夜中に仕事を済ませ、龍門山登山者用駐車場に到着したのが8時40分。

1.JPG

どこにでもある山並みが続くが..どこが富士山なの?

あとで調べて分かったのだが..紀ノ川下流から見ると 富士山の形に見えるそうなのだ。
しかし この時は そんなことを調べる時間さえなかった。

と言うのも どうしても ランチの時間に間に合わせたかったのだ。
ここから2つ隣町の九度山町に お昼しか営業されていないグラタン専門店がある。
そこは 一日の内、11時から14時までの3時間しか営業されていない。

龍門山登山であるが ハイキングガイドを見ると 約10km / 4時間のコースと書かれていた。
8時40分出発➠12時40到着➠グラタン専門店13時10分到着
無謀にも このような計画を立て、冒頭の写真にある明神岩を目指すことにした。

3.JPG

龍門山ハイキングコースは 田代コース➠竜門山山頂➠明神岩➠中央コースの時計回りでのアタック。
参考にしたのは 『 とある関西人の外遊び 』 さんのサイト。
実に詳しく的確に ご紹介してくださっており、行き当たりばったりのワタシにとっては大助かりだったのである。

..と説明はこんなもんでいい?..急いでるもので。

4.JPG

途中、雪で滑って転んだり 沢山の美しい見どころがあったりするのだが..長くなりすぎてしまうので そのあたりを飛ばして えいやー!! と龍門山登頂。

5.jpeg

ここから中央コースで下っていき、明神岩を目指す。

6.JPG

そして念願の写真撮影なのだが..

『 でかい!! 』
無事 明神岩に辿り着くが その大きさに驚く。

8.JPG

龍門山最大の岩..その高さは なんと30mもあるというのだ。

で..そのベストショットとなるべく場所は?..と 断崖絶壁の明神岩の周りを へっぴり腰で探した。

あった!!

9SS.jpg

見た瞬間に出た言葉は..『 あかん あかん..死ぬ死ぬ.. 』

クライミング道具を身に着けないと到底 降り立てる場所ではない。
あの写真は..そんな危険な場所だったのである。

こうしてミッションを遂行できず..『 あ〜怖かったぁ。』 と何もなかったかのように 急いで下っていったのである。

下りはペースを上げたことで 予定時間を大幅に縮めた。
もう1つのミッションであるグラタンだけは食べたい。

なんとか間に合うように..と願いながら車を走らせた。
posted by osuechan at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187144213

この記事へのトラックバック