2020年02月21日

初パドルシフト

『 え〜..これどうするの? 』

7.JPG

少しドキドキ..人生初となるパドルシフト。
しかも勝手の違う右ハンドル。
この2点が違うだけで すごく違和感を覚えた。


オイル交換と定期点検で アバルト大阪東を訪れた。

1.JPG

退屈な待ち時間..。

2.JPG

『 ほっと社長、特別仕様車に試乗されますか? 』 と声を掛けられる。
おお〜 退屈しのぎにいいじゃない..とスタッフに付いて表へ。

4.JPG

わくわく。
どれに乗せてもらえるのかな?

聞けば 八光自動車のチューニングブランド “ ディベルティ ” のデモカーと

6.JPG

ASSOのチューニングカーの2台。

5.JPG

試乗コースはどちらも阪神高速環状線だという。

はは〜ん..なるほど、狙いが読めた。

ワタシにチューニングカーを体感させ 気に入ったところを聞き出してセールスを掛けてくるに違いない。
きっと 『 いいでしょ〜 いいでしょ〜!! 』 と責めてくるのだろう。

でもワタシのおにぎり号には ディベルティ戸田レーシングが共同開発したサスペンションキットが すでに組み込まれているし..今さらASSOのサスペンションを味わったところである。

ならばコンピューターチューンを体感させて いいでしょ〜!! 攻撃を仕掛けてくるのか?

などと考えながらチューニングカーに乗り込んだのだが..

14.jpg

そんな足回りや加速感を体感する前にパドルシフトに慣れないのだ。

右手でシフトアップ、左手でシフトダウンと 簡単なのだが ワタシの左足はクラッチを踏みたがっていてうずうずしているし、まず頭で考えてしまって素早い対応ができずに もどかしい。
それに加えてハンドル位置が ワタシのおにぎり号の反対側だということで ポジショニングもしっくりとこず 馴染めない。

そんなこんなで あっという間に2台の試乗は終わったのであった。
..最初で最後のパドルシフトになるのかも知れない。

ただ、試乗中にワタシのおにぎり号の気になる点を 助手席に座るスタッフに色々とお聞きしたところ これを付けましょうか..ということになった。

8D.jpg

チューンに詳しい方なら ご存じかと思われるが “ ディバーターバルブ ” というもの。

9.JPG

そう、結局は何か買わされたこととなるのだ(笑)

さてそのディバーターバルブとは?

ん〜..簡単に言えば雰囲気を楽しむものとお思いください。
詳しくはお会いした時にでも。

どうぞ皆さま 良い連休を。
ワタシも 連休に出勤してくれる部長に見つからぬよう これを楽しみにドライブに出掛けてきまーす。
posted by osuechan at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187185535

この記事へのトラックバック