2020年08月11日

熊野三山

那智黒の味わいを とろ〜り楽しむ..
― 元祖黒飴ソフトクリーム ―
IMG_1112.jpg

似合わないですね〜..ワタシと甘いもの。

そう、大の苦手だということは 皆さんご存じのところ。
でも この地を訪れたならば ブログのために食べないといけないような気がして..(笑)


熊野古道を時間を掛けて巡ってみたいのですが..お商売をさせていただいている身なので 夢を叶えるのは まだまだ先のこと。

熊野古道とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称。
ならば今は車でもいいんじゃない?..と熊野三山を巡って参りました。

道中では 本州最南端の地、潮岬灯台へも寄り道。

IMG_1074.jpg

青く輝く美しい海を前に、毎年台風中継では お世話になっております..とペコリ。

IMG_1075.jpg

阪和道、湯浅御坊道路経由で来ましたので、熊野那智大社 ⇨ 熊野速玉大社 ⇨ 熊野本宮大社の順に お詣りをさせていただき..帰路はR168を予定。
ただ..このコースを大阪からとんぼ返りとなると 結構な距離を走ることとなり、それなりに気合いが必要であります。
でも時間的に余裕のないワタクシ..日帰りで頑張るしかございません。


実のところ..関西に住んでいながら この歳になるまで 熊野三山どころか那智の滝さえも この目で見たことがありませんでした。

最初に訪れた 朱色が際立つ熊野那智大社。

IMG_1086.jpg

拝殿にてお詣りを済ませ、那智の滝に向かって歩いていると..額縁に収められたような景色が目の前に現れます。

それは三重の塔と その背後の那智の滝。

IMG_1098.jpg

その調和は見事としか言いようがなく..初めて訪れたワタシの胸に響きます。

滝のたもとへ引きつけられるように石段を下っていきますと..
そこは 那智の滝自体を神様の宿る御神体として祀られる飛瀧神社(ひろうじんじゃ)。
(熊野那智大社の別宮)

IMG_1108.jpg

この壮大な滝を見た古代の人々は 自然に神様が宿っていると感じたのではないでしょうか。
その受け継がれてきた歴史に思いを馳せながら、神聖なる気持ちで手を合わせます。

このあと続いて熊野速玉大社..

IMG_1120.jpg

熊野本宮大社の順に お詣りをさせていただきました。

IMG_1125.jpg

印象に残ったのは 熊野本宮大社の狛犬で..

IMG_1124.jpg

しっかりと新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けていました。

さて この日のお昼に選んだのは.. 熊野速玉大社 参拝前に立ち寄った “ 総本家めはりや ” さん。

IMG_1117A.jpg

地方に行けば必ずその地の郷土料理をいただくことにしているのですが..熊野地方の郷土料理といえば めはりずし。
ご存じ 高菜の葉でくるんだ おにぎり。

IMG_1114.jpg

実はこれが大好きでして ワタクシ..
こちらでは注文を聞いてから ぬくぬくを握ってくださいます。
いやいや これはほんとクセになります(笑)

..とまぁ 乗り心地の悪いおにぎり号での熊野三山巡り、このような感じで無事終了。
泊まって翌早朝に帰阪することも考えましたが 仕事も用事も次々と頭に浮かんできまして..アクセルを踏み続けることとなります。
(7:30出発 / 20:00帰宅)

いつかはリュックに めはりずしを詰め込んで、歩いて熊野古道を楽しむことを夢見て..。
posted by osuechan at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187795127

この記事へのトラックバック