2013年05月25日

日本最後の清流 番外編3

四万十川をアタックする前日に泊まったのが..須崎市にありますお遍路さんのお宿。

“ 月の名所 桂浜 ” を見ながら一杯やり...
土佐伝統製法の鰹のわら焼きたたきをいただきながら..これまた一杯。

そうして...高知海岸に足を放り出して..zzz..。

再び意識を取り戻し..お遍路さんのお宿には夕方に到着するのですが
そのお宿へ向かう途中も沢山のお遍路さんとすれ違いました。

31.JPG


基本的にポタリングツアーでは高価なホテルに泊まらないのが原則。

もちろんマイルールですが。

その土地の風土、人に触れることを大前提とする旅なのです。
考え方としましては..旅と言うよりも..ふれあいの場を求めて。

ある時はバックパッカーが集まるゲストハウスで
ドミトリーと呼ばれるお部屋で外国人と一緒に泊まったりもします。

今日お世話になる “ お宿 なずな ” さんも少し変わったお宿。

33.JPG


お部屋は全部で6部屋ぐらいあるのでしょうか?

しかし基本..一人一部屋と言う対応。

34.JPG


そう....

全国各地から..四国の八十八ヶ所の霊場を巡拝にやって来られる方々の為のお宿なのです。

見ていますと..皆さん白衣に遍路笠をかぶり...杖をつかれてやって来られます。

そこに...カラフルなスポーツウエア姿で
真っ黒なサングラスにイヤホンを耳にさした..酔っ払いのおっさんが
自転車に乗って現れるのですから皆さん驚愕の眼差し。

『 場違いなやっちゃなぁ〜!! 』 と..お思いのことでしょう。


そんなアンバランスの中....
晩ご飯の時間ともなると..全国各地の皆さんとお同じテーブルにてお食事を。


ここからがワタシの大好きな時間。

何がって!?

39.JPG


この名勝・桂浜のおひざ元にある蔵元の “ 酔鯨 ”をいただきながら
初めてお会いする..全国各地の方々とお話することが。

『 おたくは..どっから来はりましたん? 』 などとやるのです。

この日は東京からお一人でやって来られたという女性と楽しくお話をさせていただきました。

美味しいお料理を前に。

35.JPG


今夜のメニューは..ご主人が釣って来られた黒鯛のお造りや煮付け...
また..おかみさんの畑で収穫された..新鮮なお野菜を使ったお料理。

36.JPG37.JPG


さて..この東京の女性ですが..もう何度も四国へ来られて巡拝されているとのこと。

ワタシはお遍路さんのことをよく知らないので..色々と彼女にお聞きしました。

そうしますと....

『 お遍路さんとは..かくかくしかじかなんですぅ。 』  ご興味のある方は..ぽちっと

『 へ〜..そうなんですかぁ。 』 とワタクシ。

何年も掛けて八十八ヶ所の霊場を巡られる方もいらっしゃいますし
一気に八十八ヶ所を達成される方もおられるそうです。

目的は違うものの....なぜかこのワタシの愛するポタリングや
てくてくウォーキングに共通するものがあります。

...なかなか勉強になりました。


夜の消灯は早いもので9時にはお宿の電気が落ちます。

疲れ切ったお遍路さんへの気遣いなのでしょう。

これが早寝のワタシにとってすごくありがたく。

朝は3時前から..もそもそ動き始め海辺を散歩。
朝食は6時半と...こちらもお遍路さんに合わせたお時間。

40.JPG


四万十へ向かうワタシとしましては
この時間の割り振りが日中を無駄なく有意義に使え..大満足。

そうして..“ 日本最後の清流の旅 ” を予定通り成し遂げることに。


....とまぁ..四万十川をアタックするに至るまで
色々な形を持って皆さんのお力をいただいた次第であります。

この最後にご紹介いたしました “ お宿 なずな ” さん...
GWに..しかもこんなに豪勢な夕食と朝食を食べさせていただいて....

なんと!?...一泊6800円。 (お酒代だけ別)

いいお値段を出して..きれいなホテルや旅館に泊まる旅もいいでしょうが
このような温もりのある一幕も味わいがあっていいものです。

また時間が取れましたら新しい出会いを求めて相棒と出掛けてみます。

長きに亘る..“ 日本最後の清流紀行 ” にお付き合いくださりありがとうございました。
posted by osuechan at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味
この記事へのコメント
四国巡礼…したなぁ、幸タクと。
息子を亡くしてから何かに取りつかれたように
巡礼を始めた幸タク。そして、その時無職だった私がお供。歩いて巡礼されている方々には申し訳なく思いながら、甥っ子達のお世話もあったので車で何日かに分けての巡礼。でも、簡単に車でスィ〜っと行ける所もあれば、長い階段や坂道をエンヤコラと登らないといけない所もありまして、結構しんどかったのを覚えております。
幸タクは次回は歩いてと言っていたのですが、現在は熊野古道に魅せられております(笑)
Posted by 枚住 at 2013年05月27日 10:57
そういや..そうでしたね...枚住さま。

しかしまさか..枚住さまもお供されていたとは。

ワタシが出会った方にも..大変な箇所もあるとお聞きしました。

しかしそのお遍路さんも
近頃は自転車で回るのもありとか言っておられましたよ。

その幸タクさんも今や熊野古道に!?

ワタシも興味があるところ...。

ただ忙し過ぎて..時間が...。
Posted by ほっと社長 at 2013年05月27日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68320839

この記事へのトラックバック