2014年12月19日

五輪に寄り添うカジノ

今回はすいません..政治・経済・金融のお話でして、興味がおありの方のみに発信です。

先月11月21日に衆議院が解散し、一旦..廃案の形となった  カジノ推進法案 

カジノを含む統合型リゾート(IR)の運営を解禁するための法案ですが..2020年の東京オリンピック・パラリンピックに間に合うように再度調整してくるであろうと弊社ファイナンシャル事業部では考えます。

001.jpg


現在、日本で合法化されているギャンブルは..ご存じ..お馬さん、自転車、ボート、バイク等のレースや..サッカーもそうか?..あと宝くじなど。

002.jpg


ワタシはどれもいたしませんが..観光立国を目指す安倍ちゃん一味は、それら既存の合法ギャンブルではなくマカオやシンガポールのようにカジノリゾートを建設し..その東京オリンピック・パラリンピックの開催までにカジノビジネスを始動させたいところ。

005.jpg


総理自ら2020年に向けて訪日外国人数を現在の約2倍の2000万人に!!..と息巻いておりますので..カジノ推進法案は是が非でも成立させたいことでしょう。

003.jpg


その法案が..もし成立すれば地域振興型といわれる統合リゾート施設が誕生することになるのですが...

それはカジノのみならず..ホテル、劇場、パーク、ミュージアム、MICE施設などを一つの区域に含む統合施設。

007.jpg


当然それらにまつわるインフラ整備も含む訳で..建設・不動産、ゲーミング機器の製造会社をはじめ、カジノ施設以外のホテルや小売り・飲食店、旅行業、エンターテインメント関連業など、さまざまな企業がIR市場に参入し始めることが予想され、大量の雇用創出も生み出すことに。

安倍ちゃん陣営は..これらがもたらす経済効果を見過ごす訳がございません。

010.jpg


その裏付けとして..今回の選挙公約にカジノの建設や推進を明記していたことが判明しております。
11月25日の段階では含まれていなかったと言われていますので異例の公約変更だと言えます。

それともう一つ、今回の衆院選で自民党の比例東京ブロックで当選した鈴木隼人氏(37)ですが...
彼はなんと..カジノ推進派でパチンコなどを手掛けているセガサミーグループ里見治総帥の娘婿。

008.jpg


彼らの結婚式には安倍首相をはじめ、政財界の大物が顔を揃えたと言われていますので..この時からすでにカジノ推進法案成立に向け動き出していたのでしょう。

このように..着々とちょこざいな攻撃で足場を固める安倍ちゃん一味。

そしてそれら材料から判断し、買収するかのごとくセガサミー株を買い増し続ける弊社ファイナンシャル事業部。

この結末はどうなるのか?...もう少し時間を要しますが目が離せなくなるかも。
posted by osuechan at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2014年11月06日

官製相場

今回は申し訳ありませんが..弊社ファイナンシャル事業部に寄せられた質問にお答えする場となります。

先週金曜日の午後に放たれた日銀黒田総裁の 『 バズーカ砲 』 

AAA.jpg


驚いたのは..我々トレーダーやディーラー、証券アナリストのみならず..ヘッジファンドさえも度肝を抜かれた奇襲攻撃。

その日の朝刊では..
世界最大級の機関投資家である GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用指針を見直し、国内債券の割合を今の60%から35%に引き下げ、国内外の株式を12%から25%にそれぞれ大幅に引き上げると発表されており..まさにダブルバズーカ砲。

市場の動向はメディア等で報じられたとおり、円は急落..

EEE.png


株は急騰。

DDD.png


サプライズの内容については..ワタシが改めて繰り返すことでもありませんが...
質問が多かったのは、株式市場において..こうした予想外のメガトン級金融緩和策では短期的にどういった銘柄に着目すればいいのか?..です。

ワタシの経験上では..当然ながら業績の良い輸出関連銘柄..並びに証券商品先物銘柄や..不動産業またはノンバンク、消費者金融関連銘柄。

FFF.jpg


そこで良く聞かれるのが..『 なんで消費者金融株が金融緩和で騰がるの?? 』 です。

今回のように追加金融緩和を行うという事は..日銀が国債を買い入れる事で国債の価値が上がり、長期金利の低下に繋がります。

平たく大阪弁で言えば 『 安い金利でゼニが借りれまんねん!! 』

さぁ..そこでです。

その借り入れによって資金調達をしている企業といえば不動産業や消費者金融業。
賃貸料や貸金で生業を立てる業者は低金利で資金調達でき、利ざやが改善..金融緩和の恩恵をまともに受けます。

そう..いわゆる金利敏感株。
そのような訳で消費者金融関連銘柄に買いが集まるのです。

この関連銘柄では..さらにもう一つ着目したいことがあります。
それは自民党が検討している..“ 貸金業の金利規制緩和 ”

それは..一定の条件を満たす貸金業者を『 認可貸金業者 』 と認定し、その認可業者に限って上限金利引き上げるというもの。

いや..引き上げるといえば語弊があるか?...『 戻す 』 が的確か。

・・・かつて..
バブル崩壊後の景気低迷が長引く中..多重債務者を相手に暴利を課して過酷な取り立てを行っていた闇金融が社会問題化してたことを記憶されているかと。

その辺りから罰則強化等を盛り込んだ闇金対策法で闇金業者が締め付けられることに。

さらに2006年には利息制限法を超えたグレーゾーン金利は過払い金返還請求の対象となり...

さらにさらに..グレーゾーン金利の撤廃!!
並びに個人の借入限度額を年収ベースで規定した「 総量規制 」を含む、さらなる法改正が!!

やがてこれらが 『 貸金業法 』 という法律名で 2010年に完全実施となり..悪徳闇金業者は減少していくことに。

GGG.jpg


しかしその反面、中小零細企業や個人事業主が一時的な資金を消費者金融から借りにくくなり..倒産件数が伸びたのも事実。
中小企業金融円滑化法も一時的で..すでに終了していますし..。

景気を下支えする中小零細企業がこれではあかんがな!!
..てなことで自民党が貸金業法の再改正を検討することに。

銀行融資を受けにくい中小零細企業や個人事業主が一時的な資金を消費者金融から現状より借りやすく..
さらに貸付金額に応じて15〜20%に制限している利息を、2010年まで有効だった29.2%に戻すというもの。

そうなると当然..消費者金融の業績回復は間違いなし。

日銀黒田総裁の 『 バズーカ砲 』 を受け、今度は政府の規制緩和を待ちたいところ。

BBB.jpg


少し幅の広がるお答えとなりましたが...
そんな訳で当ファイナンシャル事業部では消費者金融関連銘柄を推奨するのです。
posted by osuechan at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済

2013年09月12日

涙の訳

『 TOKYO 』

2.jpg


何度聞いたことでしょう。

先日の日曜日....
早朝から2020年夏季五輪開催地の決選投票を...固唾を呑んで見守っておりました。

終わってみればイスタンブールに圧勝でしたが...やはりドキドキでありました。

決まった瞬間、プレゼンテーションをされたフェンシングの太田選手の泣きじゃくる姿。

泣いたはずみでコンタクトレンズを落としてしまったというのですから
涙もろいのがご自身でお分りなら...
メガネで行くとか考えなかったのでしょうか..(笑..)

12.jpg


....かというワタシも...ひとり事務所で泣きじゃくっておりましたが...
その点ワタシは偉く..しっかりとメガネであります..(笑..)


その夏季五輪ですが..1964年の第18回大会以来なんと56年ぶり!!
アジアの都市では初めてとなる2度目の開催。

中国の国営新華社通信は8日未明、至急電で
『 イスタンブールが開催権を獲得した!! 』 と誤報を流したり

4.jpg


お隣のお国も阻止する運動を展開してみたりと

11.jpg


一流の嫌がらせをお見舞いくださいまして...
恐らく両国とも..ムカついてムカついて仕方のないことなのでしょう。


その一方...2016年招致での失敗もあって
自分たちの力を..この日本で遺憾無く発揮できるアスリート達にとっては喜びもひとしお。

こんなワタシでさえ..その喜びも十二分に理解できます。

その皆の思いがひとつになり..勝ち得た 『 TOKYO 』 でしょうから
太田選手がコンタクトレンズを落としてしまうのも無理がありません..(笑..)


しかし...その彼等の涙とは少し??...いや、だいぶんと違うワタクシの涙。


 ここからの内容は一部マーケットに感心がおありの方々へ 

弊社ファイナンシャル事業部では...2024年のパリ開催の裏情報を信じ
2020年の欧州開催はないものと考え
開催地発表の株式市場前営業日に..不動産関連、JOCパートナー銘柄を買付。

7.jpg


東京開催が決定した翌営業日のマーケットは
インフラ整備の期待などから不動産、ゼネコン株が急騰。
観光業界の株価も上昇が期待され買われております。
若干、昨日の後場辺りから調整が入っていますものの...今週は大賑わいです。

中でも弊社事業部が大量に資金を投入したのは
東京都港区に本社を構える総合物流企業のケイヒン。

8.jpg


グループ全体で京浜地区に多数の拠点を持つ企業で
9/6時点でのPBRも0.8倍と割安でありました。

しかし悲しいかな...一番力を入れた割には勢いが小さ目か。

買付値より23%ほど上昇後...利益確定売りに押され伸び悩み。

それでもこのケイヒングループは、事業基盤の強化を行い業績の向上に努めている中で
オリンピック特需に沸く一角と見て押し目買いを継続中。
指標から見ましてもまだまだ割安かと。

・・・とまぁ...完全なるお祝い相場である今週のマーケット。

そんな中、このような銘柄まで市場では賑わうことに。

その企業とは 『 Olympicグループ 』 
東京・神奈川など南関東圏でスーパーマーケット・ホームセンターを経営する企業なのですが
名前に惑わされ、なんと寄り付き後に急騰してしまうのです。

9.jpg


こりゃ遅れちゃならん!!
...とオリンピック関連銘柄だと早とちりをした国内外の投資家の方々が
慌てて買い付けたのでしょうが

『 え〜!?..ちがうやん!! 』 と次々に売りこまれ....結局開催地決定前の水準へ。。

これには笑いましたが..それぐらい沸きに沸くマーケット。


やはりこの招致決定は泥舟ニッポンのマーケットにとっては大きかった。
安倍ちゃんの必死のパッチのうそ八百がよかった。

『 汚染水による影響は福島第一原発の港湾内で完全にブロックされている!! 』

『 福島原発事故を完全にコントロールしている!! 』

1.jpg


聞いている我々国民でも恥ずかしくなるようなウソッパチを
全世界に対して発言するのですから...よくやりました安倍ちゃん..(笑..)

また懸念材料だった..ダメリカの対シリア軍事介入は後退。

10.jpg


円相場はリスク志向回復の反動から売られ、一時..1ドル=100円台に下落。
アジアの混乱にも注意しなければいけませんが
この円安は続くものと考え、自動車・電機にも照準を合わせ..押し目買いといきたいところ。

シリア問題の影響を受けて、このひと月は好調な商品相場の石油、並びに金相場。
しかしそのシリア情勢も落ち着きを取り戻し
くすぶるチャイナリスクを考えますと強気にはなれずです。

債券ですが世界的なリスク後退により、米国の長期金利も異常な低金利状態から修正され
国債が急落してきております。

安全資産として買われていた国債が、リスク後退により下落しているのです。
国債価格と金利は反対の関係にあると言われていますので
金利が上がれば価格は下がり、金利が下がると価格は上がります。
本格的な景気回復に伴う金利上昇は国債を不人気なものとし買い手を失うことに。

そう考えますと....有り余る資金の行き場はやはり株式市場にしかなく
弊社事業部では..昨年11月からの歴史的大転換を遂げる相場は不変のものと考えます。

w.gif


このように株式市場は好条件が整い、近いうちに16000円を目指す展開となりそう。

しかしオリンピック特需に沸くニッポン...16000円など単なる通過点で、さらなる上昇に期待。
ここは皆さんもしっかりと押し目買いを。
posted by osuechan at 15:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済

2013年07月11日

リスク談義とディナー

修理に出していたグローブが直ったか?


いえいえ....修理は今週いっぱいかかるようで
スラッガ―の再生物語は次回にお届けできるかと....。


しかし今週は忙しい週であります。

月曜日から新規のお客さまや既存のお客様が入れ替わり立ち代わりお見えになられた上...
銀行さんや、さまざまな営業マンさんが所狭し弊社に押し寄せられます。

それ以外にも...見積書作成に企画書、対策書と..ひと息つく間もなく
分刻み...秒刻みの業務に襲われるワタクシ...。

梅雨も明け、酷暑が続けど..喉を潤しに出掛ける..と言った時間も当然なく....

・・・と言いたいところですが...これもお仕事でございまして(笑..)

こうして...まだお日さんの高いうちから電車に揺られ...

1.JPG


弊社ファイナンシャル事業部を代表いたしまして
今後の世界を取り巻く金融市場を..あらゆる視点から分析・予測し
これから沈みゆく泥船ニッポン丸から振り落とされないようにと...
夕食会を交えて意見交換の場へ行って参りました。

3.JPG


早い時間から電話に出ずに...すいません..ご迷惑をお掛けしまして。

打ち合わせを延期していただいた皆様方....ホントに申し訳ございません。

5.JPG


皆さまが探される中....ワタシはシェラトン都ホテルの最上階にて
乱高下する東京株式市場の動向や為替、暴騰する原油価格をはじめとする
商品市場についてお勉強会並びに...

6.JPG


美味しいものを囲んでの夕食会でございまして....

手当たり次第にお皿の空白地を埋めておりました。

8.JPG


取り過ぎたかしら?

いやいや..まだまだ!!...と自問自答を繰り返しながら..いやしくもお皿一杯に。

9.JPG


珍しくも焼酎や日本酒には目もくれず、ひたすらスパークリングワインを流し込み

10.JPG


酔いも手伝い....

FRB のバーナンキ議長がQE3の年内縮小を表明したことで
米国の金利上昇、株価下落を招き...それらが日本に与える影響について白熱した議論を。


チーズオムレツにナイフを入れながら...

11.JPG


チャイナリスクについて話し合ったり....

(世界を脅かす中国政府の許可を受けていない闇銀行..シャドーバンキング。
先日、中国の短期金利が1日で7%台から過去最高の13%台に跳ね上がるという
異常な事態が起きたことで..そのニュースが世界を駆け巡り金融市場がパニックに。
米金融大手JPモルガンのアナリストは、この影の銀行の融資残高は
中国のGDPの約7割にあたる36兆元(約583兆円)にのぼると試算しているのにもかかわらず
中国の金融当局はこの “ 闇の金融システム ” を
破綻させずに縮小するという...綱渡りのような金融政策に取り組んでいるようですが
いずれこれは世界が震撼するであろう中国版不動産バブル崩壊と言われています。)


やわらかい焼き立ての牛肉をいただきながら

12.JPG


エジプトの情勢不安がもたらす原油高について議論したり...

(原油価格高騰の背景にあるのは、軍の「クーデター」によるエジプト情勢の緊迫化。
この情勢不安で国際原油価格の上昇に歯止めが掛からない上..
足元では再び円安圧力も強まって..高騰に拍車がかかり..
世界企業の業績にも影響を与えるものと懸念)


最後はアベノミクス....

(その大胆な金融緩和が国債価格の下落を巻き起こし
金利上昇がもたらす円安とインフレ進行が国家債務の膨張....
そうして財政破綻。)


未来に起きるであろう..泥舟ニッポン丸の最悪のシナリオを楽しく??...議論し合って
厳しい内容とは裏腹な甘〜いスイートで締め...

7.JPG


そうして...危険なギラギラした目を持つ人達が集まる闇の会をあとに...。

こういった世界を取り巻く金融市場も非常に気になるところですが....

今..さらに気になるのは先日修理に出したグローブ。

....待ち遠しいのはワタシだけでしょうが...次回にご報告です。
posted by osuechan at 15:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 経済

2013年03月20日

グレートローテーション

のどかな春分の日に..ちょっぴり難しい話でごめんなさい。

今回は、ご興味おありの方のみ
弊社ファイナンシャル事業部より配信です。


相場は “ グレートローテーション ” と言うことで
世界の投資家達は資金を債券相場から株式相場へ移して参りました。

これで完全にトレンドが変わってしまいました。

もう何の銘柄を買っても騰がると言ったバブルです。

皆さんご承知、安倍ちゃん効果が現れてきたのです。

もちろんそれだけではなく....
2011年12月には、ECB(欧州中央銀行)のドラギちゃんは

1.jpg


ユーロ崩壊寸前に
107兆円もの紙幣を..魔法の杖を振って刷りまくり....


『 デフレ克服の為にはヘリコプターで紙幣を撒くべきやんけ!! 』

2.jpg


..と提言した事から “ ヘリコプター・ベン ” の異名を持つ
FRB(アメリカの連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は

3.jpg


量的金融緩和第一弾〜第三弾、いわゆるQE1・QE2・QE3と称して
これまた魔法の杖を振って数百兆円もの紙幣を刷りまくったのです。

そこへ安倍ちゃんの紙幣刷り刷り大作戦 “ ダメノミクス ”

4.jpg



まだほとんどの国民は..安倍ちゃんはエライやっちゃ〜!!...と褒めているところですが
こうした世界各国のばら撒き愚策は、いずれ子供たちの社会の本に登場することでしょう。

超インフレを巻き起こした張本人は奴らだ!!....と。

財務省や日銀の人間は相場での取引ができない為
金融市場の本当の恐ろしさがわかっていないのです。

これから迎える想像を絶するようなデフレからインフレの流れは
やがてノーアクション=ハイリスクになると言われています。

動かなければ資産が減る!!...と言うのです。


・・・ということで現実を直視し、このバブルに対応しましょう。

昨年末から1月の半ばまで、弊社ファイナンシャル事業部も動きました。

一貫して不動産狙いです。

5.jpg


買付した銘柄は..倍以上になったものもあれば..7割増、6割増し、5割増と
一番少ない銘柄でも3割増か。

債券から株式や不動産などの実物資産へ流れが始まっているためです。
デフレからインフレへ世界的に始まってきました。

ある筋から、ノンバンク系の銘柄も急騰すると言う情報も入手していたのですが
企業分析指標から見ると..ワタシの中では納得できなかったため買付をしませんでした。

が!!....しかし!!

これらが指標などなんのその..大暴騰!!
こちらは惜しいことをしました。

....と言うのも
昨年10月でしたか?....日銀が行った 『 貸出支援基金 』 という制度。

この貸出支援基金というのは何や??....と申しますと
日銀は金融機関に対して、貸出の資金であれば無制限に貸したんがな〜!!
....と言う制度なのです。

要するに民間の銀行が貸出に使うと言えば日銀はいくらでも融通してくれると言うもの。
普通は銀行がせっせと預金を集め、それを融資にどない?..と回すのですが
この制度では、企業が借りたい!!..と言えば
日銀がよっしゃ〜!!..と紙幣を印刷して貸してくれる訳です。

当然マネーの供給量はドッカ〜ンと増えます!!

この政策は凄いことに、この日銀の資金を海外の銀行にも貸出すと言うことも耳にしました。
さらにそれは海外の銀行だけにとどまらず
ノンバンクにまで貸出すという...まさにじゃぶじゃぶばら撒き大戦法。

そこへきて中小企業金融円滑化法が今月に廃止。
この廃止による倒産予備軍は30万社にものぼるとか言われていますが

6.jpg


借りる先のない企業が、駆け込む受け皿として..そのじゃぶじゃぶノンバンクに群がるのです。

こうしてノンバンク系の株価は倍以上の暴騰です!!

このような政策では円の下落も加速するはずです。
円が下落すれば輸出企業は業績改善に転じ、株価上昇。

こうしてこのインフレ政策はやがて金利上昇に転じます。

もう一度申しますがノーアクション=ハイリスクです。
今動かないとリスクを背負います。

ワタシに関わる銀行ローンも変動から固定へシフトし始めました。

まずは固定金利から上昇しますので先手を打ちました。

株式市場もまだまだ上昇します。
当事業部から推奨銘柄を余り申しませんが
出遅れ不動産として申し上げるのであれば 8881日神不動産に8877日本エスリード。

堅実ではないでしょうか。

【 8877日本エスリード 】
z.gif


不動産以外で買付けを継続しているものも沢山ありますが
出遅れ銘柄の中では、増益・配当良し・有利子負債少額・低PBRの3513 イチカワ。
ここは貯金のつもりです。

他にも推奨銘柄はあるのですが....ぐんぐんと騰がってしまったので
出遅れ銘柄として2つ〜3つだけ申し上げます。
暴騰ではなく堅実なところです。

何度も言いますが..何もしなくては何も始まりません。

本当は..もっと怖いお話をしたいのですが、一般の方々には刺激が強すぎますので
ご興味のある方は個人的に。
posted by osuechan at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2012年11月26日

ナイスタイミング

少し難しい話で恐縮です。

ご興味のある方だけ....

最後までお読みください。

今回も...『 あんまり難しいお話は分かんな〜い!! 』 と発せられるお嬢様!?
....ごめんなさいね。



さて、弊社ファイナンシャル事業部からの報告です。

東証一部に上場する鉄鋼部門の新家工業(7305)さん。

先日の11月9日の大引け後に悲しい悲しい...決算発表。

難しい決算内容なのですが...簡単に言えば
平成25年3月期第2四半期の業績が黒字から赤字に転落。
併せて、通期の同損益を従来予想の黒字から一転し、赤字になってもーたがな!!

....ということです。

なんでやねん!?....と言いますと
中国などの海外経済が減速する中で、この前からくすぶり続ける日中関係。
さらにはエコカー補助金の終了による景気の後退局面が懸念され..など...云々かんぬん。

要はこの材料で売りを浴びせられたのです。

しかしPBR(株価純資産倍率)から見れば、これ以上の下値は限定的と見て
ポタリングを愛する弊社ハゲタカファイナンスは
この国内シェア4割を誇る自転車用リム製造企業を救済!?
....底値をナンピンで仕掛けたのです。

何度か新家さんを仕掛ける当方ですが、過去にも触れたよう...
低炭素社会の機運を受け、電動車向けステンレスリムの需要は高まり
原油価格高騰による自転車通勤ブームで軽合金リムも....やがて引き合い活発に。
....ってな具合になればいいなぁ..と先行投資、大量保有。

まぁ....中長期スパンで赤字脱出時に反転し出したら売却しようと..気長に構えていたのですが
なんと先週木曜日の後場取引終了時に取得上限40万株の自社株買いを発表したのです!!

ワタシは翌日の日本経済新聞の朝刊で知ることになるのですが....ナイスタイミング。

自社株買いとは何や?....と申しますと
企業が市場に発信するメッセージと受け取ることができまして...

自社の株価が下落して割安で放置されているタイミングでの自社株買い発表は
企業が自社の株価が安すぎんがな!!....と判断しているとのメッセージと受け取れ
さらには決算発表と同じタイミングでの自社株買い発表は
企業が今期以降の業績に自信を持ってまんねん!!....とのサイン。

弊社ハゲタカファイナンスの大量買付完了後、2〜3日でのこの発表は

まさか!?

インサイダー取引の疑い..(`´;)???

....と思われそうですが

いえいえ、ブログで発表しているぐらいですので大丈夫....のハズ..(-"-)

結果を言えば本日の高値附近での一斉売却でした。

中長期計画がショートトレードになりましたが
たまにはこんなサプライズがあってもいいでしょう。
posted by osuechan at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済

2012年10月25日

疑惑に疑問

・・・とある “ ほっとファミリー ” のお嬢さん?から....

『 あんまり難しいのお話は分かんな〜い!! 』 とのお声を頂戴してから
なるべく株式市場や商品市場のお話をUPしないように心掛けているのですが
本日はお許しをいただきたく....
久しぶりに弊社ファイナンシャル事業部からのお知らせをひとつ。

日本電気さんこと...NECさんなのですが

NEC.jpg


2000年には3540円の高値を付けていた株価が..今年に入って....なんと100円割れ。
恐ろしいと言おうか..歴史的な安値。

過去を振り返りますと、1977年以降では初めて100円を割り込んだのです。

その100円割れとなった大きなきっかけは....
もちろん業績不振、赤字転落が一番の問題点なのですが
ダメ押しは..ダメリカ大手格付け機関 “ ムーディーズ ” による格付け見直し。
「 Baa2 」 の 「 安定的 」 から 「 ネガティブ 」 に変更と発表。

えらいこっちゃがな(`´;)!!....と株価は100円を割り込む下落。

なんと12年前に3000円台だった株価が今年の7月には90円台をさまようことになったのです。

弊社ハゲタカファイナンスも130円ぐらいからナンピン買いにて大量保有。

ここまでの安値は想像を超えましたが....どう見てもバーゲンセ―ル。

円高が足を引っ張っていることもあり、円が底を打てば反転間違い無しと攻め続け
とうとう10月23日の東京外国為替市場では
一時1ドル80円02銭と....約3ヶ月半ぶりに80円台に下落。

引き上げられるようにNECの株価もじりじりと右肩上がり。

しかし先週の18日には....
月刊 『 FACTA 』 11月号で
「 崖っぷちNECに 『 不正請求疑惑 』 」と題する記事が掲載され
以前の三菱電機のように防衛省などへの費用の過大請求が表面化!!
....と報じられたことでリスク回避の急落。

なんやとーッ!?....と..さすがに当方も焦りましたが
なんとその翌日、図ったかのように上方修正を発表するNEC。

タイミングからして..ワタシはその疑惑の記事こそを疑問に思うのですが??

....と言うのも上方修正を知り得る人物が急落の材料をばら撒きいたところで買い集め
上方修正発表後に売り抜けたのではないかと考えてしまうのです。

何か裏でそれに近いキナ臭い動きがあったのか!?

まぁまぁ....株主にとってはありがたい発表だったので..まあええか(*`▽´)!!なのですが。

そしてあれよあれよと140円台を回復。

NEC復活だ!!....とか

NEC反撃の始まり〜!!....とかおっしゃる声が聞こえる中
弊社ハゲタカファイナンスは、一斉売却。

これでいいのです。

さらなる高値を狙うことはいらないのです。
大量保有で僅かな値上がりさえ待てば良いのです。

絵で見ればこんな感じであります。

NEC.gif


円高のニュースが駆け巡っている時に
海外依存度の高い企業を安い所でちょこちょこと拾い集めて大量保有....
円安に振れ、株価が反転したところで売却。

不正請求疑惑は想定外でしたが
余りにもきれいなシナリオでしたので少し公表させていただきました。

今後の展開としては....
ここのところのNYダウの大幅下落に引きずれられることなく底堅い東京市場。
利食い売りを乗り越え、もう一段高を考えます。

弊社ハゲタカファイナンスも..また次のシナリオを考えますか。

難しいのお話は分かんな〜い....とおっしゃるお嬢さん?..ごめんなさいね。
posted by osuechan at 07:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済

2012年02月27日

金融政策のしわ寄せ

ニッポンの経済が急回復したのでしょうか?

東証.JPG2.JPG


ここへ来ての株高....。

昨年の3月11日に起きた東日本大震災を境に
弊社ファイナンシャル事業部からの報告を自粛しておりましたが
ほぼ....あれから1年が経過しようとする今、また少しずつ書かせていただこうと考えております。

....とは言いましても何も解決されておりませんでして

一本松.jpg


放射性物質に大量のがれきの処理、また被災地の復興...
被災者の皆さんの心のケア、メンタルヘルス対策....。

株式市場と言うものは非情なもので
大きな事故で、それにまつわる関連企業の株価が暴騰したり暴落したりするものです。

昨年の震災後も例に洩れず....関連する企業の株価の乱高下を目にしました。

弊社ファイナンシャル事業部では
それらの取引を公開すると言うことは余りにも非情な為....自粛しておりました。
震災後当時のブログでもお伝えいたしましたが....。

先ほども申し上げましたが、あれから1年。
東電は暴落し復興に関する建設業が暴騰するのです。

簡単な法則でして、インフルエンザが蔓延すればマスクの関連する企業が暴騰するのです。
同じくして大量のがれき処理が建設関連株を賑わすのです。

さらに復旧・復興で避けて通れないのが放射性物質の除染。
いわゆる放射能物質除染関連銘柄。

生産が追い付かない放射線測定器。
高圧洗浄機等の表土除去や土のう関連企業。
防毒マスク・防護服を手掛ける企業。
汚染防止遮水シートに飛散防止のフレコンバッグ企業。

景気なんて関係ないのです。
なんせ販売相手はニッポン国なのです!!

がれき.jpg


環境省は東電原発事故による放射性物質を除染する除染特別地域の工程表を発表しましたが
2014年3月末までに除染を完了するのだそうです....ホンマかいな(`■´;)???

原発事故で飛散した放射性物質や汚染された土やがれき処理を推進する為、
放射性物質汚染対処特別措置法も施行されました。

もう一度言いますがお客様はニッポンです!!

汚染調査や除染計画の見通しが明らかになってくれば除染作業が本格化。
国費が関連企業業績を後押しするのです!!

弊社事業部でも何銘柄か買い付けていますが、もう少しお客さん?の動きを見てみましょう。

さてこの株価回復は本物か?
ニッポン企業の業績が急回復したのでしょうか?

先日のNY株式市場では、ユーロ圏諸国によるギリシャ支援合意を好感して上昇。
優良株で構成するダウ工業株30種平均が一時、3年9カ月ぶりに1万3000ドルの大台を回復。

1.JPG


いつも言いますがダメリカがくしゃみをすればニッポンが風邪を引くのです。
この様な関係ですのでNYが上昇すれば東京も上昇するのです。

為替も堅調な欧米の経済指標を背景に改めて市場心理が改善し
円を売る動きが広まってきました。

これまでニッポン経済と関係なく、安全通貨として買われていた円は売られ
その資金は株式市場や商品市場へとシフトしていきます。

さらにこの円安効果が東京市場に拍車を掛けるのです。

しかしこの世界的な株高....なんでなんでしょ(`_´;)???

欧州危機は収まったのか?

結論から言いますと....欧州はシャ〜カシャ〜カと..お金をたっぷり刷っちゃったのです!!

日本円にして約50兆円です!!

ECB.jpg

 
それはナニなん?....と申しますと...
ECB(欧州中央銀行)が域内の銀行に
どんな担保でもあれば、無制限に3年間に亘って資金を貸したるでェ〜!!....とやった訳です。
どんな担保と言うのも審査なんて無しで貸し出すのです。

50兆円!!....この額の大きさが分かりますか?

米国がQE2と言う量的緩和第2弾を行った時のバラマキは60兆円。
この時もダメリカの株価は3割弱上昇。
世界中の株価も、この資金流入によって軒並み上昇。

それに良く似たことをECB(欧州中央銀行)がしたのです。

しかし喜んでばかりはおれません....。
そのジャブジャブ資金が金や白金や銅、さらには原油、穀物の上昇に繋がるのです!!
この商品上昇が悲しい現実を生み出すのです!!

ダメリカはさらにQE2に続く第3弾、QE3と言う政策を考えています。
これ以上、シャ〜カシャ〜カと刷り続けると言うことは
さらなる商品高を巻き起こすのです!!

大丈夫でしょうか?....弊社輸送部???
燃料にタイヤに....何よりトラック自体もまだまだ値上がります!!

経営者として物価高には悩まされます....。
その物価高はやがて....
手の付けられない超インフレを巻き起こす可能性も秘めているのです。


話は少し横道へ逸れますが....我が国の抱えるもうひとつの問題。
消費税引き上げ問題....どうするニッポン?

2.JPG


しかしこの消費税引き上げを早急に対応していかないことには
ニッポンの国債急落は免れません。
与党の党内でもまとまっていないようですが....ホントにこのニッポンはおめでたい国です。

世界の金融政策がもたらす経済現象とニッポンの財政問題と言う荒波を
....頭の悪い連中ばかりが集まる劇団与野党はどう立ち向かうのか?

まさしく大変な時代です....。
posted by osuechan at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2011年11月13日

欧州の飛び火は...やがて・・・

本日の日本経済新聞の社説に
『 欧州はユーロ危機をイタリアで止めよ 』 と題する記事が掲載されていましたが....
出来の悪い解説者が書いたのでしょう。

何度も申し上げる通り、もうどうにもならないのです。

リーマンショックなど..みじんに思える出来事が、近い将来....世界を包み込むのです。

あれよあれよと....世界の人口は70億人に到達。
これは10年ちょっとで10億人増え続けているのです。
....100億人突破も時間の問題です。

この地球上の総人口が豊かな食生活を送れば、牛さんや豚さん....またまた鶏さんは
いったい....何匹いるのでしょう(`´;)???

mo-.jpg


その子達を育てる為にはどれぐらいの飼料が必要なんでしょう?
そこへきて....台風や大雨による洪水、さらには干ばつ、はたまた各国の地震等の自然災害。

tai.jpg


これからも、商品相場での穀物や原油が上昇し続けるかが分かりますね?

一方では財政難で、いつデフォルトしてもおかしくない国々がゴロゴロしていて
ピンチになったら国債発行で難を先延ばすと言う荒技。
その繰り返しで各国の借金は..どえりゃ〜ことになっているのです!!

そうやって大量の紙幣をシャカシャカと刷るもんですから

euro3.jpg


ジャブジャブとなった資金は貴金属市場や原油市場に流れ込むのです。
金なんて多少の調整局面を迎えようが上昇し続けてしまうのです。

そうしてでも起きる各国のデフォルト騒動....。
紙幣が、ただの紙切れに変わるのですよ?

だから世界の機関投資家達は金等の商品を買い続けてくのです。
この勢いはまだまだとどまるところを知らないでしょう。

PIIGSの一角、ギリシャのデフォルトを助ける為...ドイツ政府の必死なこと。

しかしドイツ国民の誰もがギリシャが可哀想だなんて思っていないのです。
ギリシャがデフォルトすれば、ギリシャの国債を大量に保有しているドイツの銀行は....
いや....ユーロ圏内の全ての銀行が連鎖爆弾が仕掛けられたように
次々と潰れてしまうのです。
自国の銀行を潰ささないよう....ユーロ圏内の優等生国は必至なのです。

一番の原因は?
....統一通貨のユーロ導入が大失敗でした。

EU参加に際し、フランスやドイツに比べて経済基盤が弱かった国々、
すなわちGDPが少ない国々までもが無理をして統一したことが原因なのでしょう。

一国がデフォルトすれば財政難の国々が連鎖破綻するのは当然なことなので
それまでにユーロは存続しないのではないでしょうか?
....と言うのが弊社ファイナンシャル事業部の見解です。

しかしそうなる前にギリシャを何とか!!....と欧州中央銀行(ECB)も必死のパッチです!!

そうまでしてもらっても...このギリシャには悲壮感が感じられませんなぁ...。

ギリシャは 「 公務員天国 」 の国で
労働人口に対する比率で言えば4〜5人に一人は公務員....なんと公務員だらけ(`_´;)!?

その公務員が手厚〜い保護をされているのですから
ドイツをはじめ救済国は超ムカついているのであります。
若年層で見れば、公務員の給料は..なんと民間企業の約二倍。

さらに年金制度もかなり手厚〜く、年金支給開始年齢は58歳からだそうです。

さらにさらに、無遅刻無欠勤を何日か続ければ特別手当を出す企業もあったり
小売店での脱税なんて、あちこちで日常茶飯事行われていて
まともに申告する人の方が少ないのだとか。

いくら救済国がギリシャにお金を注ごうが、穴の開いたバケツに水を入れるようなものです。
ただのデフォルトの先延ばしだけで、いくら資金を回そうが何の解決にもならないのです。

先日もイタ飯をいただきながら欧州経済に詳しいエコノミストと意見交換をしましたが
こう言ったところからメスを入れないと..どないもなりませんわなぁ...(;`〜´)

しかし公務員数の削減や給料の削減なんて政府が発表しようものなら
やれデモや〜!!...とかわめき叫ぶのですからタチの悪い連中です。

demo2.jpg


そりゃ...優等生のドイツ国民は怒る訳です!!

じゃあ、財政赤字が拡大しようが
通貨をどんどん発行してインフレにしたら借金が返済できるやん!!
あとは時間を掛けてギリシャ国内で借金返済の為の対策を政府と国民で解決すればいいやん!!
....とお思いの方もいるでしょう。

これがユーロと言う統一通貨の恐ろしいところです。
悲しいかな....ギリシャは自国で通貨を発行していないので..それが出来ないのです。

指をくわえて....ギリシャ...イタリア...スペイン...ポルトガルの国家破綻を
見届けるしかないのです。

こりゃアカンわ!!...とイタリアのベルルスコーニ首相は昨日に辞任。

beru.jpg


ベルちゃん正解!!....逃げるが勝ちです!!
もう誰が出て来ても立て直しは出来ないのですから。

その一国のデフォルトが連鎖破綻へと波及し....
やだてダメリカやニッポンも飲み込まれていくのです。

刷りに刷った各国の紙幣の一部が行き場を失い
安全資金として円が買われ、史上最高の円高となっていますが
これも泥船ニッポンにとってはマイナスです。

記録的な円高に歯止めを掛けようと為替介入も試みました。
この為替介入による10兆円も政府短期証券の発行と言う新たな借金なのです。
これでニッポンの公的債務は....とうとう1000兆円を突破いたしました。
おめでとうございます....。

なんでやねん!?....ってうなる程、消費税を上げようが泥船は沈む運命です。

この借金まみれのニッポンにヘッジファンドが仕掛けてくるのです。
全世界のメディアを使い、通貨危機を煽りに煽り...債券が暴落。
円のクラッシュ....超円安が訪れます。

皆さん....お元気で。
posted by osuechan at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済

2011年08月24日

日本風景街道・丹後半島4

朝5時のR178は網野駅近辺。

aminoeki.JPG


車も電車も通らない...朝もやの中....
田んぼに挟まれた道を一人のおっさんがキコキコキコ。

朝ごはんの8時までに戻るのを目標に
琴引浜〜久美浜湾〜小天橋(しょうてんきょう)までの往復45kmのミドルコースをひとっ走り。



昨日の激走のせいか...痛みと言おうか..左ひざに違和感を覚えながらのポタリング。

やはり炎天下でのアップダウンはきつかった。
歯を食いしばっての力走は体の弱い箇所に支障をもたらしたのか。

しかし早朝ではコンディションも違い、炎天下に比べ気温も低め。
さらに久美浜湾までのロードのアップダウンも少しはまし。

これなら何とかいけるか(*`▽´)!?

45Kmと言えば東大阪からは神戸中央区辺り。
もしくは東大阪市〜京都駅と言えば分かりやすいか?

この距離でもアップダウンが入ると中年ポタラーには堪えるのです。

・・・・とか何とかブツブツ言ってる間に小天橋まで5kmの案内標識が。

5km.JPG


少し足止めをし、辺りの農園をのぞいてみますと
果物がたくさん生ってるではありませんか。
この大きな実は巨峰でしょうか?

budo-.JPG


甘い香りが辺り一面を覆っています。
この辺りではメロンに梨にブドウと、それも同果実でも色々な品種を作られていますが
久美浜の地形と気候が育んでくれるのでしょう。

少し楽しませてもらったあと、海へ向かう若干下りの一本道を軽快に進むワタシと相棒。
朝日が背中を押してくれます。

走行中に自分の影をカシャ。

kage.JPG


ウルトラ難度Cの大技?....です。

こうして命を削ってのリポートなのですが....どうやら久美浜湾に到着のようです。

2km.JPG


小天橋まで右にあと2km。

朝日が久美浜湾を輝かせワタシを歓迎してくれているようです。

kumihamawan.JPG


この絵がワタシを動かすのですが、宿でぐーすか寝ている様では感動を得れないのです。

・・・さて目的地の小天橋とは何なのか?

どんな橋なのか(`_´)?

予習をしてこなかったワタシは胸がドキドキであります。

でっかい橋なんか?....それとも美しいアーチなのか?

ところでどこにあんねん(`´;)?

結局あちこちグルグルと回りはしたものの....
なんのこっちゃ分からずのまま..朝ごはんに向けての帰路となるのです。

小天橋海水浴場にも足を運び、久美浜湾内も見渡しましたが
答えが分からぬままの帰路は...足取りも重く左ひざの痛みも激痛に代わっていくのです。

『 いてててて。完全な運動不足&使い痛みやなぁ。 』

....とぼやきながら、ほとんど右足一本での力走。

痛めた左ひざを左手の親指で指圧しながらでないとこげないのです。

『 こりゃ休憩をこまめに入れんと...もたんなぁ。 』

konbini.JPG


途中売店に立ち止まりましたがカブトムシは売っていてもドリンク類は置いておらず
のどが渇いた状態での帰路は最後の上り坂に差し掛かるのです。

『 いてててて....もうこげない。 』
朝ごはんの8時に間に合わないかも?....です。

疲れて路肩でへたり込んでいますと....一枚の看板がワタシの目に飛び込んできました!!

hagemasi.JPG


『 すえひろ、気を付けてお帰りください。 』

ワタシの名前を入れた応援プラカードを帰路に立ててくださっていました。
....心憎い網野町の計らい。

すえひろと...呼び捨てなのは少し納得できませんがその心意気には感謝!!

こうして息を吹き返した....物を良いように考える変なおっさんは
無事宿の朝ごはん時にビールをがぶ飲みするのです。

朝ごはんが済めば夕方まで遊泳。

この疲れた体を癒してくれたのは、やはり晩ごはんでして....
この晩ご飯からの続きは第五章でお会いしましょう。

【 補足 】

ワタシがおもいっきり勘違いしていた小天橋ですが

宿の女将さんに聞いて真相を知りました。


皆さんご存知かも知れませんが小天橋とは橋ではなく

久美浜湾と日本海の間に横一線に形成された砂嘴(さし)の情景が

日本三景 天橋立の風景と似ていることからこう呼ばれるようになったとのことです。

少し控えめに “ 小さな天の橋立 ” の意味で “ 小天橋 ” となったと言われているそうです。


syoutenkyou2.jpg

本日の格言 『 晩酌より予習!! 』

posted by osuechan at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済

2011年07月31日

デフォルト

少し、ダメリカのデフォルトについて話しておきましょう。

以前からこの “ ほっとタイム ” でダメリカの財政赤字問題を指摘してきましたが
私がダメリカと言う理由は、このことでダメリカなのです。

何度も言うようですが小浜君が頑張ろうが与野党がひっくり返ろうが
どないもこないもならないのです。

2obama.JPG


米政府の借金はすでに借り入れ上限の14兆3000億ドル(約1120兆円)まで達しています。
この額はダメリカの年間GDPとほぼ同じ。

債務上限 ( 借金の限度額 ) を8月2日までに引き上げられず
デフォルト ( 債務不履行 ) することにでもなれば
世界は....えらいこっちゃ!!!....になってしまうのです。

チクタクチクタク....8月2日にセットされた時限爆弾が爆発するのか?
それとも....一歩手前でタイマーを引き延ばせるのか(`´;)?

大事なのはここです。
もうリセットをすることはできないのです。

時限爆弾のタイマーを先延ばしにするだけで、何も解決する訳ではないのです。
この債務問題を抱えたまま、ダメリカ大統領は代わっていくだけで
あとは誰がババを引くか(`_´)?

ダメリカ国債を保有している国々のなかでニッポンがの2番目に多いのですが
もし!?....ダメリカ合衆国がデフォルトを宣言したら日本は大ヤケド!!

ダメ$も大暴落し、2008年のクレジットバブル崩壊....
いわゆる....リーマン・ショクなんて比でない世界大恐慌が訪れるでしょう。

まぁ....そうなる前に債務額引き上げの協議合意に至ると見ているのですが
このダメリカのパフォーマンスが....もうアカンとこまで来てるがな!!....と
世界に警告していると考えてください。

まぁ....もう何をしても..どないもならないのですが....。

しかしこの問題は対岸の火事ではなく、泥船ニッポンにも起きうる問題なのです。

日本の借金総額は今年の末で997兆円に達する見込みだそうですが
なんとその額、ダメリカより悪い年間GDPの倍近くの借金!!

先程は、ダメリカの借金は年間GDPと同じ額だとダメ出ししましたが
泥船ニッポンは、年間GDPの倍近いのです!!

言うならばダメリカより、泥船ニッポンの方が大深刻なのであります。

ほぼ毎年のように赤字国債を発行してきたニッポン。

歳入ですが....税収で賄われているのは6〜7割程度。
足らずの約3割強は公債発行 ( 国の借金 ) に頼っている訳で
毎年、毎年積み重ねてきたものが997兆円になると言う恐ろしい雪だるまさん(`´)汗....

2011年度の一般会計歳出が92.4兆円。
税収は41兆円弱ほどでしょうから、今年だけでも倍以上の借金をしないと
国は機能しないのです。

その41兆円弱しか税収のない泥船ニッポンが
997兆円もの借金なんて到底返せないのであります。

恐らく....闇金融に借りに行っても相手にしてくれないでしょう(`´;)???

何度も言いますが、ダメリカのデフォルト騒動は対岸の火事ではないのです!!

世界各国が国債をばらまく(紙幣を刷ってばらまく)ことでインフレを巻き起こし
金利が上昇することで債券暴落を引き起こすことになり
ついには泥船ニッポンも撃沈してしまうのです。

もしくは借金の額が、日本人の貯金総額を超えた瞬間...クラッシュが起きます。

GDP世界第3位の経済大国ニッポンがデフォルトすると言うことは
世界をも巻き添えにする1000年に一度の激震です。

さて・・・・
なぜ世界同時株安が起きても金(ゴールド)は上昇し続けるのでしょう?

世界の投資家は紙クズになる紙幣を見捨てて金を買い続けているのです。

r.jpg


そんなところへ現実は向かっているのに....

菅ちゃんはじめ....与野党の皆の衆....平和で何よりでございます。
皆さん自分の任期、政党が一番大事であって
この大きな問題に誰も取り組まないのであります。

・・・・と言いましても...もう取り組めようもないところまで来てしまったのですが....。

国民に嫌われる増税と歳出削減を唱える政党、政治家が集まり
泥船ニッポンを修復しないといけないのですが
何より国民が一番頭が悪く、そう言う政党を選ばないので
皆で撃沈するしかないのです。

posted by osuechan at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2011年03月04日

好調な滑り出し

きな臭い中東情勢を睨んで....
先週前半で株式資産の半分を利食って売却した弊社ファイナンシャル事業部。

売却益の一部を弊社事業部に新規開設された商品取引課にて運用開始。

その商品取引課では、先週末に業務提携?..を結んだ先物取引会社との連携で
コモディティ相場に参戦。

カダちゃん率いるリビアでの衝突が続いている他、イランでのデモも材料視した上で
色々な指標から判断し、東京金2月限と東京白金(いわゆるプラチナですな)2月限を
それぞれを買付け。

中東の混乱拡大とインフレ懸念の高まりを背景に
双方とも最高のパフォーマンスを演じてくれまして、特に金が過去最高値での終了。
なんと素晴らしいシナリオ。

はて....なんでそんなに金が上昇するん(;`´)??

『 良い質問ですね!! 』

過去最高値の裏には....中東の混乱を受けて
『 原油高騰が景気回復に水を差しかねんがな!! 』との懸念が浮上。
金がそうしたシナリオに対するヘッジ(リスクを回避)になるとの見方が出ての高騰。
株に比べて景気循環への連動性が低い為に逃避買いが進むんですな。
インフレ懸念から金や銀の価格が上昇していたのに加えて買い進まれ、過去最高値での取引。

慎重かつ冷静な判断で弊社事業部・商品取引課は2日で利食い売却。
早い話が....ビビったような..ちびったような(`_´;)?

そんなビビり売却でも、レバレッジが効いている為に恐ろしい額なのであります....。
要するに逆の展開もある訳ですから....。
深入りしたくても深入りしてはいけないコモディティ取引。

どっちやねん(;`´)??

まぁ...肝心な初回取引は大成功の新規商品取引課。

これに甘んじず、昨日は業務提携?を結んだ先物取引会社と念入りの戦略会議。
一般庶民の方々にお聞かせ出来ないのは残念ですが....
中東と中国、ダメリカ経済を巻き込んでの大プロジェクトです。

....その戦略会議の内容も気になるところではありますが
難しい話をされている先物取引会社の弊社担当の方が
座られている横に置いてある..紙袋が気になって気になって。

『 なんでっか....それ?? 』..とも聞けずにいましたら
ワタシの視線を感じてか?...『 ごあいさつが前後しまして申し訳ございません....。 』と
甘い香りのする包みをくださいました。

戦略会議もそこそこに?....いそいそ帰って甘い香りのする包み紙の中身は?
その正体は?....と確認いたしますと・・・

DOJIMA.JPG


おっ(*`▽´)クッキーか?....と開けますれば

DOJIMA開.JPG


今回のお近付きの品と称されまして “ モンシュシュ ” さんのイチゴバームクーヘンが♪

鼻の良い...アシスタントの姫に見つかる前に食べようかと試みましたが....

やはり....手遅れの様です。

『 姫?....おいしい?? 』.....涙。


posted by osuechan at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2011年02月20日

世界に目を向ければ

先日、内閣府が発表した2010年の名目GDPの額が
中国より4044億ドル少ないことが明らかになり
これでダメリカに次ぐ世界第2位の経済大国は中国となってしまいました...。

中国国旗.JPG


ワタシが幼年期の頃から今日まで守り続けてきた2位の座は奪われ....日本は3位転落。

そりゃ....あれほどの大国ですので、早かれ遅かれブッちぎられることは百も承知。

まぁしかし...そう言いましても、国民一人当たりのGDPで見ますと
日本は中国の10倍以上であります。
その比較で見ますとまだまだですな。

いわゆる中国が抱える大きな格差問題が影響するのでしょう。
都市と農村の二重構造による地域格差や所得、収入の格差が拡大し過ぎですな。

エネルギー消費量も日本の10倍と言っても環境汚染万歳の垂れ流し中国。
このまま成長を続ければ膨大な量のCO2を排出していくのでしょう。

いくらワタシが世界の環境を考えての..ポタリングによるCO2排出削減に協力しても
追いつかないではないか....(`´;)??
中国も先進国の仲間入りを目指しているなら、ちゃんとしチャイナさい!!

・・・とかナンとか言っても....どなたも座布団を持って来てくれそうにないので
話は続けますが....(-_-;)

将来、この中国のあらゆる格差が縮まり、この13億人が日本人と同じような暮らしをすれば
地球はもたない!!....と言う経済リポートを読み
共感を覚える弊社ファイナンシャル事業部一同であります。

BRICsを中心とした新興国が大きく発展していくと言うことは
確実に資源が急速にに失われていくと言うこと。

食料資源において目を向ければ、中国を含む新興国の人々が豊かになり
国民の皆が、当たり前にお肉を食べる食生活に代われば..どれだけの牛が必要か?
おらんようになるんとちゃう(;`´)??

その牛を育てる為には、どれだけの飼料が必要か?

そのような中での世界異常気象。
....最近ではオーストラリアのウルトラ豪雨に
中国では逆に干ばつ対策とやらで、人工的に雨を降らせるロケットを投入してるだとか?

それらを踏まえて..ど〜やこ〜やと考えますと、大変な時代がやってくるのは必至。

何が言いたいかと申しますと....
現在、トウモロコシや大豆の価格が暴騰して止まらないのであります。
もちろん食料資源だけではなく、石油等のエネルギー資源も高騰。
そこへ来て地中海沿岸諸国の混乱。
いったい、この先の世界は何が待ち受けているのか?

ほっとファミリーは、このほっと教祖のワタシからのメッセージを受け止めて
物価上昇、いわゆるインフレに対応できるよう心づもりを。

色んな経済指標を見て...そんなことを日々考えていますと
“ コモディティ投資 ” に目を向ける様になって参りました。
すなわち実物資産に対しての投資ですな。

タイミングをばっちりにして...とある先物投資の女性営業マンが
弊社ファイナンシャル事業部の門をたたかれました。

昨日土曜日のことです。

何度かワタシにアポ取りの連絡をくれていたのですが
『 平日は忙しく走り回ってるワタシに会うことは不可能!! 』 との愛想無しの言葉。

しかしその言葉をを撥ね除けて、休日返上でワタシの前に出現した彼女。
弊社HPで場所を確認してのゲリラ訪問か....なかなかやるなぁ。

女性だけには優しいワタクシですので....もちろんアポ成立。
次の土曜日に上司様を交えて、商品取引の説明に再度来られるようです。

近々、商品取引事業部発足か?

そんな金はあるんか(;`´)??....いやいや知識だけでも得られれば....。
posted by osuechan at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2010年12月11日

期待と不安

先日、弊社ファイナンシャル事業部が発表しました様に
ダメリカの中央銀行でありますFRBの政策...
『 大量に$紙幣を刷っちゃえ〜!!』・・・と

量的金融緩和第2弾によって刷りまくったジャブジャブのマネーは
世界の商品市場や株価を押し上げる結果となりました。

取り分け新興国では、そのジャブジャブマネーがバブルを引き起こし
さらに株価が回復していく世界各国から取り残されていた日本の市場にも資金が流入し
上昇ムードが広がって参りました。

ニューヨークダウも堅調に推移。
この好調な株価のお陰でダメリカ人のお財布のひもも開き気味になり
                      消費も増加することでしょう。
それは年末商戦にも良い結果をもたらし、景気指標やらにも良い数字が踊ることに。

『 ダメリカがくしゃみをすれば日本は風邪を引く 』と言うぐらい親密な関係ですので
当然、今回は良い影響を東京市場に与えてくれるのでは。

ただ、急激な株価上昇には調整が入りますのでトントン拍子にはいかないでしょうが。
騰落レシオを見ても150ポイントを超え...超過熱。
一旦調整局面を迎え、年明けから再上昇の展開となればありがたやありがたや。

頼むよ....キム君。
    大事な時なんやからドンパチは止めてね。

・・・とか何とか..南北間の有事に目を向けております弊社ファイナンシャル事業部。
そんな事業部に新家工業さんより中間報告が届きました。

中間 002.JPG

厳しい状況が続いてまっけど何とかやってまっせぇ〜....てな内容。
そんな厳しい状況でんので中間配当は見送らせてもらえまへんやろか....。
・・・とお詫びも申されておりました。

いやいや新家さん、良く健闘されていますよ。
二期連続赤字からの脱出。
弊社事業部より改めてエールを送らせて頂きます。

新家さんが二期連続赤字で苦しむさなか・・・
何とか改善しようとする..その取り組み姿勢を買い
そしてその復活劇を信じて新家さん株取得を弊社事業部では検討。
結果・・・ほぼ....底値辺りでのナンピン買いで数万株取得。
そんな弊社ファイナンシャル事業部のことを考えて努力されたのでしょう...新家さん。
先日も嬉しいニュースが飛び込んで参りました。

11年3月期連結営業利益予想を上方修正。
3月期末配当増配計画。
11月11日−11年1月31日の期間で160万株の自己株式取得実施を発表。

oh〜サプライズ♪
この頑張りの褒美に....次回の株主総会では差し入れを考えてあげましょうか。

弊社事業部が新家さんに肩入れしている理由は事業内容。
その中で特に自転車関連事業。

何よりポタリングを愛するワタシにとって気になるのは
                 国内シェア4割を誇る自転車用リムの製造。
さらに自社ブランドのスポーツ自転車販売事業にも注目。

頑張れ、新家さん。
通期業績予想の再上方修正が出されるようならウッシッシであります。
その暁には新家さんとこのお坊ちゃんを我が相棒の一員に受け入れることも検討していますよ。
自社ブランド【 http://www.araya-kk.co.jp/bicycle/
ラレーブランド【 http://www.raleigh.jp/catalog10/index.htm

低炭素社会の機運を受けて電動車向けステンレスリムの需要は高まり
       原油価格高騰による自転車通勤ブームでスポーツ車向け軽合金リムも好調。
不安要素は商品相場高騰による鋼材価格の高騰か。

やはり....世の中そんなに旨くいかぬ..かな(`´;)??


posted by osuechan at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2010年11月29日

今すべきこと

しかし、よくもまぁ..毎日新しいニュースが飛び込んでくるもんですなぁ....。

尖閣諸島問題に...北方領土を含む日本領土問題。

柳田法相や仙石官房長官の発言問題に輸出入時の関税の撤廃を目指しているTPP議論にと
国内事情に目を向けかけたら今度は北朝鮮。

北朝鮮と言えばウラン濃縮施設を公開したと思えば韓国・延坪島への砲撃。
すぐさま米韓による合同軍事演習が始まり、ますます朝鮮半島の緊張が高まる。

えらいこっちゃ!?....何で次から次へと色んな問題がでんねん!?....と
管ちゃんは頭を抱えていることでしょう。
しかしまぁ....あんさんでは何も解決できませんなぁ。

もちろん管ちゃんだけでなく誰が総理を務めようが、どこの政党が政権をを治めようが
もう沈みかけた日本丸を浮き上がらせことはできないのであります。
ワタシ自身、誰に期待することもなく、落ちゆく日本を他人事の様に眺めているのですが。

そんな中でも弊社ファイナンシャル事業部の関心は、やはり朝鮮半島情勢。

ダメリカの紙幣ばらまき効果により、ひとまず10000円台を回復した東京市場。
東京だけでなく世界中の株価が上昇に。

株価だけで見れば好材料なのですが、問題がない訳でもなく。
FRBの政策によって恐ろしい額のドル紙幣を刷るのですが
それによってドルの価値が下落するのですから
            日本円はドルに対して高くなる...いわゆる円高に。

ダメリカは国内での経済回復が遅れることを見越し輸出で銭集めを
....と考えていますので、ある意味ドル安万歳です。
小浜さんもなり振り構わぬ政策で経済回復のきっかけを掴まないと
                  自分の地位も危うなるのですから必死です。

その恐ろしい額(約49兆円もの追加量的緩和策)のばらまきによって
資金は世界の株価を買い世界同時株高のシナリオに繋がるのですが
それに水を差すのが韓国・延坪島への砲撃。

北朝鮮の追加的な挑発行為がなければ良いのですが....
                これが戦争に発展...ってなことになれば大問題。

世界の良いニュースはスグに反映しない....東京市場。
しかし逆に悪いニュースはスグに影響を受けまする東京市場。

欧州の金融・政治混乱に対する懸念がくすぶる中、朝鮮半島情勢が最悪の結果をもたらせれば
せっかく株式市場に戻った資金は投げ売られ、替わりに安全な資金先への回避は必至。

弊社ファイナンシャル事業部では最悪の事態だけは....と
昨日の日曜日も休まず、仕事の合間に朝鮮半島の方角に向き拝み倒し。
拝むだけでは足らなければ....またもや鶴橋までキムチを買いに走ろうか?....と
訳の分からぬ策にでようとするワタクシ....(`。´;)ふ〜

冗談はさておき、昨今の領土問題を見れば....
              常識的な考え方が全く通用しない日本を取り巻く国々。
そこで管ちゃんに言いたいのは、まず日米関係修復。
日米安保条約の再認識に始まり普天間基地移設問題の解決です。

この軍事基地問題で日米間がぎくしゃくしている間に尖閣諸島で体当たりはされるわ
メドちゃんは国後島へ遠足に来るわで、へなちょこ日本を露呈。

核武装もせず、戦う為の自衛隊を持たない我が国は誰が守るん....(`〜´;)オレか

・・・となれば早急に基地問題に決着をつけ、日米関係を再構築するしか術は無し!!

それが出来ないなら憲法改正、非核三原則撤廃。
核爆弾を作るなら....部品検品は当社で!...とか営業も怠らず...。

おい管ちゃん?
沖縄....九州、北海道は近い将来それぞれ中国、ロシアの領土にされてまうぞ!!
へらへら笑ってやんと、しっかりした対応..しっかりとした政策をとらな手遅れになるぞ!!
弊社ファイナンシャル事業部の業績にも左右されるんやから死に物狂いでやれ!!...管ちゃん。
揺るがないリーダーシップやッ!!
      日本国民を引っ張る指導力発揮やッ!!....まぁ...おまはんでは役不足でっけど。

(;`0´)ハッ!?

すいません・・・お坊ちゃん育ちのワタクシとしたことが....
...途中、熱き思いが込み上げ...ついついお聞き苦しい不適切な表現が有りましたことを
深くお詫びいたします。
申し訳ございません....。

色んな思いもあり....少し保守的な発言になってしまいましたが
                 ご理解いただけます様お願い申しあげます。
posted by osuechan at 09:00| 経済

2010年10月08日

思惑

弊社・ファイナンシャル事業部にとって、今週のビックニュースは
金融緩和策、日銀のゼロ金利政策復活。

銀行の自己資本規制強化案を検討等、懸念材料を抱えて
銀行株全体が売られて弱含む場面もあり..連日の年初来安値更新。

愛しのみずほちゃん....一体どこまで下がる(`´)?

本業での業績回復が遅れはするものの....
             懸念材料の大型増資も無事完了。
PBRと配当利回りから見れば仕掛けどころ。

・・・てなことで...ビックニュース前々日に
112円で新規信用大量買い実行。

日銀の追加緩和策は、市場の想定より
一歩踏み込んだ感のあるもので
愛しのみずほちゃんも好感、反転上昇。

これまで新興諸国に集中して流れ込んでいたマネーが
日本株にも向かい始めるのではないか(`´;)?....との思惑で
連休前後の調整後、来週以降の動きに大注目の
弊社ファイナンシャル事業部。

当事業部で仕掛けたのは5銘柄。
その中のもうひとつは西松君。

違法献金問題後....ずっと軟調な西松君。
景気低迷による業績悪化で売上減は避けれないでしょうが...
リストラ効果等により営業黒字転換に。
PBR0.23倍、予想配当利回り4.21%から考えればGO!!

・・・ってなことで、これまた89円で新規信用大量買い実行。

為替市場では対米ドルで82円台も付けるも
株式市場では、もう反応薄。
現在の円高水準が続けば輸出業を中心に
企業心理はさらに下振れる可能性があるのに....
円高が進んでも東京市場では底堅い展開。

やはり....これまで新興諸国に集中して流れ込んでいたマネーが
日本株にも向かい始めている...(`´)?
・・・と本日2回目の発言の弊社ファイナンシャル事業部。

今後の展開は日経平均10,000円の大台回復ですな。
徐々にで良いので向かって欲しいものです。

・・・弊社・ロジスティクス部門もファイナンシャル部門も
かなり激しい展開の一週間となりました。

ワタクシ船長の舵取りも必死。
かなり疲労困憊しております。

唯一....気が抜けるのは晩酌時のみ。
今週の友はワタクシの美人秘書の兄君....
オフィスの家具商人さんより頂戴しました
月桂冠 超特撰 特別本醸造 純金箔入。

j.JPG


黒いお猪口に金粉が舞っております。
ナゼか豊かな雰囲気に包まれまれるワタクシ。
....た〜んじゅん。


良い流れは続いて欲しいものですが
              何事にも山あり谷あり。

この連休明けが更に山に向かうのか?...それとも谷へ....??
世界の経済動向は気になりますが行楽日和も
               放ってはおけませぬ....。

....あッ(`0´;)!?
注文してある相棒のシフトレバーの連絡がまだやん!?
連休までに入荷させて!!....って頼んだのになぁ...。
ブログを書き終えたらTELしてみるか....。
posted by osuechan at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2010年04月29日

G.W突入

■G.W突入間際にダメリカの格付け会社が
 ギリシャとポルトガルの格付けを引き下げ。

欧州に対する信用懸念が再度浮上した為、NYダウは大幅下落。
円高・ユーロ安が進んだことで日本丸も急落。

3/13の“ほっとタイム”で申しましたように
日経平均は各企業の業績回復を背景に
やや持ち直したかに見えますが
欧州のソブリンリスク再燃報道により軟調な地合いに。

この先の展開としましては…
ギリシャ救済論が報道されれば持ち直し…
危機が報道されれば急落と…。
当分の間はこう言った繰り返しなのでしょう。

もちろん、ギリシャだけでは無くPIIGSと呼ばれる
ポルトガル・イタリア・アイルランド・ギリシャ・スペインと
拡大を繰り広げ世界が冷え込んで行くのでしょうが。

視野を狭めて日本政界の蓋を開けて覗いてみますと(-"-)?

民主党・陰のドン背番号51くんは起訴相当と議決されるわ...
鳩ポッポくんは普天間問題で大きい眼は開きっぱなしやわ...
谷やんとこの自民党は散り散りバラバラこま切れ肉...
カメさんは歪んだ持論しかしゃべれんし…。

どないもなりませんなぁ...(`_´;)?
見なかったことにして蓋を閉めておきますか...。

さて弊社ファイナンシャル事業部では
東京市場で騰落レシオが150%を超えて過熱感が出てきた
今月初めに東証2部・ジャスダック銘柄を残し利確売り。
残念ながら…売却銘柄は更に上値を展開していきましたが...。
欲を言うときりがないな...。

このG.Wは市場も調整ムード。
一旦、様子見と言うことで弊社ファイナンシャル事業部も休憩。

その隙に…以前から弊社・調査事業部に
心斎橋のステーキ屋さんの評価を求む依頼が
舞い込んできたような...気がしますので今晩行って参ります。

特選黒毛和牛のA-5ランクのお肉のようですが…どれどれ。
では本日の雑務終了後に調査に行って参ります。

posted by osuechan at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2010年03月13日

起爆剤

バブル崩壊後最安値(7054円98銭)から1年が過ぎました。
株価水準は約5割の上昇...とは言っても10750円チョイ

“PIIGS”と呼ばれるポルトガル、イタリア、アイルランド、
ギリシャ、スペイン。
これらの国々の財政状況の悪化、いわゆるソブリンリスクの
警戒感等、不安要素大。
3月の決算発表で各企業の業績回復を見込んでも
株価の本格回復にはほど遠いか。

まァ...本格回復など二度と有り得ないと言うのが
弊社ファイナンシャル事業部の見解ですが。

そんな低水準での推移ですが、桜前線の北上と共に平均株価も
若干上向いて参りました。
外国人投資家の3ヶ月連続買い越しで11000円を狙う展開か?

しかしこれだけ買い越しが続くと
当然利益確定売りが待ち構えております(`´;)ムム!?
何とか11000円を突き抜けて欲しいものです。

そこで起爆剤となるか“第一生命

4月1日、東証に新規公開で登場するのですが
『10年に1度の大物』と言われる超大型株。
公開規模は1兆円を上回りますからNTTドコモの新規公開に
次ぐ規模か。

当方と致しましては全く持って興味無しの銘柄ですが
10年に1度の大物選手ですから株式市場全体がにぎわって欲しく
そう言った意味では期待を掛けているところで有ります。

言うなれば11000円を頭打ちとする...この相場の殻を割る役割に
成り変わってもらえれば...と言うのが本音であります。

1月に仕込んだ各銘柄が、この外国人投資家による買い越しで
現在上昇中。
利食い売りに押し戻される時期と同じくして
『10年に1度の大物』4番バッター登場....いや上場。

歓迎ムード一色で平均株価を押し上げ12000円を狙う展開に!?
当方持ち株達もつられて軒並み上昇!!
...期待し過ぎかな(`´;)?

その歓迎ムードの最中、当方では...
こっそりと利益確保売却爆弾投下。
キシシシシシ(#`▼´#)
シナリオは完成♪

・・・しかしそうならないのが現実か...(`´;)!?
いやいや...実現に向けて第一生命くんには頑張ってもらわねば。
頼んだよ市場の救世主くん。

その後...第一生命ブームが冷え込むと共に
株式市場はまたまた軟調な地合いに転じるのでしょう。
再びソブリンリスクが世界を揺るがし、各トレーダーの投げ売り
氷河期時代に逆戻り。
当方では、その下値展開中に次の銘柄を虎視眈々と
見定めるのであります。

戦略?...持論を語っていますと熱くなってきました(`´#)
どっちが本業か分からなくなってきましたところで副業に...??
いや、本業のロジスティックサポートマンに戻りまする。

あくまで...経済指標等で世の中の流れを
掴もうと言う趣旨ですのでお許しを。





 
posted by osuechan at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2010年03月05日

ツナを語〜る

【ワシントン時事】米政府は3日、カタールのドーハで
今月開催されるワシントン条約の第15回締約国会議で
大西洋・地中海産クロマグロの国際取引禁止を求める
モナコの提案を引き続き支持すると発表した。
マグロ規制をめぐっては、欧州で同案への支持が
広がりつつある。
今回、米国が支持を再表明したことで、クロマグロの
世界最大の消費国として取引禁止に反対する日本は
一段と苦しい立場に追い込まれそうだ。

       こんなニュースが出ておりました。
クジラに続きクロマグロも口に出来なくなるのか(`´;)?

クジラに関しては南極海で調査捕鯨を行えば
反捕鯨団体「シー・シェパード」にいちゃもんは付けられるし。
その上..地中海のクロマグロ漁妨害を行うとも宣言。
抗議行動とは言っても常識の域を超えてますからね。

ぼちぼち...捕鯨を含む漁業の位置付けを
格闘技に変えないといけなくなって参りましたか(`〜´;)?

確かに乱獲はダメですが日本古来の食文化を非難され過ぎでは
無いでしょうか?

欧米でクリスマス料理と言えば七面鳥の丸焼きです。
皆様もあの姿をご覧になられたことがあるでしょう。
まさに“火あぶりの刑”

.JPG

オーストラリアでもカンガルーやワニ、羊を食しますが
日本人が抗議する話も聞いたこと有りませんし。
それが各国の食文化や伝統なのですから。

...とは言ってもカタールでは
この大西洋・地中海産クロマグロの
国際取引禁止規制は可決されることでしょう。

水揚げ量減少もさることながら中国人や台湾人がマグロを
食するようになったことも懸念材料か。
中国人達が本気でマグロを食べだせば、この世からマグロが
消えてしまうかも(-_-;)?
天然マグロ資源枯渇も世界的に叫ばれる訳か。

...長々と何を言いたいかと申しますと
クロマグロの養殖が国内で急増して参りました。
双日や三菱商事、日本ハムにマルハニチロ、日水と
大手企業が続々参入。

クロマグロの完全養殖が実現されればスゴイことになるのでは?

...と言うことで弊社ファイナンシャル事業部では
先日のワシントン条約のニュースから期待できる企業を
追ってみました。

双日・三菱商事は商社故、他の業績にも左右されますので
目を向けず、水産系のマルハニチロと日水に注目。

マルハニチロは有利子負債が多く却下。

日水もあまり良い財務内容でも無いですが配当率も4%と高配当。
ここはマグロ捕獲規制可決を睨み
日水のマグロ完全養殖の実現と
中国・台湾人のマグロ消費拡大を見据え長期保有も有りかも。

マグロ養殖の研究開発するにも高コストは必至。
資金と経験がものを言う為、他国企業追随も容易では無いかも。
他国企業が参入し出して値崩れを起こす前に売却手仕舞。

ムム..なかなか良い貯金かも(#`▼´#)

先日発表の弊社ファイナンシャル事業部推奨銘柄、青山商事も
低PBR・財務良好で狙い目と言っておりましたが
更にアウトレットの多店舗化を計画。
同社課題の在庫処分の解決案。
更にジーンズのリーバイスと業務提携も好感され右肩上がり。
イイよ!! 青ちゃん♪

色々言っておりますが..もちろん株は自己責任で。
頑張れ日水。
posted by osuechan at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2010年02月09日

沈没...

残念ながら...
『グローバルリーディングカンパニー』を目指しての
“キリンさん”は実現されませんでしたか。

最大の要因は寿不動産ですか。
別にサントリーさんに恨みも無いので
これ以上はお書きしませんが。
経営の透明性を目指すキリンホールディングスが
サントリー創業者一族の発言権維持主張に対して
「ノー」の答えを出したのかな。
どちらにしてもアサヒさん達はホッしてるのでしょう。

この両社の経営統合の交渉打ち切りや
先日からのトヨタリコール問題、幹事長周辺のザワザワとした
問題等、冴えない報道につられる様に日経平均も
10000円台を下回ってきましたか。

まぁ...それだけでは無くギリシャやポルトガル、スペイン等の
ソブリン・リスクの高まりが、欧州各国の株価下落に連鎖し
更に米国、日本の株式市場にも波及。
国家が破綻する恐れがあるのですから当然と言えば当然か。

それに乗じて外為市場ではリスク回避の動きから
円が買われて、もひとつ悪材料。

しかしながら...
世界的な連鎖株安となっておりますがオーバーシュート気味に
思うのはワタシだけ(-_-)?
楽観視し過ぎかな?

大きな調整局面を脱した後は3月の各社決算発表での好決算を
材料に上値を目指すのでは無いかと...
弊社ファイナンシャル事業部では見ております。

その後は再び急降下...でしょう?

オバマさんの新金融規制法案や中国の金融引き締めの動向等、
懸念材料満載の地球船。

ダメリカは台湾に武器をしこたま売って中国は怒ってるし。
JALは飛行機を飛ばすのが仕事なのに
自らが吹っ飛んでしまうし。

こんなニュースばかりが飛び交う毎日。
そのニュースに驚かず慣れてしまった自分が
恐ろしく怖い今日この頃です...。






posted by osuechan at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済