2020年02月21日

初パドルシフト

『 え〜..これどうするの? 』

7.JPG

少しドキドキ..人生初となるパドルシフト。
しかも勝手の違う右ハンドル。
この2点が違うだけで すごく違和感を覚えた。


オイル交換と定期点検で アバルト大阪東を訪れた。

1.JPG

退屈な待ち時間..。

2.JPG

『 ほっと社長、特別仕様車に試乗されますか? 』 と声を掛けられる。
おお〜 退屈しのぎにいいじゃない..とスタッフに付いて表へ。

4.JPG

わくわく。
どれに乗せてもらえるのかな?

聞けば 八光自動車のチューニングブランド “ ディベルティ ” のデモカーと

6.JPG

ASSOのチューニングカーの2台。

5.JPG

試乗コースはどちらも阪神高速環状線だという。

はは〜ん..なるほど、狙いが読めた。

ワタシにチューニングカーを体感させ 気に入ったところを聞き出してセールスを掛けてくるに違いない。
きっと 『 いいでしょ〜 いいでしょ〜!! 』 と責めてくるのだろう。

でもワタシのおにぎり号には ディベルティ戸田レーシングが共同開発したサスペンションキットが すでに組み込まれているし..今さらASSOのサスペンションを味わったところである。

ならばコンピューターチューンを体感させて いいでしょ〜!! 攻撃を仕掛けてくるのか?

などと考えながらチューニングカーに乗り込んだのだが..

14.jpg

そんな足回りや加速感を体感する前にパドルシフトに慣れないのだ。

右手でシフトアップ、左手でシフトダウンと 簡単なのだが ワタシの左足はクラッチを踏みたがっていてうずうずしているし、まず頭で考えてしまって素早い対応ができずに もどかしい。
それに加えてハンドル位置が ワタシのおにぎり号の反対側だということで ポジショニングもしっくりとこず 馴染めない。

そんなこんなで あっという間に2台の試乗は終わったのであった。
..最初で最後のパドルシフトになるのかも知れない。

ただ、試乗中にワタシのおにぎり号の気になる点を 助手席に座るスタッフに色々とお聞きしたところ これを付けましょうか..ということになった。

8D.jpg

チューンに詳しい方なら ご存じかと思われるが “ ディバーターバルブ ” というもの。

9.JPG

そう、結局は何か買わされたこととなるのだ(笑)

さてそのディバーターバルブとは?

ん〜..簡単に言えば雰囲気を楽しむものとお思いください。
詳しくはお会いした時にでも。

どうぞ皆さま 良い連休を。
ワタシも 連休に出勤してくれる部長に見つからぬよう これを楽しみにドライブに出掛けてきまーす。
posted by osuechan at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年09月17日

青空に乾杯

『 すいませ〜ん..撮ってもらえますかぁ。 』

ワタシがこの石碑をカメラに収めていると

001A.JPG

スキンヘッドにガッチリとした体格の男性2人組ライダーから声を掛けられた。

『 はい..いいですよ〜。』 と石碑と2人との構図を考えながら覗くカメラのその先には..
はにかむように腕を組む2人。

そ、そうだったのか。
お幸せに。
 

今年のGW..
おにぎり号を飛ばして 朝早くにやって来た この大台ケ原。
しかし駐車場はごった返しで停めることができず、そこから下ること1km以上に亘る路肩駐車。
それはバスの往来にも影響を及ぼし 警察まで動く騒ぎとなった。

こりゃいかん..と諦めて引き返すこととなった おにぎり号とワタシ。

あとで調べてわかったことだが 行楽シーズンでは夜中の段階で満車になるとのこと。
そう..車中泊にて朝を迎えられるのだ。

行く前にもっと調べるべきだった..と反省をして挑んだ今回。
近鉄電車と奈良交通バスの往復乗車券セットを買い求めた。(探勝日帰りきっぷ)

002.JPG

これはお得で便利..記念品の引換券まで付いていた。

001.JPG

ただ 到着時間と帰りのバスの時間を考えると登山ルートは限られてくる。
遠足気分の東大台地区は回れるが、入山に許可が必要な西大台地区は時間的に不可能。
なので今回は東大台地区を楽しむことにしたが..それはそれは見事に整備されたコースだった。

008.JPG

老若男女問わず気軽にハイキングが楽しめる。
クロックスで登る強者もいたぐらいだ(笑)

010.JPG


おお..これだな。

016.JPG

初めて訪れた 大台ヶ原の最高峰 日出ヶ岳(1,695m)

017.JPG

実のところ..あまりにもあっさりと登れたので登頂という感覚はない。
でもここから眺める壮大な景観..さらのこの青空がワタシをウキウキとさせた。

ここで皆さんがお弁当を広げるのを見て ワタシもお昼をとることにした。
凍らせてリュックに忍ばせた酎ハイを取り出し..青空に乾杯。

020.JPG

皆さんはインスタントラーメン作りに一生懸命だ。
流行ってるの?
ここまで来てグビグビ飲むワタシもワタシだが..ここまできてラーメン調理?
な〜んか おかしいや(笑)

033.JPG

この東大台コースは平らなコースにも所どころ整備がなされ、動植物の案内板も多く設置されている。

035.JPG

申し分のないハイクコースなのだが ただ1つ言わせてもらえれば お手洗いがコース内になく不便なことだ。
小学生の女の子が母親に付き添われ草むらで用を足している姿も実際に見た。

酎ハイを飲み過ぎて困った大人のためではなく..小さな子供や年配の方々への配慮も必要だ。

最後に大台ヶ原の人気No.1スポット “ 大蛇ー ” でのひとコマ。

044.JPG

この下は1000mの断崖絶壁。
ここから立小便したら さぞかし気持ちいいだろうなぁ(笑)

045.jpg

そんな不謹慎なことを考えながらトイレのある駐車場に急ぎ足で向かった。

・Bコース(中級):東大台コース 約7.7km
・お弁当と酎ハイを飲んでのコースタイム:4時間弱
・次回目標:入山手続きをとって西大台コース
posted by osuechan at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年07月08日

まだハマってます..

少し遅刻か。
『 おお..ゲートが見えてきた!! 』

1A.JPG

料金所では..
『 もう だいぶ行かれましたよ。 』 とお声掛けくださる。

1B.JPG

夜中からの残務に手こずり、慌てて出発するも少し道を間違えたりと どうにかこうにかここまで辿り着く。

所々で野生化した鹿と遭遇するわで無茶な運転もできずだが..
それにしてもなんちゅうカーブの連続だ?
しかも先ほどまでの雨で路面はウェット。

これが生まれて初めて走ることとなる “ 奈良奥山ドライブウェイ

恒例のSMM(サンデーモーニングミーツ)..変わったおじさん達による日曜の朝のミーティング。
いや..最近は女性の方も増えてきたかな。

1C.JPG

雨は上がったものの..雲が湧いたと思えば少し太陽が顔を出したりと不安定気味な空。

1D.JPG

それでも朝8時にはここ..奈良奥山ドライブウェイ 若草山頂駐車場に数十台のアルファロメオ、アバルトのオーナーが集まる。

002.JPG

情報交換の場でもあるのだが..
今回は面白いハンドルを教えていただいた。

ワタシのスポーツシートもそうだが..このオーナーさんはシートを変えられていて乗り降りがしにくい。
そこで膝がハンドルに当たらず乗り降りしやすくするパーツ。

02A.JPG

ハンドルの下の部分にあるボタンを押すと このように水平になる。
もちろん車検もOKだという。
へ〜 なかなかユニークなパーツだな。

感心しながら歩くワタシの足を止めたのは “ ABARTH 124 spider ”

02B.JPG

日本仕様では右ハンドル設定だが、左ハンドルでハードトップがあればワタシも迷ったはず。

02C.JPG

う〜ん.. 自転車が積めないから やっぱり おにぎり号になってたかな?
でも好きな車だけに精悍なフェイスに惹かれてしまう。
ピカチュウとは大違いで魅力的だ(笑)

皆さんとお話するに、それぞれカーライフがあって..目的に合った車を選び楽しんでいる。
車と一心同体だとか..会話をしながらといった言葉も似合うかな。
どのオーナーさんの顔を見てもそれを感じる。

ワタシもスタイルより何も..面白半分で試乗した瞬間にスイッチが入ってしまった。
こんな面白い車があったのかと。

004.JPG

もし購入のお考えや..気になる方が読んでおられたのならお伝えします。

くれぐれも中途半端な気持ちでは試乗なさらぬように。
ここに集まる皆さんが口をそろえておっしゃいます。

unnamed.jpg

サソリの毒が回ったと。

以上..不便で乗りにくい車なのに いまだに熱の下がらない重症オーナーより..。
posted by osuechan at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年05月23日

風車街道 続編

今津港辺りでは

024.JPG

琵琶湖産の魚貝類や佃煮、鮒寿司を扱うお店が多数並ぶ。
うなぎを焼かれていたり..『 あっ、寿司屋さん!! 』 と次々目に飛び込む。

026.JPG

観光地化されていない街並みが良くって..
また琵琶湖の北部に浮かぶ竹生島へも興味をそそられる。
この港から琵琶湖汽船で向かえるというのだ。
ふ〜ん 改めて泊まりで来よう..と頷きながらペダルを踏んだ。

マキノ町に入る。
折り返し地点となるマキノ駅まであと僅か。

031.JPG

素朴で懐かしさを覚える駅..。
でも何でマキノってカタカナなんだろ?

003A.JPG

調べてみれば..日本で一番最初にできたカタカナの町なんだとか。
昭和30年に4つの村が合併してできた町で、名前が知られていた “ マキノ高原スキー場 ” から付けられたという。
北海道のニセコ町みたいなもんだな。

うーん.. それにしても腹が減った。

最近では自転車でも飲めない風潮になって..( 風潮じゃない 道路交通法でだ!! )
飲みたくならないカレー屋さんでもあればなぁ..と思っているところへ ドンピシャの看板が。

044.JPG

『 次の信号を左に!! 』
『 了解!! 』 ( 一人二役 )

『 おっ..ここか。 』

なんて読むんだ?

045.JPG

優しそうなお母さんが出て来られて
『 この車は出ないから自転車をもっと奥の方に入れてもいいですよ〜 』 と年式の古いベンツの奥を勧められた。

046.JPG

『 ありがとうございます!! 』
相棒2号を停め..読めない名前のお店の中に入った。

048.JPG

『 お母さん..お店の名前、何て読むんですか? 』

050.JPG

『 モーガン。 』
『 これで? ( 望雁 ) 』
『 当て字なんです。 』 と言って名刺を差し出された。

052.JPG

そこにはイギリスの名車 モーガンの絵が。

『 主人が学生時代に憧れていた車なんです。 』
よし、ワシの出番だ!!..とばかりに、厨房にいたご主人も会話に加わり モーガンについての座談会(笑)

15jK.jpg

100年以上前から存在する英国の伝統的なスポーツカーメーカー。
現在も一部 木材を使い、ハンドメイドで作り続けられていることは有名。

まさかそのモーガンに憧れて “ 望雁 ” にされるとは..聞いてみないと分からんもんです(笑)

このご夫婦..仲良く琵琶湖のほとりでお店を守り続けられて40年。
いつまでもお元気で続けていただきたいものです。

『 ごちそうさま〜 』
ほのぼのとした気持ちになって..相棒2号にまたがる。
帰路も調子良く 琵琶湖を眺めながら のんびりペース。


『 ただいま..長い間 待たせたな。 』

近江高島駅前の駐車場に待たせていた おにぎり号の横で相棒2号を折り畳み..積込み完了。

081.JPG

一日琵琶湖を満喫しても財布に優しい高島市。

082.JPG

今回のポタリングで次回訪れたい場所も見つかった。
それと 少し下調べをしてから この琵琶湖舟運で発展した町の歴史に触れてみるのもいいか。
posted by osuechan at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年05月20日

風車街道

風車街道と呼ばれる滋賀県道333号線。

001.JPG

この日曜日..琵琶湖を眺めながら風を切りたくなって 相棒2号を乗っけてやって来た。

近江高島駅前の駐車場に おにぎり号を預けて出発。

002.JPG

ゴールというか..折り返し地点を風車街道終点辺りのマキノ駅に定めて。

003.JPG

“ 近江の厳島 ” と呼ばれる白髭神社へも少し寄り道をし..

070.JPG

往復では58km ほどだったが..今のワタシにはちょうど良い距離。


そうそう..巷では地主になったから もう自転車に乗れないのではないか?..とささやかれているようだが、もうすでに完治しておりますので ご安心ください(笑)

さて、なぜこの道路を風車街道と言うのか?

かつて 道の駅しんあさひ風車村というのがあって、そこに風車があったのを記憶している。
たぶん..その町おこしの一環で名付けられたのであろう。

『 お〜まだあるある!! 』 何年振りかに訪れてみたが 今なお健在。

021.JPG

しかし..知らぬ間に道の駅しんあさひ風車村は “ ステージクス高島 ” とやらに様変わりしていた。

019.JPG

宿泊施設もあり少し形態は変わったようだが、風車とサイクリストへの優しさは変わらぬことを願いながらマキノ駅を目指す。

イボ痔完治を含めて..どうでもいいような中年ポタラーの休日の話。
一話で終わらせようと思っていたら意外と長引きそうなので..次回 もう一話 どうでもいい続編にお付き合いください。

何が楽しいの?
と思われる方もいらっしゃるでしょうが..たまには自分と向き合う時間っていうのも必用なんじゃないかな。

㊟ 右手にビールを握っておりません!!
034.JPG

それにここでは書かないが、色んな方々と触れ合うのもこれまた新鮮で楽しい。
posted by osuechan at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年05月07日

天空のカフェテラス

タイトルを見れば..びわ湖テラスを想像されるのではないでしょうか?
こちらは伊勢志摩にある英虞湾を見渡す横山展望台。

020.JPG

楽しみにしていた大台ケ原にて玉砕したワタシは..その日のうちに伊勢志摩に移動し宿泊。
そう、大台ケ原と..この天空カフェテラスの2本立てを計画していた今回の “ おにドラ ”(おにぎり号でのドライブ)

まだこちらの方が脈があると信じ、翌早朝に訪れてみると..見事的中。
すんなりと駐車場に停めることができた。

遊歩道を進むと..

111.jpg

『 ブラボー!! 』 

036.JPG

薄雲が広がり、少し靄(もや)がかかるが..昨日 大台ケ原で玉砕しただけに感動は大きかった。

春風を浴び..珈琲を味わう優雅な時間。

021.JPG

『 もう許してやるぜ..大台ケ原。 』(笑)

019.JPG

このあと実は時間に余裕があれば..もう1つ訪れたい場所があった。

ただ..そこへは おにドラでは行けない。

おっと、その前に腹ごしらえだ。
鳥羽駅近くのパーキングに彼を預け..てくてくと駅裏の大好きな場所へ。
ご存じ..“ さざえストリート

037.JPG

何を食べたか.. 何を飲んだか? 全ては神のみぞ知るところで(笑)

042.JPG

サミット乾杯酒を筆頭に

041.JPG

三重の地酒も多数置かれている。
それにこの伊勢志摩の特産物とくりゃ..

ああ..電車で来てよかったぁ〜(笑)

043.JPG

さて..締めはお決まり伊勢うどんだ。

044.JPG

腹ごしらえを済ませ、最後の目的地となる離島へ..鳥羽マリンターミナルより出航。

050.JPG

長年の夢を追って..。
posted by osuechan at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年03月25日

コインパーキングの別の顔

010.JPG

3月のSMM(日曜の朝のミーティングという おしゃべり会)
大阪城公園駅前駐車場..朝8時。

002.JPG

Alfa Romeo ・ FIAT ・ ABARTH の各オーナーと カーディーラーのスタッフの皆さんと..
コーヒー片手にパンをかじりながらワイワイガヤガヤ。

『 何の集まり? 』 との周囲の方々の反応もおもしろい。
確かに変わった変なおじさんばかりの集まりなので(笑)

ABARTH の参加が毎回一番多いが..今回も黄組はワタシだけだったよう..。

006.JPG

でも..『 黄色を買いたかったんですけど在庫がなくって違う色にしたんです。』
というオーナーさんが話し掛けてくださって、お友達に。
こんな感じで輪が広がっていく。

オーナーさんとはお話しできなかったが ABARTH 695 BIPOSTO(ビポスト) 様も参加されていた。

007.JPG

なぜ様を付けるかって?

それは公道走行ギリギリセーフってな車で、フルスペック仕様車だと..おにぎり号の倍価格だという小さなモンスターだから。
なかなか街ではにお目に掛かれない車なのだ。

こちらはセクシーな Alfa Romeo 4C(アルファ ロメオ フォーシー)

011.JPG

うっとり。
そういや..この4Cクーペタイプは2019年から廃版とか聞いたような?
寂しい話だけど..

実はこの曲線にワタシはメロメロでして..
おにぎり号には悪いが..眺めていると浮気心がついつい..(いかんいかん!!)

この日の大阪城公園駅前駐車場..
ワタシ達 変なおじさんばかりでなく、日産の会社関係なのかな?
何やら日産車を並べて撮影会が行われておりまして..

012.JPG

とまぁ..休日の大型コインパーキングの使い方も多種多様。
意外な一面でしょ(笑)

さて、皆さんと記念撮影のあとは遠足に。

035.JPG

今回は不思議な? ピザ屋さん。
不思議と言うか..変わったというか?
副業でされているというか..
それより場所が分からないというか..(笑)

和歌山県道19号沿いにあるのだが、鼻歌を歌っていると必ず通り過ぎてしまう。
この小さな手作り看板だけが頼り。

036.JPG

そうそう..この右側の側道を上がって行くのだ。

こんな所にお店? ほんとに?
..と思った頃に姿を現す かわいい小さなお店。

037.JPG

薪もある!!
間違いない!!..とお店に入る。

046.JPG

なぜオーナーは こんな場所でピザを焼くことになったのか?
次回に続く..
posted by osuechan at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年02月12日

春日山原始林

春日大社の聖域として守られてきた “ 春日山原始林

1100年以上前から狩猟と伐採が禁止されているという。

国の特別天然記念物に指定され、世界遺産にも登録されている原始林。

3.JPG

へ〜..と これだけで想像が膨らみでワクワクしてしまう。

場所は奈良公園の東側に広がる一帯で 若草山の横道から上がって行くようだが..何度となく訪れてるにもかかわらず その存在を知らなかった。

そして雪がちらつく中..ワタシはこの原始林に足を踏み入れることとなる。

2.JPG

手つかずの自然が織りなす景観を..と期待をしすぎたのがいけなかったのか?
それとも過大評価? 過大宣伝なのか?
そう.. 結論から言えば物足りなかったのだ。

コースの春日奥山道路は一方通行ではあるが、自動車やバイクがくれば路肩に身を寄せなくてはならないし

4.JPG

道中 これといった見どころが少なすぎる..。

そうだな..最大級の見どころを紹介すれば この首の切れた首切地蔵。

6.JPG

江戸前期の剣客、荒木 又右衛門が試し切りをしたと伝えられているが..ちょっと無理があるような..。
(切れんやろ!!)

それとその先にある三本杉跡。

7.JPG

枯死した株を見るに..この場所に3本の杉があったということだ。
それを見どころにする?
とまぁ こんな感じだ(笑)

時間も..
春日山原始林ハイキングコース徒歩210分 (約10km)コースに挑むも 120分でゴールしてしまい..少し盛り過ぎ感は否めない(笑)
とまぁ..全てにおいて疑問や物足らなさを感じたが

5.JPG

ジョグでアタックするならいい汗をかけそう。
実際に4人のランナーとすれ違ったり追い抜かれたりしたので..マラニック部で訪れるならいいかも? と頭をよぎる。

下りると春鹿の酒蔵(今西清兵衛商店 )がすぐそこだし(嬉)

IMG_1658.JPG

期待外れの原始林だったがゴールから酒蔵が近かったので一発逆転だ(笑)




そうそう..これにも触れておこう。

なら瑠璃絵2019花火.jpg

この14日まで “ しあわせ回廊 なら瑠璃絵 ” というのが夜に催されていて 春日大社・興福寺・東大寺という奈良を代表する三社寺が幻想的な光の道でつながれている。

8.JPG

瑠璃色の星がいつまでも美しく輝くようにとのライトアップ。

10.JPG

知らなかったとはいえ..これはお見事 素敵なイベントだ。

フードコーナーでは熱燗も楽しめるので寒さしのぎ?にもなるぞ。

11.JPG

え〜..これって毎年催されていたの?
これまた情報通な皆さんはご存じでワタシだけが知らなかったのか?

14日は花火の打ち上げもあるようなので 知らない方には是非お伝えしたいなぁ。

9.JPG

とまぁ取り留めの無い内容だが..こんな感じで連休を楽しんでいたということで。

春日山原始林にてワタシと同じ気分に浸りたい!! と感じられた方は是非どうぞ(笑)
posted by osuechan at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年01月11日

ケアンズ珍道中

前の座席の後面に貼ってある。

11.JPG

公共交通機関(バス・電車)内では飲食厳禁のオーストラリア。

危ない危ない..そういやそうだった。
ワタシは普段..バス、電車では飲んでいることが多く(趣味なのだ)、これと同じことをこちらでやってしまうと罰金だ。

さらにシートベルトは全席着用が義務となっていて、これに違反するとどえらい罰金が..。
しかも支払うのは座って外の景色を眺める乗客自身だというのだから..ひえ〜!!

それに空港やお店に並ぶミネラルウォーター様には腰を抜かした。
そう、様を付けないといけないぐらいで..だいたい500ml 1本が4.00〜4.50

1.JPG

尿酸値の高いワタシにとっては必需品だが こりゃ高すぎるぞ。
でも聞けば水道水を飲んでもお腹を下すことはないという。
昭和40年代に幼年期を過ごすワタシにとっては水道水は当たり前のへっちゃら。
なのでホテルではがぶがぶと水道水を飲んでいた。

ところが.. “ ガシャン!! ”
やっちゃった..。
安くあげようとがぶがぶ飲んでいたらグラスを落とす!!

あ〜あ..と、割れたグラスを掃除して..調べた英語と日本語でのお詫びを書いたメモと$20.00を置いておいた。
こりゃ高い水道水代になったなぁ..。

しかし夜に戻ると$20.00はそのままで日本語で嬉しい言葉が添えてあった。

1A.JPG

ハウスキーパーと日本人スタッフの連携に大感謝だ。
(でもワタシのこの英語はあってるのか?)
ん?
割て?... その前に日本語を間違えているぞ..オレ(笑)

1B.JPG

あと不便に感じたのがスーパーやコンビニでお酒が買えないこと。

2.JPG

そこらで飲んでホテルに帰ってもう一杯と思うも こちらでは酒屋さんでしか買えないのだ。

7.JPG

しかし..こうしょっちゅう同じ酒屋に買いに行くと、店主のランディ・ジョンソンはワタシを覚えてくれる。

『 20年前にあなたのお父さんには世話になったんだよ。 』
と言いたいが、ワタシは “ WARNING ” も知らないジャパニーズおじさん。
笑うしかできない..。

8.JPG

でもそのジャパニーズおじさんの変な癖をおひとつ披露。

それは..海外で飲んだ後にその国のカップ麺を買うという癖。

6.JPG

普段 日本に居る時は健康のため、カップ麺など食べないのだが..
なぜか旅行だと..飲んだあとに妙な好奇心がワタシを誘う(笑)

そんな理由で連れて帰ってきた彼。

9.JPG

“ Braised Beef ” とあるが蒸し牛肉か煮込み牛肉といったところか?

10.JPG

さて..そのオージーカップ麺のお味は?

IMG_1563.JPG

カップスターだった(笑)

ダイビングやレストランの話よりも..ワタシらしいケアンズ紀行。
何の参考にもなりませんが こんな旅だったということで..

このような幕開けだった2019年ですが、どうぞ皆さま本年もよろしくお願い申し上げます。
posted by osuechan at 11:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 趣味

2019年01月09日

WARNING

恥ずかしい話だが..

1.JPG

『 ワニ..ing? 』

ワニのイラストがあったので..
“ ワニが泳いでいるので遊泳禁止!! ” だと思っていたのです..
帰りの空港で これと同じ文字を見るまでは。

ふと思い出して調べてみたら..吹き出してしまった(すごいぞオレ:笑)

お正月は夏真っ盛りのケアンズで楽しい時間を過ごさせていただいた。

3.JPG

とは言ってもワタシは観光や買い物が大の苦手..
ご存じの通り、動いているか飲んでいないないと病んでしまう。

なので30℃を超える中..ふらふらになるまで 海岸沿いや

5.JPG

市内をジョグ&ウォーク。

065.JPG

足が痛くなって走れなくなった後は..世界最大の珊瑚礁、グレートバリアリーフに浮かぶ島々に渡り

2.JPG

ちゃぷちゃぷと水遊び。

ワタシ自身..ケアンズは2度目。
20年ほど前に記憶を戻してはみるものの..ほとんど覚えていない。

でもやはりこの田舎町の空気、雰囲気..人々が大好き。

地図を広げてキョロキョロすれば どなたかが声を掛けてくださるし..
お店に入れば現地の方々が話しかけて来られる。
WARNING の意味も知らないワタシだと言うのに(笑)

朝ごはんもそんなノリでお店に入った。

6.JPG

気に入ったワタシは毎朝走ったあとに ここで朝食をいただくこととなる。

7.JPG

ただ悲しいかな..こちらでは朝食とアルコール類はダメなのだ。

8.JPG

酔っ払いに厳しいオーストラリア。
法律により午前10時以降でないとお店は出してくれない。
..となるとコーヒーを飲んで食べるしかない、似合わないだろうが。

9.JPG

どう見てもこのモーニングにはビールだろ!!

10.JPG

..と毎朝突っ込みながら朝を乗り切るワタシであった。

そんな日本とは違ったお国事情を次回に もう少しだけお伝えさせてくださいませ。
posted by osuechan at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味

2018年11月19日

山の辺の道(南コース)

この季節に是非おすすめ!! ..日本最古の道といわれる山の辺の道

その古代ロマンが盛り沢山の道をマラニック部の皆さんとアタック。
今回は南コースの桜井〜天理 16km を走って 食べて 飲んで 転んで?..と楽しんできたのだ。

003.JPG

ワタシ的に一番の見どころだったのは この大神(おおみわ)神社かな。

012.JPG

酒蔵の軒先に吊るされている “ 杉玉 ” は、この神社から全国の酒蔵に届けられているというのを聞き..驚く。
..と同時に これだけお世話になっているのにお参りが遅くなって申し訳ございません..との気持ちが込み上がる(笑)

青空の下..数々の古墳や寺社に

058.JPG

この季節の草木を楽しみながら皆さんとスマイルラン。

055.JPG

道中、無人野菜・果物販売所が所どころにあり、柿にみかんに季節の野菜が多数品揃え。
しかもどれも目を疑う特売価格!!
すると..メンバーの中にはキャベツを買い、抱えて走る強者まで現れた!!

楽しすぎる〜(笑)

081.JPG

走りながら撮り溜めた写真でムービーを作成したので、参加された方は思い出しながら..残念ながら来れなかったメンバーの方には雰囲気だけでも味わっていただければ。



次回は来年になりますが、山の辺の道(北コース)を予定しておりますので..皆さんお楽しみに〜
posted by osuechan at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2018年10月15日

フェラーリのトランクって?

知らなかった..
ボンネットを開けると..そこがそうだったなんて。

01.JPG

ここに買い物をした白菜や豆腐を詰め込むのか..。
スーパーでこの光景を見られた方の大半は..へ〜と思うだろうな(笑)

どこで知ったかというと、西日本最大級のイタリア車の祭典 “ CiaoItalia ” にて。

会場となるセントラルサーキットまで一緒にと..おにぎり号販売店からお誘いを受け、数十台が赤松パーキングに集合。

012.JPG

青空の下、ランチャ・アルファロメオ・フィアットのオーナーさん達と共にサソリチームも混ぜていただき..仲良く行儀良くツーリング。

会場では自動車評論家の西川淳氏のトークショーがあったり

02.JPG

レーシングカーのデモンストレーションがあったりで少年に戻り楽しんできたのだ。

140.jpg

どう??..なかなかの腕前でしょ?..カメラ。

と言いたいところだが、ワタシのカメラにこの腕ではさっぱりだった(笑 / プロカメラマンのを拝借)
強烈な速さだった..このフェラーリFXX-K

走りを終えてピットに帰って来たところならワタシにだって..カシャ!!(笑)

124.JPG

でも世界に32台しかない このハイパフォーマンス・レーシングカーをメインストレートのピット前で見れたことは嬉しかった。

138.JPG

ワタシはもうこれだけで大満足。

レースやエキサイティングランに参加されたオーナーさん達はもちろんそれ以上だっただろう。

055.JPG

おにぎり号でも参加できるようなのだが..

048.JPG

夜中に仕事を終わらせてから向かうワタシにはそんな時間の余裕もなくって..準備も何も。
でもまた..それを楽しめるタイミングもやがて来るのかも。
いやいや..そういう時間を作らないとなぁ。

そんなこんなで今回は..目と耳の保養のみでサーキットをあとにする。

029.JPG

目と耳のあとは胃が叫ぶ。

オレにも保養させろ..酒だと。
posted by osuechan at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味

2018年08月20日

カスタマイズ

この年になって..自分でも信じられないことをしている(笑)

1.jpg

まぁでもディーラーさんに聞けば..この車を買い求めるのは50歳〜60歳オーバーの人が多いというので、それらを理解して読んでいただければ、変なおじさんには見えないのではないでしょうか?

KONI製サスペンションが標準装備されている 我がおにぎり号。
もちろん街乗りから高速走行までで文句なしの装備。    
でもそれに慣れると..もうワンランク上が欲しくなってしまったのだ。
そう..車高調整式サスペンションキット。

2.jpg

ワインディングロードをもっと楽しく..
さらにはサーキット走行も視野に入れて、そして..万代への買い物をより早く!!

3.jpg

divertiと岡山県にある戸田レーシングとの共同開発品。

4.jpg

サスペンションキット装着後、タイヤとボディをツライチにするため、前後共にホイールスペーサーを装着。
コーナリング時に少しくらいは貢献してくれればいいのだが..?(しないよなぁ..きっと)

5.jpg

あと..スロットルスペーサーと言って、スロットルボディインテークマニホールド間に装着することで、乱れの無いスムーズな吸気を実現。(ほんまか!?)

7.jpg

これにより、トルクアップとアクセルレスポンスを向上させる!!
..という説明を受け、うなずいてお願いをしてしまったと言う..あまり車の構造に詳しくない ほっと少年..
(。 ・ω・))フムフム

..とまあ他にも、ちょろちょろとカスタマイズ。

8.jpg

走ってみての感想ですが..

6.jpg

まぁ〜言っては何ですが..
生前のアイルトンセナなら置き去りにしていることでしょう。

15.jpg

すいません..大きく出てしまって..(笑)
それぐらい嬉しい気持ちだということをお伝えしたくって..ご理解くださいませ。
posted by osuechan at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2018年08月08日

呼び名を変えるな!!

車のヘッドライトによって、スポーティーだとか..エレガントだとか決まる。

でも彼は..弾けるような走りからは想像できないキュートな目(笑)

1.JPG

その戦闘力と..野太い排気音に合った目にしてやろうと、スモーク塗装をお願いしてみた。

ヘッドライト、ハイビームライト、フォグランプの左右6灯。

2.JPG

『 どう..いい感じに仕上がったでしょ? 』..とアシスタントの姫に聞くと
『 ピカチュウみたい!! 』 とひと言。

10.jpg

た、確かに..。
反論できなかった..。


ABARTH595は、このシリーズ4からテールランプの中央部にボディー色が覗くようになった。

3.JPG

実はこれもあまり好みではなかったのだ。
 
この部分を埋めるパーツも何点か出回ってはいるが、既製色もなぁ..と言うことで、買い求めたステンレス製パネルを誰もされていない色にしようと こちらにお願いをした。

4.JPG

自動車から飛行機まで、板金・塗装を手掛けられる “ エアロマサキカーペイント

ワタシの想いに応え、色作りをはじめ塗装に至るまで..たったこの2枚のために4時間も割いてくださった。
青味がかったマッドブラック。

『 ピカチュウみたい!! 』 と叫んだ姫が持つこれがそう。

5.JPG

大丈夫、君にはもう感想は聞かないから..(汗)

これを超強力両面テープで固定してやるのだが..

6.JPG

サイズがギリギリというか..小さめじゃない?
夕日を浴びながら..ペタペタと貼ってみる。

7.JPG

おー!!
いいんじゃないの?

8.JPG

こうしてイメージを少し変えたピカチュウ..じゃない、おにぎり号。

009.JPG

外観はともかく..

スモーク塗装に出した時に、実は他に少し手を加えて欲しいとお願いしていたことがある。

昨日..チューニングを終えて帰ってきたのだが、次回..その内容に少し触れてみることに..。
posted by osuechan at 17:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味

2018年07月19日

C洗濯?

ワタシの連休の楽しみ方をだいたいの皆さんはご存知かと思われますが..
そう、雨が降ったら行かないという一人旅なのです。
ドライブや自転車、ジョグ&ウォークにトレッキング。

でも今回のブログを見て疑問に感じ、何度か聞かれたのが..C洗濯?

実は荷物を必要最小限にするため、着替えを持って行かず..夜に洗濯をするのだ。

1.JPG

自転車旅で1日 100kmほど走る時など..リュックは軽けりゃ軽い方がいい。
それが癖つき10年ほどこのスタイルだ。
ここまで続けると..洗濯をしないと一人旅をした気にならなくなってしまったのだ。
これだけは分かってほしいなぁ(笑)

さて、尾鷲といえば山と海。
そう..登山のあとは海の幸。
街のすぐそこは尾鷲漁港。

1A.JPG

当然ランチは期待大。

お昼から色んな物を食べさせてくださった魚介料理 鬼瓦さん。

2.JPG


これだけお造りを盛ってくれた上にまだ..マンボウが出てきたり

3.JPG

鬼海老を食べてみて〜と出してくださったり。

4.JPG

こいつのミソは絶品濃厚!!

はぁ〜♡..と幸せそうな顔で店を出るも、夜からの試合に備えて..ワタシはこの海岸で..zzz..zz

5.JPG

そして夜の試合会場は、ホテルの仲居さんに教えていただいた尾鷲の海を存分に楽しませてくれるこちら..

6.JPG

華すしさん。

『 ホラ貝って山伏が吹くものじゃないの? 』 と思わず聞いてしまったワタシ。

8.JPG

食べてみて分かったのだが..吹いてる場合じゃないって!!(笑)

こちらもまた色々と近海物を楽しませてくださったが

10.JPG

これにはひざを叩いた..尾鷲産の赤うに。

9.JPG

ご主人が目で..どうだ!! と聞いて来られたので、思わずウインクをしてしまったほど(笑)
濃厚、クリーミー!!

翌朝は海岸線をウォーキング&読書。

さて..と、名残惜しく尾鷲をあとにするも..これまた帰りのおにドラもまた楽し。
いくつものトンネルに吸い込まれ..

051.JPG

ワインディングロードを窓全開で風を感じる。

途中..腹が減っては道の駅に吸い込まれ..初体験の子持ち鮎を頬張る。

056.JPG

誰だ?..飲んでるやろ!!って言うのは?

確かにこの卵がパンパンに詰まった鮎の味に押されて無意識に自販機を探してた..。

059.JPG

しかし目が合ったのは隣接する駐在所のお巡りさん。

『 ご、ご苦労様です..。』

・・この尾鷲一人旅は “ 新生 おにぎり号 ” でまたいつか..。
posted by osuechan at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2018年06月25日

目指せパイロット!!

『 カッコいい〜 』
― アルファロメオ スパイダー ヴェローチェ ― 
003.JPG

時を超えて乗り続けてこそ価値は重みを増すよなぁ。

急速にお天気が回復した昨日は “ SMM

012.JPG

今回の場所は..

1AA.JPG

そう、伊丹スカイパーク!!

と..知ったかぶっているが、実は初めてなの(笑)

1A.JPG

こんな素敵な公園があったなんて..いつできたの?
参加者の皆さまの愛車も気にはなるが..

002.JPG

ついつい飛び立つ飛行機に目を奪われる..
『 ブラボー!! 』

いかんいかん、パンとコーヒーをもらいに行かねば。
気を取り直して..パンをかじりながら皆さんの愛車から学ばせていただく。

002A.JPG

しかし..サーキット走行をされる方々のカスタム 半端ないって!!

すいません(笑)
ワタシも時の流れについていこうと必死であります(笑)

002B.JPG

タイヤ、ホイール、サスペンションの交換は当たり前、さらにボンネットをカーボンに変えられたりと..
いや、難しい話はやめておこう。
要するにキラキラと目を輝かせた大人たちの集まりなのだ(笑)

しかしこの公園いいよなぁ。

飛行機の離着陸を真横から見れる公園があったなんて。

017.JPG

そんなのワタシぐらいなもので皆さんご存じだったのかな?

是非、小さなお子さんがいらっしゃるファミリーには足を運んで欲しいなぁ。
お宅のお坊ちゃんが将来..パイロットの道に進むかも?(笑)

ヨシ、もう少しこの公園について触れてみよう。
このあとのジョグ&ウォークで得た情報を次回にお届けすることに。

019.JPG

ということで、一旦 知らない方のヴェローチェ前でリポートを置きます。
posted by osuechan at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2018年02月05日

子供に戻ってしまったおじさんの作文

この言葉が的確かも..“ ゴーカートフィーリング ”

17.jpg

運転がこんなに楽しいと思える車は初めてだ。
スペックで見れば..この『595 Competizione』より優れたスポーツカーはいくらでもあるだろうが、この小気味よさは ABARTH ならでは。

前回、お粗末で不便な室内装備を書きましたが..
足回り等、エクステリアはおじさんが喜ぶ仕様となっており..もちろんここがワタシのお気に入り。

・・とは言っても何だかよく分かっていないが(笑)
..コニ製FSDダンパーやブレンボ製ブレーキが標準装備 ( らしい.. )

8.JPG

これに腰痛の原因となるSabelt製スポーツシートに包まれ、ワインディングロードを走らせればゴーカートのような感覚に。

IMG_0985.JPG

また独特な排気サウンドを奏でる..エキゾースト・システム “ レコードモンツァ ” が標準装備 (しらんけど..)

9.JPG

..で、このカーボンエアインテークシステムとの組み合わせは

5.JPG

おじさんのハートを揺さぶってくれるのだ。

さらにこのボタンにより..おじさんの顔つきまで変えてしまう。

12.JPG

SPORT モード。
これを押すと..メーターパネルが変わり、ブースト計にも“SPORT”の文字が点灯。

10.JPG

レスポンスが敏感になり、エンジンのパワーが上がる。
そして..おじさんの脈拍も上がる。

さらにハンドルがズシッと重くなり..ボタンを押す前の車とは異なった性格が現れる。

13.JPG

まだ書きたいことはあるが..
そんな車なのでおじさんは買ってしまったのだ..と言うことをお伝えできれば。

可愛くて仕方がないということが..ペダルのビニールを外せていないところから感じ取っていただけるではないか(笑)

11.JPG

よし..当分はこのままにしておこう。
posted by osuechan at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味

2018年01月29日

不便だけど可愛いやつ

腰から悲鳴が..

1.JPG

カーボンシェルタイプのシートはレーシーで見た目は良かったのだが..
50歳を超えてから暴走族になるためとはいえ..セミバケットシートは体に悪いのだ。

・・新しくやってきた車ですが、聞いていた通り不便な車だった。
でもまぁ..それが好きで買ったのだから可愛いところでもあるのだが。

おもしろいので不便さをいくつかご紹介すると..

まずはエンジンの始動方法。
最近の新車は軽自動車にもプッシュスタートが採用されおりますが..そこはまだ従来の方法で鍵回し。

2.JPG

もちろんワタシもこちらの方が慣れているので..これはこれでヨシ。

3.JPG

エンジンは掛けたがシートの背もたれの角度が合わないと手を伸ばすが..隙間がなく手が入らない..(笑)

4.JPG

一旦ドアを開けて調整するのだが..あ〜不便でなんて可愛いんだろ。

5.JPG

カーナビにCD? HDD?..よく解っていませんが、そんなのも要らないので付けていない。
..ってか、あっても使えないのだ(汗)

6.JPG

そう、運転を楽しむべくミッション車なのでラジオだけで十分。

ドアミラーは期待通り当然手動だ。

7.JPG

手でぎっこんばったんとやるのだが..これまた不便で可愛いのだ。

ヘッドライトなんて ON / OFF のみで..スモールランプ、いわゆる車幅灯のみ点燈なんてできない。
なので信号待ちでの対向車の皆さん..ごめんなさい。

009.png

そうそう、先週土曜日..弊社輸送部に3.5トン積載のトラック新車がやってきたが、悲しいかな装備はトラックの方が上だった。

7A.JPG

もう今は乗ることもないが..それはそれは快適そうで羨ましいぐらい(笑)

でもこの ABARTH 595 COMPETIZIONE..
ワタシの年代はこれでも十分過ぎるぐらいの装備だと感じる。

四十数年前、ワタシの子供の頃..
今の時季だとエンジンを掛ける前にチョークを引っ張って掛けていた父君の姿を思い出す。
窓はもちろん手動でくるくる回してた。
カセットデッキが付いてる車なんて興奮ものだったなぁ。

時は移り変わり..EV化に自動運転ですか?

開発競争に技術の発展というのも理解はしているが、それは次世代を担う人たちにや興味のある方々にお願いするとして..ワタシは時代を逆行する。
ワタシの中に流れる血は懐かしい時代を求めているのだ。

016.JPG

古臭い装備を今回はご紹介しましたが..次回はその代わりにこんなものが付いてるんだよ編をお届けします(笑)
posted by osuechan at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2017年12月25日

猛毒 危険

1A.JPG

『 ジュリアですよね? 』

1.JPG

『 試乗をしたい。』 というワタシに返された..女性スタッフの言葉。

この日の試乗はほとんど皆さん “ アルファロメオ・ジュリア
確かにセクシーで熱い車なのだが..よく万代やコーナンへ買い物に出掛けるワタシとしては大きすぎるのだ。

試乗希望はそう..ご存じ小さなサソリ。

2.JPG

以前にも..この車に対する思いを書きましたが 熱き思い

3.JPG

ワタシは大きな車にゆったりと..が苦手でして、小さなボディできびきびといきたい派。

色々な方々がUPされた動画やブログを見て、それなりにこの車を理解しているつもりなのだが..やはり一度は自分の手でハンドルを..と今回の初試乗。

ABARTH 595 COMPETIZIONE(アバルト595コンペティツィオーネ)
7.JPG

うわーッ.. 噂通りの走り。

『 うっ..!! 』

..やがてサソリの猛毒がワタシの体を襲う。

そして放心状態の中..マインドコントロールを受け..深〜い闇の世界へ..(笑)

グレードによってもシートの形状が異なるが..

5.JPG

ワタシが望むタイプはSabelt製スポーツシート。
4.JPG

そして..このシートが付くタイプで選択できるボディーカラーは グレー(ソリッド)やモデナイエローと..

うーん..こう専門的に書くと難しく聞こえるので..簡単に言えば

@ 薄いねずみ色
A 黄色
B 白
C ガンメタ
D 黒

の5種類。

中年のおっさんが乗るには黒かガンメタかな?..と思い聞いてみるのだが、その納期を聞いて..ビックリ!?
『 え〜来年の5月? うそ〜!? 』

日本に在庫があるのは薄ねずみか..白か黄色の3色。

『 ..う〜ん 』
少し考え..ワタシの出した答えは黄色。

6.JPG

オプションのアンテナも可愛いし..

8.JPG

どうしようかなぁ..?
( もう頭の中ではドライブに行っているのである )

  ― 2017 年の瀬 ―
ワタシの人生の中で..大きな転機を迎える..
posted by osuechan at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2017年11月24日

紅葉名所でも..

『クマの目撃情報がありました 』
って、帰ってから知りましたが.. ホントなの(汗)

どうです?..見事でしょ。

1.JPG

お得意さまのハイキング会で、初めて北摂の景勝地に足を踏み入れました。

電車に揺られ..バスに揺られて連れて来ていただいたのは “ 摂津峡 ”

2.JPG

そう、紅葉を眺めながらの渓谷ハイキング..&+α

5.JPG

テレビで見て前々から行きたいと思っていた紅葉名所。

4.JPG

案内板を見ると3コースほど書かれておりましたが

3.JPG

ワタシの目的は皆さんのご想像通りでして(笑)とにかく早く実現させたい!!

いやいや焦るな焦るな..ポイントだけは巡ろう。

6.JPG

しかし朝まで降った雨のせいで岩の上は滑りやすく..目的達成のための荷物がわやになっては大変。
しっかりと足下を見て歩かないと..すてーんとやってしまいそう。

それでもついつい紅葉に目を奪われ..見上げたまま歩くこともしばしば。

7.JPG

そうしてお昼時。
目的達成の瞬間が訪れます。

芥川沿いの岩場に腰を下ろし..よっこらせ。

8.JPG

紅葉を肴に贅沢なひととき。

9.JPG

他のハイキングの方々の視線が気になりますが..この時期しか味わえないおつなもの。
紅葉に日本酒..ありでしたよ〜(笑)
クマさんに遭遇せずに..良かった良かった。
posted by osuechan at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味