2020年08月04日

UFOライン

高知県と愛媛県にまたがる “ UFOライン ”

1.jpg

標高 1300m〜1700m に位置するドライブコースで 天空の道とも呼ばれる。

天に近いから UFO と遭遇するかも?
UFO と交信した人がいるのか?
まさか宇宙人が作った道路だったりして?

詳しく調べていないので その名については知らぬところではありますが、前々から気になっておりまして..行ってみたいなぁと。

そんな中..先日、別件で高知へ出向くことがございまして..
この機会を逃してはならぬと 少し寄り道をして走って参りました。

2.jpg

国道194号線の寒風山トンネルの東側辺りから よさこい峠までの区間で、どちらの地面にも このように『 UFO ライン 』 と書かれているので

3.jpg

迷うことは ないかと思われます。

簡単に説明動画も撮ってきましたので、ドライブ好きの方や ハイキングやサイクリング等、興味のある方はご覧くださいませ。


posted by osuechan at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月29日

せこいのではない..納得がいかなくて(後編)

10日も待たされる上..商品とは見合わない高額な金額を提示されて
指差し確認右 せこいのではない..納得がいかなくて(前編)

買ってやるもんか!!..となったのである。

もう一度 言わせていただきますが、お金が惜しいのではない!!(惜しいんですよ〜)

消費者の目線に寄り添わない経営手法に納得がいかなかったのである。
(いやいや..お金が惜しいんですよ〜)

自作するには 庶民の味方 コーナンの力が必要不可欠だった。

19.jpg

ここなら何か代用できるものが見つかるはず。
間違っても 断りを入れたメーカーに 『 やっぱり買います.. 』 とだけは言いたくなかった。

ホースバンドの内側に 金具を挟み込んで締め付けるので

3AA.jpg

直角に曲がったステーが見つかればなぁ..と 金具売り場を隈なく探した。

でも使えそうなのは どうやら この1種類だけのようである。

少し手を加えてやれば 何とかなりそうだ。

7.jpg

け、決して値段を見て決めたのではない..。

会社へ戻り、加工に必要な道具を引っ張り出そうとするのだが..この日は従業員が出勤せずで、ここでも手間取ってしまう。
ドリルの置き場は知っていたのだが 万力のありかが..う〜ん どうしても見つからない。
何か代用できるものはないだろうか..?

気の利いたものは見つからなかったが..立て掛けてあった木パレットを見て、この木と木の隙間を利用すれば いいかもと ひらめく。

よしよし..グッド アイデア。
ボルトのサイズに合わせて穴を広げて..と

8.jpg

今度はホースの R に合わせて うにゅ〜と曲げてやってと。

9.jpg

よし、こんなもんじゃない?
でかした 木パレット!!

10.jpg

折れたステーを外して これに付け替えてと..ここまでくれば もうゴール目前。

11.jpg

あとはカーボンボックスを定位置に戻して固定させるだけ。

12.jpg

自作ステーをホースバンドの内側に挟み込んでギュギュギュのギュ。

13.jpg

こうして 98円の復活劇は感動のフィナーレを迎える。
何が嬉しいって、やっぱり そこ〜と言われようと 6,600円が 98円と消費税で収まったことが(笑)

でもメーカーさん..
この金具は常に振動が加わるために折れやすいと思うので 消耗品とみなして正当な価格で在庫をしていて欲しいなぁ。
もしくは金具の厚みを増して強化すること。
愛用者からの切実な願いです。
posted by osuechan at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月25日

せこいのではない..納得がいかなくて(前編)

びろびろびろ〜ん..と象の鼻のよう。

1.jpg

普段は固定されているので このようには持ち上げることのできないエアクリーナー。
しかし..この日は生きているかのように エンジンルームで動いていた。


先日、会社の近くを走っていた時のこと。
どこからか 微かながらゴトゴトと音が聞こえてくる。

気になって 路肩に止めてボンネットを開けてみるが、音の原因らしきものは見ただけでは わからなかった。
熱いながらも各パーツに触れていくと エアクリーナーがぐらんぐらん状態になっていた。

見れば それを固定する金具が折れている。

2.jpg

詳しく見ようと会社へ向かった。

金属疲労によるものであろう(約2年半使用)..金具は真っ二つに折れて..というか ちぎれていた。

3.jpg

まぁしかし..何かとブログのネタを提供してくれる ご主人思いの おにぎり号である(笑)

4.jpg

それにしても エアクリーナーを この一箇所で支えるには薄すぎるんじゃない?..この金具。
これなら きっと こういった事例も数多くあるはずだ。
メーカーも それらの報告を受けて 対応できるように部品をストックさせているであろう。

・・と勝手に結論付けて、すぐさま応急処置に入った。

狭いエンジンルーム内で あちこちぶつけたのだろう..カーボンボックスに小さな傷がいくつか付いていた。
ボロ切れで養生しようと思ったが 熱のこもるところだし..とアルミホイールを巻き付けることにした。

5.jpg

あとは 転がりや動きを止めるために 2ヶ所ほどインシュロックで固定させた。

6.jpg

よしっ、取り敢えず当分の間は これで走れる。
とは言っても メーカーから金具が届くまでだし..と、ようやくここでメーカーに問い合わせをしたのだった。

翌日..返信メールを読んで ぶったまげるのである。

16.png

『 商品代 5,000円 + 送料 1,000円 + 消費税で 合計6,600円となります。
受注生産につき納期は10日ほど。 』

あんな薄っぺらい金具1つに 10日も待たされて 6,600円も支払えというのか?
いや、お金が惜しいのでなく(惜しいのですよ〜)、それが消費者に対して誠意のこもった お商売なのか?
絶対に この事例は数多くあるはず。
それを考えれば この金具の短命を計算に入れて商売しているのでは?..と勘繰りたくもなる。

めらめらめら〜..
丁重にお断りを入れたが 心の中では意地でも買ってやるもんか!!..である。

こうして 痛手を負った おにぎり号とワタシは その足でコーナンへ向かうのであった。
posted by osuechan at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月21日

虫よけスプレーで車のヘッドライトカバーがクリアに?

『 社長、ムヒでヘッドライトを磨くと 黄ばみが取れるんですよ〜 』

1A.jpg

ふざけて笑わそうと思って言ってるのかな?..と思うも 得意げに話す彼を見るに まんざら嘘でもなさそう。

聞けば自身も YouTube で知ったらしく、磨く前の写真と磨いたあとの写真を見せてもらった。

― Before ―
3A.jpg


― After ―
2A.jpg

判りづらいが よく見ると確かにきれいになっている。
本人に言わせれば実際 目にすればその差は歴然なんだとか。

じゃあ なぜピカピカさを取り戻すのか?..と疑問に思い少し調べてみた。



これらを読むと..どうやら 虫よけスプレーに含まれるディート(DeeT)という成分が効いているようだ。

そのディートがプラスチックの表面を薄く溶かすことで黄ばみが取れるのだという。
ただ虫よけスプレーによってはディートの含有量に差があるらしく、なるべく濃度の高い商品を使う方が効果的なよう。

彼が使ったムヒの虫よけ成分(ディート)は12%配合と書いてあり、その程度の含有量でも効果があることがわかる。
まさか虫よけスプレーをを作る 各メーカーさんも このような使われ方をするとは考えもしなかっただろうに(笑)

ただ..もう少し調べてみれば、プラスチックを溶かすということは 何度も繰り返して行うべきではないとの慎重な意見もある。
やはり 長くきれいに乗り続けるならば、専用クリーナーで磨き、さらに保護剤でコーティングすることが望ましいということですね。
ムヒも たまにであれば ありということで。
posted by osuechan at 09:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月16日

きのこの館(後編)

黄色い傘がタモギタケ。

6.JPG

あとは..シイタケ、エリンギ、ヒラタケ、なめこ、シメジと これらを炭火で焼いていただくといったスタイル。

そうそう 味噌焼きも。

18.JPG

つい20分ほど前は、路肩に止まって道を間違えていないか確認していたはずなのに..今は初対面の方々と囲炉裏を囲んで きのこ談義。
人生 どう転がるのか わかりません(笑)指差し確認右 きのこの館(前編)

さてこの 『 きのこフルコース 』 ですが、こうして焼いている間にも エリンギのきんぴらや シメジの酢の物、きのこの佃煮..それに きのこご飯に きのこ汁と 次々と運んで来られます。

10.JPG

一応、コースは このあとのデザートとコーヒーで終わりのはずなのですが..
途中で女将さんが耳元で囁かれます。

『 今日は幻のキノコがありますけど.. 』 と。

それをお皿に乗せて目の前に持ってこられて びっくり!!

8A.jpg

かわいい〜.. っていうか きのこなの これ?

聞けば ヤマブシタケといって、その姿が山伏の着衣の胸元にある飾りに似ているからなんだとか。

これを天ぷらにして塩でいただくそうなのだが..何か神聖なる生き物に見えたりして..少し気が引けたりもする。
でも珍しく貴重なものだと聞き、お願いすることにした。

9.JPG

早速かぶりつくが、このヤマブシタケ自体には特に癖もなく、食感は見ての通りの ふんわり柔らか。
味は シメジよりもっと薄く感じた。
認知症に効くとの女将さんの言葉に、ワタシの斜め前に座る70歳代のご主人は 目を輝かせて食べておられた(笑)

そうこうして..最後のデザート&コーヒー。
実は密かにワタシは ここでも期待をしていた。

きっと きのこをアレンジしたデザートが出てくるに違いないと踏んでいたのである。

しかし次の瞬間、ワタシは吹き出してしまう。

11.JPG

運ばれてきたアイスクリームに きのこの山が1つ乗っかていたのだ(笑)


食事のあと..隣接する きのこ栽培ハウスに入らせていただいた。

13.JPG

中は外気より遥かに低く16℃ に設定され、湿度も高く保たれていた。

14.JPG

最初に焼いていただいた 黄色い傘のタモギタケも元気よく並んでいる。

15.JPG

幻のキノコも あと何人かは楽しめそうだ。

16.JPG

最後まで 真面目にリポートをしたかったのだが..
美人秘書が面白がって落書きばかりするので..すいません(苦笑)

107810515_644687372800589_5576574547086695297_n.jpg

でも癒されてしまうから不思議。

皆さんも機会があれば まっしろしろすけに会いに行ってみてください。
混み合う前に行けば 会えるかも?
posted by osuechan at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | お店

2020年07月13日

きのこの館(前編)

17.JPG

これを食べるどころか..その存在さえ知らなかった。


梅雨の中休み..
吉野 室生寺 針 線は どのようなルートで形成されているんだろ?..と奈良の山間をのんびりとドライブをしていた。

1.JPG

一部、R166と重複する箇所があり、確認しようと路肩へ止めた。
オッケー、間違ってなかった..とギアを入れて出ようとしたところ、看板が目に入る。

2.JPG

きのこ専門のお店なのかな?
お昼には少し早かったが、ここから近いことだし..それに ブログネタになってくれればとの スケベ心も手伝って 看板の矢印に従うことにした。

..ここかな?

建物の前に 無数のプラスチック容器が並んでいる。
きのこ栽培用のものだろうか?
その上に立てられた のぼりには しいたけやエリンギの文字が躍っている。

3.JPG

さらに奥の建物の きのこ型の看板と暖簾を見て、ようやく ここで間違いないとの判断に至った。

4.JPG

まず一般の車は入ってこないであろう集落道にて その “ きのこの舘 ” は営まれていた。

時刻は11時を少し回ったところ。
何も分からず飛び込んだワタシに 優しく笑顔で対応してくださった女将さん。
席に通され..そこでようやく落ち着きを取り戻して周りを見渡す余裕が生まれる。

えっ?..芸能人のサインであろう色紙が壁にいっぱい貼られている。
もしかして有名店なんだろうか?

ワタシが入ったあとから予約客と思われる人達が 奥の座敷に通されていく。

はたまたこちらのキョロキョロするお方は ワタシと同じように看板を見たのだろうか?

『 グオン グオン!! 』
と、その集落道に 大きな音を立てたバイカー達もどんどん吸い込まれてきた。

3C.jpg

狭い駐車場から はみ出した車が お店前に並んでいく。

え〜!!..なんか面白いことになってきたみたい!!
ワクワクしながらメニューにかじりつき、何を注文すればいいのかと目をグルグルとさせた。

きのこカレーに猪鍋や鹿鍋、それに鮎味噌ステーキなんていうのもある。

3A.jpg

きのこの舘 初陣のワタシは迷った末に この 『 きのこフルコース 』 をお願いした。

5.JPG

まずは落ち着いて 初戦を突破せねば。
それにはこのお店の売りである きのこを知る必要があった。

どのような きのこ達がどのように調理されて出されるのかは..次回へと続きます。
posted by osuechan at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2020年07月09日

純正奈良漬

諸説あろうかと思いますが、この奈良にて酒造りが始まったとされています。
..とは言っても当時は濁酒(どぶろく)

その濁酒(どぶろく)のかすに 塩漬けした野菜を漬けたことが 糟漬(かすづけ)の始まりらしく、それが奈良漬の原型になったと考えられています。
その歴史は古く、奈良時代にまで遡るそうです。

江戸時代末期から続く この奈良漬製造元 今西本店では、開店以来の製法を守り続けられているそうで 色々とお話を伺ってきました。

1.JPG

その製法とは..人口甘味、人口着色、合成保存料等を一切使用せず、最低でも3年..最長19年もの長きに渡り酒粕に漬け込むというもの。

2.JPG

その酒粕も1年以上熟成させたものを用い、最低でも6回以上 漬け替えるのだと仰っていました。

3.JPG

そしてそれは公取により 日本で唯一 “ 純正 ” を名乗ることが許されているそうなのです。

へ〜..こんなにも奥が深いものだったのかぁと感心しどうしのワタシ。

ということは 人工甘味料や保存料を用いて短期間で漬けられた そこらじゅうで見かける品々は 観光客目当ての ただのお土産品だということになるのか。
奈良漬もどきとでも言おうか。

日本で最後の一軒となる 本物の味、元祖純正奈良漬は、それらと比べて どのように違った食感、味なのだろうか?
興味津々で試食をさせていただいた。

6.JPG

それには甘さがなく、水気も少ないのだが..奥深い風味を感じた。

母君も好きなので いくつか買わせていただこうとすると、食べ方の説明が始まった。
そう、奈良漬を食べるのに 説明を聞かないといけないのだった(笑)


8.JPG

まず 包みを解き、酒粕に包まれた瓜を取り出して 食べる分だけ切ります。

11.JPG

酒粕を取り去り、軽く水洗いをします。
すると 今まで見たこのない黒い瓜が姿を現します。

12.JPG

これは酵母菌の働きによるもので、一般の奈良漬より黒くなるそうです。
切り残したものは 酒粕に漬けておきさえすれば 冷蔵庫に入れずとも 2年は大丈夫だとお聞きしました。

ここから食べる大きさに切り、お皿に入れてラップをかけて 冷蔵庫で4〜5日 寝かせます。

14.JPG

切ってすぐに食べると、酒の立ち上がりの鋭さを感じて きつい味なんだとか。

でもそう聞くと確かめたくなりますよね?(笑)

13.JPG

つまんでみると..なるほど 舌に刺激が走ります。
それを飛ばすために置く訳かぁ。

さて明日で その5日目を迎えます。
これで日本酒をやるのが楽しみでなりません。

あ、そうそう..日本酒と言えば この辺りでは 『 春鹿 』 で有名な “ 今西清兵衛商店

102947442_1924343741029372_4752565571761067912_n.jpg

帰り際..まさかと思い聞いてみました。

今西本店今西清兵衛商店は何か繋がりがあるのですか?..と。

へ〜聞いてみるもんです。
その昔は ご親戚だったとお答えくださいました。
今は枝分かれにより 深い関わりはなくなったそうなのですが..。

とまぁ、全てに於いて興味深いお話でした。
いつまでもこの伝統を守り続けていただきたく思います。

あと..
明日までお待ちいただいても この奈良漬を食べた感想を書きませんので..
気になる方は 是非お買い求めくださいませ(笑)
posted by osuechan at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2020年07月06日

釜めし 志津香

おいしい奈良漬けが食べたくなって色々と調べてみました。

皆さんそれぞれに お気に入りのお店があると思われますが..
ワタシは とあるお店に興味を抱き、お話を伺いたくなり 奈良へと。

到着したのが ちょうどお昼時。
偶然にも前々から気になっていた釜めし屋さんが 少し歩いた場所にあったので、並ばなくても食べられるのなら..と覗いてみることに。

2.JPG

メディアに何度も取り上げられる有名店。
今なら すんなりと入れたりして? と、淡い期待を胸に お屋敷のようなお店に足を踏み入れる。

3.JPG

正解!!..ワタシの前には一組のみで、それもすぐに名前を呼ばれ 案内してくださいました。

4.JPG

奈良公園の方にもお店があるそうなのですが、こちらの大宮店の方が比較的入りやすいと聞いており..それがその通りで ほっと一息。

店内は落ち着いた雰囲気の純和風で..確か古民家を改装されたと何かで読みました。
足元には絨毯が敷かれ、席の方も対面にならぬようコロナ対策がなされていました。

ワタシが注文したのは志津香御膳で 季節のかご盛料理と天ぷらが付いたもの。

5.JPG

これに釜めしと赤出しとフルーツが付いて 2,750円。

6.JPG

当然..注文を受けてから釜めしを炊き上げられるので 少し時間は要します。

混雑時なら 並んで待ってぇ〜 とダブルパンチですが、釜めしをいただいた者としては、そのダブルパンチを受けてでも食べるべきだと思います(笑)

7.JPG

上に乗っかってる具材より何より この釜めしの出汁!!
これがうまい!!

今、ブログを書こうと調べれば 鶏がらと昆布出汁をベースにと書かれていますが、それ以外にもプラスされているのであろう 他の食材の旨味が凝縮されていて何とも言えない多彩な味わいになっている。

そしてそれは釜の底に近付くほど より濃厚になっていき、おこげの美味しいこと。

8.JPG

う〜ん..絶品釜めしの噂に間違いはなかった。

haha.jpg

それは 危うく 奈良漬けを買いに来たことを忘れて帰ろうとしたぐらい(笑)

さてさて 気を改めて三条通りを西へ向かいます。

9.JPG

次回は奈良漬けのウンチクをお届けします。
posted by osuechan at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2020年07月03日

最後まで気を抜かずに

『 え〜、こんなとこ 当てる? 』

2.JPG

タイヤ止めブロックを乗り越えてしまったのか?..トラックに押されて 支柱ブロックまで割れていた。

3.JPG

弊社 第二駐車場での出来事。

1.jpg

輸送部の一部の乗務員は、毎朝 ここから出発し、一日の業務が終了すれば また決められた同じ場所にトラックを駐める。
その毎日の繰り返しなのに なぜ今日に限って 後ろの塀にぶつけたのか?

4.JPG

『 いつも ちゃんと後ろを見てバックをしてるんやろ? 』 と当該乗務員に聞くと
『 いえ..見ないで下がって..車輪止めに当てて止めてるんです。』 という。

こういうことだと思うのだが..

1A.jpg

じゃあ なぜ当たったのか?

聞けば その日は何か考え事をしていたのか、ボーっとしていて..タイヤ止めから外れてバックをしてしまったと言う。

なんと器用な..そっちの方が難しいだろうに。

必ず目視確認をした上でバックするよう指導をしたが..こういった考えられない うっかりミスが たまに起きてしまう。

ふと..以前にも考えられないような脱輪事故があったことが思い出される。
指差し確認右 新入社員..大ピンチ!!
指差し確認右 JAF隊員 絶句..

修理の見積りをお願いをすると FAXが送られてきた。
凹んだのは6本だが 上から下までの1枚分全てを取替えないといけないらしい。

4A.JPG

しかもブロック工事をするにあたっては 何枚ものパネルを外さないとできないようである。

5.JPG

こりゃ大変だ..お値段にも納得。

まぁこれだけで済んだものの 余りにも多いうっかりミス。
各乗務員には、車から降りるまでは気を抜かずに努めてもらいたいものである。
社内での出来事だったので まだよかったものの..これが お得意先様や店舗、公共施設等であれば また複雑な問題に広がってしまい、ワタシの仕事も増えていたであろう。

さぁ、キレイに直していただけた。

7.JPG


8.JPG

やはり防犯カメラは必要だなと改めて思う。
不審者の侵入を撮影するだけでなく、こうしてうっかり君も監視してくれるので 大変頼もしく思う(笑)

何より..社員一同、より一層気を引き締めて安全運転を心掛けます。
posted by osuechan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2020年06月22日

ツメバイ

三十数年ぶりに訪れた南紀白浜。
移動自粛緩和と言えども周辺道路は閑散としていた。

DSC00020.JPG

確か..二十歳の夏に来たと思うのだが、暑さと大混雑の記憶しかない。
そして そのイメージだけが頭に残り..もう来ることはないだろうとさえ思っていた。

でも この騒動で 今なら空いているかも?..と心が動く。

結果、お約束の観光スポットである 三段壁と千畳敷とも すんなりと無料駐車場に駐めることができ、存分に楽しめたのである。

IMG_1050.JPG

こうして三十年以上続いた ワタシと白浜との不和は..ここで和解するのである(笑)

IMG_1052.JPG

お昼は下調べをしていたお店で 生マグロ丼と うつぼのアヒージョを楽しむ予定だったが、その道中に立ち寄った漁師直営のフィッシャーマンズワーフ白浜にて、見たことのない貝と出会う。

IMG_1061.JPG

『 これは何て名前の貝なの? 』
『 ツメバイです。』

IMG_1062.JPG

聞けば..この季節に この辺りだけで獲れる貝らしく、もうすでに調理されているので そのまま食べられるのだという。

この季節に この辺りだけで.. うぅ..この言葉には弱いのである。

生マグロ丼と うつぼのアヒージョには後ろ髪を引かれるが 次回に取っておくとするか。

こうしてフィッシャーマンズワーフ白浜のテラス席にて白浜の夏の味覚を楽しむことにした。

IMG_1063.jpg

ツメバイの食べ方はスタッフのお姉さん曰く..

IMG_1064.JPG

このツメをつまんで引っ張るのだという。

IMG_1065.JPG

貝によっては少しコツが必要なのもあるが 大抵はプリンと引っ張り出せます。

IMG_1066.JPG

― ツメバイ ―
一般的には マガキガイ ≠アこ南紀白浜では ツメバイ ≠ニ呼ばれ、初夏から夏頃にかけて、沿岸域の砂地で漁獲する巻貝だそうです。
地元で獲れる巻貝の中では美味しさは一番、しかし年々獲れる量が少なくなり 地元でも幻の貝になりつつあるそうです。

いただいたのは 素材を生かすため、ただ単に塩でゆでてあるだけだと思います。
食感は ぷにゅと弾力があり ほんのり磯の香りと甘味が感じられ..食べだしたら もう止めることはできません(笑)

この夏 白浜へ行かれる予定がございましたら一度味わってみてください。

IMG_1067.JPG
― 白良浜(しららはま) ―
posted by osuechan at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記